JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 審判 > 最新ニュース一覧 > キリンチャレンジカップ2018 日本代表対コスタリカ代表 担当審判員がパナソニック スタジアム 吹田でトレーニングを実施

ニュース

キリンチャレンジカップ2018 日本代表対コスタリカ代表 担当審判員がパナソニック スタジアム 吹田でトレーニングを実施

2018年09月11日

キリンチャレンジカップ2018 日本代表対コスタリカ代表 担当審判員がパナソニック スタジアム 吹田でトレーニングを実施

2018年9月11日(火)、大阪・パナソニックスタジアム吹田で行われるキリンチャレンジカップ2018 SAMURAI BLUE(日本代表)対コスタリカ代表の担当審判員が10日(月)、試合会場で前日練習を行いました。

<担当審判員>

主審:Muhammad Taqi(シンガポール)
副審1:Ronnie Koh(シンガポール)
副審2:Abdul Hannan(シンガポール)
第4の審判員:山本雄大(日本)

審判団コメント

2018FIFAワールドカップロシア後、最初の大会となるキリンチャレンジカップ2018に、シンガポールのトリオを招待して頂き感謝しています。本来最初の試合は札幌で行われる予定でしたが、この大阪で行われるコスタリカ戦が新生日本代表の大切な初戦となりました。北海道での地震で被害に遭われた皆さま、台風で被害に遭われた皆さまに、謹んでお見舞いを申し上げます。我々は、日本サッカー協会のご尽力により、無事来日する事が出来ました。これより万全の準備をして試合に臨みたいと思います。両チームの健闘を祈ります。

2018年9月11日(火) 19:20キックオフ(予定)
大阪/パナソニックスタジアム吹田
SAMURAI BLUE(日本代表)vs コスタリカ代表
大会情報はこちら

10月のSAMURAI BLUE(日本代表)戦

アーカイブ
審判
NEWS メニュー

関連情報

  • 4級審判員向けJFAラーニング

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー