JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > JFAエリートプログラムU-14 韓国での遠征をスタート(11/5~10)【JOC日韓競技力向上スポーツ交流事業】
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

ニュース

JFAエリートプログラムU-14 韓国での遠征をスタート(11/5~10)【JOC日韓競技力向上スポーツ交流事業】

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

2018年11月07日

JFAエリートプログラムU-14 韓国での遠征をスタート(11/5~10)【JOC日韓競技力向上スポーツ交流事業】<br>

11月5日(月)、JOC日韓競技力向上スポーツ交流事業の一環として実施されるJFAエリートプログラム U-14の活動が、スタートしました。本遠征では韓国にてU-14韓国代表と2試合のトレーニングマッチを予定しています。

全国9地域から選抜されたU-14の20名の選手は、5日の昼に成田空港に集合。韓国の釜山国際空港を経由して木浦国際フットボールセンターに到着しました。一日がかりでの移動となったため、この日はミーティングのみを実施。早速、濱崎芳己監督より選手に向けてチームコンセプトとして「攻守においてアグレッシブに!意欲的にプレーすること、意図的にプレーすること」を伝えました。

翌6日(火)よりトレーニングをスタート。この日は2部練習を実施。午前の練習では西川誠太コーチのもとムーブメントプレパレーションとウォーミングアップを実施後に、本格的なトレーニングをスタートしました。4対4+フリーマンと、6対7+GKを行い最後は11対11を実施しました。午後は7対7や9対9など、実践的なトレーニングを重ねました。また、その日の夜のミーティングではFIFAワールドカップロシア2018の映像も使いながら、監督から選手に多くの知見を伝えられました。U-14日本選抜は明日7日(水)の午後にU-14韓国代表と1試合目のトレーニングマッチを戦います。

コーチ・選手コメント

西川誠太 日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ
JFAエリートプログラムU-14韓国遠征の初日は、成田空港集合から滞在先の木浦国際フットボールセンターまでの10時間の移動をこなし、2日目から午前と午後の2部練習でコンディションを考慮しながらも本格的な練習がスタートしました。選手の約半数がエリートプログラムの活動に初招集とあって、選手たちは成田空港に集合した時から緊張した様子でした。最初はトレーニングでもなかなか意思表示がうまくできなかったですが、徐々に自分を出してくる選手が増えてきてくれました。明日からU-14韓国代表との試合やオフザピッチでの交流などが用意されています。失敗を必要以上に恐れず、積極的にチャレンジして今後の成長の糧になるようなことを1つでも多く掴んで帰国してくれればと思います。

十河拓平 選手(刈谷JY)
今回のエリートプログラムに選ばれてすごく嬉しく思います。最初は移動時間が長いことや食事などで少し戸惑いましたが、段々と慣れてきて、他の選手たちとのコミュニケーションも取れてきたので良かったです。一日目の練習では攻撃・ビルドアップについてしました。僕はビルドアップのときのパススピードや判断が遅かったり、まだ1対1の弱さが目立ちました。これから韓国との試合があります。体格などで負けていてもテクニックや切り替え、ハードワークをして必ず勝ちたいです。悔いのないように自分の持っている100%の力を出し切りたいです。

南野遥海 選手(ガンバ大阪ジュニアユース)
U-14のエリートプログラムに選ばれてとても嬉しく思います。日本とはサッカー環境が食事面などが違い戸惑いましたが、少しずつ慣れてきました。他の選手たちとの会話やコミュニケーションも増えてきており、練習中も少しずつですが声を掛け合える様になってきました。パスの質やボールを積極的に奪いにいくことなど、今日のトレーニングで出た課題を改善して、韓国との試合に挑みたいです。

伊藤大和 選手(京都サンガF.C.U-15)
2回目のエリートプログラムへの選出を嬉しく思います。今回は日韓交流ということで韓国との友好を築きながら自分を高めていきたいです。6日間という短い期間なので、自分の持っているものを全て出して、経験として持ち帰り、さらにレベルアップしていきたいです。そして、来年に始動するU-15日本代表の一員となれるようにしたいです。この遠征では勝利という結果にこだわり、泥臭くプレーしてチームに貢献できるよう頑張りたいです。

大迫塁 選手(神村学園中)
今回もこのエリートプログラムに参加できることを嬉しく思います。今回は対戦相手が韓国ということで、非常に良い相手と試合ができるので自分の特徴がだせるようにしたいです。また、このような活動を通じて自分自身が、ピッチ内外どちらでも成長できるように積極的に取り組みたいです。

楢原慶輝 選手(サガン鳥栖U-15)
エリートプログラムU-14に選出されて大変嬉しく思います。最初はあまり多くコミュニケーションがとれなかったものの、1回2回と練習などを重ねていくことでコミュニケーションが取れるようになったり、他のメンバー一人一人の得意なプレーがわかってくるようになりました。練習ではビルドアップや守備に取り組みました。明日は練習と韓国との試合があるので、練習したことやチーム全員と意思疎通を図り、自分の持ち味をしっかり出せるようにしたいと思います。そして、自身のチームに戻っても学んだことを還元できるようにしたいと思います。

スケジュール

11月6日(火) AM/PM トレーニング
11月7日(水) AM トレーニング
15:00 フレンドリーマッチ第1戦 vs. U-14韓国代表
11月8日(木) AM トレーニング
PM オフィシャルアクティビティ
11月9日(金) AM トレーニング
15:00 フレンドリーマッチ第2戦 vs. U-14韓国代表

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー