JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 審判 > 最新ニュース一覧 > 田中美南選手がリーグMVPを初受賞!最優秀審判賞は高橋早織審判員が受賞 2018プレナスなでしこリーグ/2018プレナスチャレンジリーグ表彰式

ニュース

田中美南選手がリーグMVPを初受賞!最優秀審判賞は高橋早織審判員が受賞 2018プレナスなでしこリーグ/2018プレナスチャレンジリーグ表彰式

2018年11月06日

田中美南選手がリーグMVPを初受賞!最優秀審判賞は高橋早織審判員が受賞 2018プレナスなでしこリーグ/2018プレナスチャレンジリーグ表彰式

2018プレナスなでしこリーグ/2018プレナスチャレンジリーグ表彰式が11月5日(月)、都内にて開催されました。

今年は表彰式に先立って「日本女子サッカーリーグ30周年式典」も開催。功労者表彰や歴代の最優秀選手賞(MVP)受賞選手によるトークイベントが催され、それぞれの時代を彩った元選手や現役選手による秘話も飛び出しました。

リーグ表彰式では、特別表彰として史上4人目の300試合出場を達成したノジマステラ神奈川相模原のFW大野忍選手、最優秀審判賞を受賞した高橋早織さんらが登壇。

そして、なでしこリーグ1部のベストイレブンには、優勝の日テレ・ベレーザから最多の5選手が選出され、DF岩清水梓選手はリーグ史上初めて13年連続13回目のベストイレブンに輝きました。準優勝のINAC神戸レオネッサからは、敢闘賞のMF中島依美選手を含めた3選手、チーム史上最高位の3位となったノジマからは、FW南野亜里沙選手が初のベストイレブン受賞となりました。

最後に発表されたなでしこリーグ1部のMVPは、得点王(15得点)を獲得した日テレのFW田中美南選手が初受賞。発表時には驚いた表彰を見せながら、最高の栄誉を噛みしめていました。

式典ならびに表彰式の動画はこちら(日本女子サッカーリーグオフィシャルサイトへリンクします)

MVPの田中選手が所属する日テレは、皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会の2回戦から参戦し、11月25日(日)にJFAアカデミー福島(東海/静岡)と対戦。3冠を目指して戦います。

リーグ準優勝に終わったINAC神戸も、同じく2回戦から参戦し、NGUラブリッジ名古屋(東海/愛知)と対戦。今季最後のタイトルを狙います。

2019年1月1日(火・祝)の決勝戦に勝ち進むのはどのチームか。40回目の節目となる皇后杯の熱い戦いにも、ぜひご注目ください。

受賞者コメント

なでしこリーグ1部 最優秀選手賞、ベストイレブン、得点王
FW 田中美南 選手(日テレ・ベレーザ)
うれしさより、自分がこんな素晴らしい賞をいただいていいのかという気持ちの方が大きいです。この賞をいただけたことは、本当にチームの皆さんのおかげだと思いますし、それを支えてくださっている関係者の皆さんのおかげだと思います。この賞に恥じることなく、人としても選手としても、これからの人生を歩んでいきたいと思います。

なでしこリーグ1部 ベストイレブン
DF 三宅史織 選手(INAC神戸レオネッサ)
今季は副キャプテンということもあり、少なくとも去年よりは責任感を持ってプレーしたつもりです。しかし得点が多い中でチームを勝たせられなかったので、やっぱり課題の方が残るシーズンでした。初のベストイレブン受賞でうれしい気持ちもありますが、チームメイトに助けられたシーズンでした。内容に納得できるのはまだ先かなと思います。2回戦から皇后杯に参戦するので、そこで必ずリベンジしたいです。INAC神戸は今季はタイトルを取れていないので、1試合1試合どんなチームにも勝ち切って優勝を目指したいです。

なでしこリーグ1部 新人賞
MF 宮澤ひなた 選手(日テレ・ベレーザ)
新人賞をいただき素直にうれしいですが、びっくりしています。日本トップレベルのチームに、高体連の女子サッカー部から来たので、今年1年は、試合に出られないかもしれないという覚悟もありましたが、自分が前からこのチームにいたかのように、先輩方や周りの関係者の人たちが環境を整えてくださいました。これからも周囲への感謝を忘れずにプレーしたいと思います。

なでしこリーグ2部 最優秀選手賞
MF 杉田亜未 選手(伊賀フットボールクラブくノ一)
こんな賞をいただいたことがないので、光栄ですがびっくりしています。今季は1部昇格という目標がはっきりしていました。2部でも簡単な試合はなく、厳しい試合ばかりで、毎試合がプレッシャーでした。結果を見ると余裕の優勝と思われるでしょうが、ギリギリで勝点を積み重ねて2部優勝を勝ち取りました。それによって、メンタル面も強くなったと思います。個人としても活躍するという目標を持っていたので、それを達成できてホッとしています。

特別表彰 300試合出場選選手
FW 大野忍 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
本日はこのような賞をいただき、ありがとうございます。山郷のぞみさん、小野寺志保さん、澤穂希さんに続き、この出場記録に並べたことを誇りに思います。これまでお世話になったチームの監督、選手の皆さん、全ての方に感謝したいと思います。まだ現役選手ですし、300試合という実感はないのですが、次は200得点を目指していれば、出場試合数も増えていくと思うので頑張りたいと思います。

特別表彰 最優秀審判賞
高橋早織 審判員
30周年という記念の年に栄誉ある賞をいただけて光栄に思います。自分が積み重ねてきたこと、努力してきたことを評価していただけたのだと受け止めています。私たちが試合を担当できるのも、試合運営にご尽力されている方々のおかげといつも感じています。いつか審判員を引退する日まで、目の前の試合に真摯に向き合い、ピッチの上で選手の皆さんと共に頑張っていけたらと思っています。

歴代MVPトークイベント登壇者
澤穂希 さん(第18回/2006年、第20回/2008年リーグMVP受賞)
今思えば、あっと言う間の30年だったと思います。今回お集まりの歴代MVPの方々と改めてお会いすると、この全員とプレーしたのは、唯一私だけでした。偉大な先輩たちとプレーできたことは光栄です。なでしこリーグは以前と比べると、今はいい環境でサッカーができているので、元選手の一人としてうれしいです。選手たちは、海外でプレーするにしても、代表に選ばれるにしても、国内リーグでの経験があってこそ。選手たちには、なでしこリーグで経験を積んで、これからも成長していってほしいです。

アーカイブ
審判
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー