JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表、国内直前キャンプを終えて大会へ~AFC U-16選手権マレーシア2018~

ニュース

U-16日本代表、国内直前キャンプを終えて大会へ~AFC U-16選手権マレーシア2018~

2018年09月14日

U-16日本代表、国内直前キャンプを終えて大会へ~AFC U-16選手権マレーシア2018~

9月10日(月)より茨城県水戸市にて国内トレーニングキャンプを実施していたU-16日本代表は、13日(木)に国内でのトレーニング全日程を終了し、マレーシアへと出発しました。集合2日目の11日(火)より本格的なトレーニングを開始したチームは、午前午後の2部練習を精力的にこなしていきます。練習ではこれまで幾度となく森山佳郎監督が伝えてきた「判断の共有」をより一層高められるように選手同士で声を掛け合いながら集中して取り組みました。また、12日(水)の午後には今年度のインターハイ出場校でもある明秀学園日立高校にトレーニングパートナーとして練習に参加していただき、実戦形式の中で様々なシチュエーションを試しました。日本チームが一人少ない状況やパワープレーを仕掛ける状況などを作り、よりアジア諸国との対戦を意識したトレーニングを実施することができました。

13日(木)には大会前最後となるトレーニングマッチに水戸ホーリーホックU-18と鹿島アントラーズユースを迎え、それぞれ40分ハーフでゲームを実施しました。最初に水戸ホーリーホックU-18と対戦したチームは、相手の積極的で激しいプレーに押され、良いところを出せない時間帯が続いたものの、後半14分にFW青木友佑選手が得点を奪います。その後も相手にチャンスを作られるシーンもありましたが無失点に抑え、1対0で勝利しました。最初の試合から全員の選手を入れ替えて臨んだ2戦目の鹿島アントラーズユースとの試合では、日本チームは立ち上がりからワンタッチでボールを繋ぎ、連動した攻撃で試合のペースを掴みます。前半25分にはFW荒木遼太郎選手がフリーキックを直接決めて先制します。そこからはゴールラッシュを見せ最終的には6対0で勝利し、大会に向けて弾みのつくゲームとなりました。

また、その日の夜にはU-19日本代表でコーチを務める秋葉忠宏氏がチームの応援に駆けつけてくれました。秋葉コーチは選手に向けてこれまで培ってきた多くの経験を伝え、選手も大会に向けて気を引き締めていました。

U-16日本代表は14日(金)にマレーシアへと出発し、翌15日(土)より現地でトレーニングを開始します。コンディションを整えながら20日(木)のU-16タイ代表との初戦に備えます。

選手コメント

GK #23 野澤大志ブランドン 選手(FC東京U-18)
まず、今回U-16日本代表に選出され嬉しく思います。最終予選に向け、最後の試合を行い、チームとしても個人としても成果と課題が残りました。初戦まで時間がたくさんあるわけでもないので、そこに向けてフィジカル的にも、メンタル的にも最高の準備をして、1人1人が覚悟を持ち、チームが一丸となって戦い、ワールドカップの切符を掴み取りたいと思います。

MF #6 横川旦陽 選手(湘南ベルマーレU-18)
今回、この代表に選ばられたことに嬉しく思う半面、ワールドカップの切符を取らなきゃいけないという責任も感じています。これまで色々な遠征に参加していて、遠征ごとに監督やコーチからアジア予選のことやワールドカップのことを教えてもらっていて、どれだけワールドカップに出場することが大変なのかは聞いてきました。教えてもらった経験談を活かし、チーム一丸となってワールドカップの切符を取れるように頑張ります。また、チーム一丸となる為に自分はピッチ内外どちらともでみんなを引っ張っていく気持ちで日々生活していきたいと思います。ここまで自分を育ててくれた人たちに感謝しながらプレーして、絶対にアジアのチャンピオンになって帰ってきたいです。

MF #11 近藤蔵波 選手(セレッソ大阪U-18)
今回、AFC U-16選手権のメンバーに選出されて嬉しく思います。ここに選ばれなかった選手達のためにも絶対にワールドカップの切符を掴み取りたいと思います。個人としては目に見える結果を残すことが目標です。このチームでやってきたことに自信と覚悟を持ち、全力で戦ってきます。

MF #13 三戸舜介 選手(JFAアカデミー福島U18)
今回のAFC U-16選手権に選出されたことを嬉しく思います。今日は初戦のタイ戦前の最後の試合でした。チームとして言われてから動くことがあったり、連携ミスであったり、合わせていかないといけないことがまだまだ多くあったので、本番までにはチームが一丸となるようにしていきたいです。個人としては、自分の特徴をまだ出し切れていないのでもっと積極的にやっていき、チームに貢献できるようしたいです。もっともっと一人ひとりが日本代表としての覚悟を持って戦ってワールドカップの切符をつかみたいと思います。

スケジュール

9月10日(月) PM トレーニング
9月11日(火) AM/PM トレーニング
9月12日(水) AM/PM トレーニング
9月13日(木) 1-0 練習試合 vs.水戸ホーリーホックU-18(ひたちなか市総合運動公園スポーツ広場)*一般公開
6-0 練習試合 vs.鹿島アントラーズユース(ひたちなか市総合運動公園陸上競技場)*一般公開
9月15日(土) AM トレーニング
9月16日(日) AM/PM トレーニング
9月17日(月) PM トレーニング
9月18日(火) PM トレーニング
9月19日(水) PM トレーニング
AFC U-16選手権マレーシア2018
9月20日(木) 20:45 グループステージ第1戦 vs.U-16タイ代表 (UM Arena Stadium)
9月21日(金) AM トレーニング
9月22日(土) PM トレーニング
9月23日(日) 20:45 グループステージ第2戦 vs.U-16タジキスタン代表(UM Arena Stadium)
9月24日(月) AM トレーニング
9月25日(火) PM トレーニング
9月26日(水) 16:30 グループステージ第3戦
vs.U-16マレーシア代表(National Stadium Bukit Jalil)
9月27日(木) AM トレーニング
9月28日(金) PM トレーニング
9月29日(土) PM トレーニング
9月30日(日) TBC 準々決勝
10月1日(月) AM トレーニング
10月2日(火) AM トレーニング
10月3日(水) PM トレーニング
10月4日(木) TBC 準決勝
10月5日(金) AM トレーニング
10月6日(土) PM トレーニング
10月7日(日) 20:45 決勝 (National Stadium Bukit Jalil)

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-16選手権マレーシア2018

大会期間:2018/9/20(木)~2018/10/7(日)
グループステージ第1戦 vsタイ
2018年9月20日21:45キックオフ(日本時間)
CSテレ朝チャンネル2で生中継
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー