JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、次のコスタリカ代表へ練習再開

ニュース

SAMURAI BLUE、次のコスタリカ代表へ練習再開

2018年09月08日

SAMURAI BLUE、次のコスタリカ代表へ練習再開

SAMURAI BLUE(日本代表)は、北海道地震の影響で中止になったキリンチャレンジカップ2018チリ代表戦が予定されていた9月7日(金)、第2戦のコスタリカ代表戦(11日、大阪)へ向けて札幌市内で練習を再開しました。

札幌合宿5日目となったこの日、冷たい風が吹き、今にも雨が降り出しそうな曇天の下、チームは2日ぶりのグラウンドでの練習となりました。選手たちは、細かいステップワークや緩急をつけたダッシュを繰り返し、ストレッチを行って体をほぐすと、フィールドプレーヤー10人ずつに2組に。ボールを2つ使ったパス回しや2人一組でのロングキックに取り組み、FW小林悠選手(川崎フロンターレ)やFW杉本健勇選手(セレッソ大阪)、FW浅野拓磨選手(ハノーファー96)ら攻撃陣はシュート練習を行いました。

地震の影響で停電や断水が残るにもかかわらず、見学に訪れた約200人のファンがスタンドから見守る中、フルコートで11対11の紅白戦も実施。35分2本の予定が日没のために2本目は約20分で終了となりましたが、試合は速いテンポの展開になりました。

最終ラインではDF槙野智章選手(浦和レッズ)が味方にポジショニングの指示の声をかけ、中盤ではMF青山敏弘選手(サンフレッチェ広島)、MF遠藤航選手(シントトロイデンVV)、MF天野純選手(横浜F・マリノス)らがボールをさばき、前線ではMF南野拓実選手(ザルツブルク)やMF堂安律選手(FCフローニンゲン)、MF中島翔哉選手(ポルティモネンセ)らが精力的な動きを見せていました。

森保一監督は、タッチラインから選手たちの動きに鋭い視線を送りながら、時折、声をかけて動きの注意点を促していました。唯一のゴールを決めたMF伊東純也選手(柏レイソル)は、「スペースに走り込んだら、ちょうどボールが来た」と話す一方、惜しくもポストに阻まれた南野選手は、「決めたかった」と悔しがっていました。青山選手は、「1つのプレーに対して、どっちに走るか、どういうタイミングかは、11対11でやればやるほどわかる。積極的に声も出ていたし、良かったと思う」と話し、手応えを得たようです。

練習後、選手たちがファンのところへ挨拶に行くと、選手たちの間から「一緒に写真を撮りたい」という声が上がり、急きょ、来場したファンと一緒に集合写真を撮影。笑顔で記念の一枚に収まり、最後はファンの声援に送られてグラウンドを後にしました。

チームは8日(土)、札幌で練習後に当地を発ち、コスタリカ戦を行う大阪へ向かいます。試合は11日(火)、パナソニックスタジアム 吹田にて行います。

選手コメント

DF #3室屋成 選手(FC東京)
(試合の予定が紅白戦に代わって)すごく難しかったのですが、みんなが大変な時期にサッカーができていること自体、感謝しなくてはいけないと、大変な時期なのにホテルの方々になど周りの多くの人たちに支えられてサッカーができているのだと、すごく感じています。準備は短い期間ですが、そういう中でも合わせなくてはいけないのが代表だと思います。その中で自分の良さをどれだけ出していけるかです。今回試合はできなかったですが、こうやって練習の中でどんどんすり合わせて、もっともっとうまくやっていけるようにしたいと思っています。

DF #20槙野智章 選手(浦和レッズ)
この状況で試合形式でのトレーニングができて、結果よりも自分たちが今置かれている状況でしっかりとプレーできたことは、素晴らしかったと思っています。いろんな状況が重なって難しいのはわかっていますし、初めてやるメンバーや若手から年長まで、森保監督の求める戦術の中で、みんなが本当にそれぞれの素晴らしいものを出せていると思います。監督が求める攻撃のスイッチや切り替えのところは、各選手が意識してプレーしたと思います。試合や相手に応じて4バックも3バックもやりたいという話は監督からあったので、今は求められていることをしっかりと理解してやるだけだと思っています。

MF #7伊東純也 選手(柏レイソル)
電気が止まったり、水が止まったりしている大変な時に、ファンの方が練習を見に来てくれて、ありがたいと思います。プレーを見てもらって元気になってもらえたらと、そういう気持ちで練習に入りました。得点場面は、天野選手にボールが入った時にスペースに走り込んだら、ちょうどボールが来たので、うまく合わせることができました。お互いがイメージを共有できたと思います。いつも一緒にやっていないメンバーとやるのは、やはり難しいところもありますが、短期間でコミュニケーションをとって伝えられるところは伝えてやっていければと思います。

MF #8南野拓実 選手(ザルツブルク)
地震があって2日目で、こうやってサッカーをやれる環境を、ホテルでも練習でも作ってもらったことに感謝しないといけないと思います。今日見に来て下さった方にもそうですが、全力でプレーしている姿を見せて、勇気や元気を少しでも与えられたらいいなと思います。今日の練習試合では、思っているところにパスが来るし、思っているところに動き出してくれるので、連係でうまく行くなと感じました。それを試合で出せればと思います。次のコスタリカ戦の大阪は自分の地元ですし、理想はそこで活躍できればと思いますが、まずは地に足を付けて、一日一日練習でしっかりアピールして、いい準備をして、大阪での試合を向かえたいと思います。

MF #17青山敏弘 選手(サンフレッチェ広島)
試合が一番の練習だと思うので札幌で試合をしたかったですが、こんな大変な時に札幌のみなさんがすごくたくさん練習に来てくれました。何かを伝えられればと思いながらプレーしました。紅白戦は、思った以上にハードでテンポの速い試合になって、これほどテンポが上がることはなかったので、気持ちがこもっていたのだと思います。集中した良い練習になったと思います。個人的にはレベルが高いと感じました。大阪の試合では、いい試合をして勝ちたいですし、そのためにみんなで1つになってやっていきたいです。札幌で大変な思いをしたことで、なにか感じたものがあると思います。それを、サッカーを通して表現できればと思っています。

スケジュール

SAMURAI BLUE(日本代表)のスケジュールはこちら

  • 森保一 監督インタビュー

  • 槙野智章 選手(浦和レッズ)インタビュー

  • 遠藤航 選手(シントトロイデンVV)インタビュー

  • 南野拓実 選手(ザルツブルク)インタビュー

 

2018年9月11日(火) 19:20キックオフ(予定)
大阪/パナソニックスタジアム吹田
SAMURAI BLUE(日本代表)vs コスタリカ代表
大会情報はこちら

10月のSAMURAI BLUE(日本代表)戦

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー