JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表選手紹介vol.4 AFC U-16選手権マレーシア2018

ニュース

U-16日本代表選手紹介vol.4 AFC U-16選手権マレーシア2018

2018年09月16日

U-16日本代表選手紹介vol.4 AFC U-16選手権マレーシア2018

9月20日(木)から10月7日(日)にかけて「AFC U-16選手権マレーシア2018」が開催されます。

予選を勝ち抜いた16チームが4チームずつの4グループに分かれてグループステージを戦い、上位2チームがノックアウトステージに進みます。

AFC U-16選手権マレーシア2018に出場するU-16日本代表を全7回にわたり紹介していきます。

今回は下記3人をご紹介します。

FW #10 西川潤(桐光学園高)

NISHIKAWA_Jun

横浜F・マリノスジュニアユース出身で、中学2年生で全日本クラブユースサッカー(U-15)選手権大会の優勝を飾るなど早くから将来を嘱望されてきたストライカー。高校年代から兄と同じ桐光学園高校に進み、1年生だった昨年は高校サッカーの壁に苦しんだものの、今年8月の全国高等学校総合体育大会では5得点をあげて準優勝を飾ったチームを引っ張る活躍を見せた。ドリブル突破からの左足シュートを大きな武器としているが、利き足のコースを消されることが増えたことから右足シュートも特訓。確実に右でのゴールを増やしている。長身ながら弱点だったヘディングシュートも練習を重ねており、高校総体決勝では頭でのゴールも記録した。


MF #11 近藤蔵波(セレッソ大阪U-18)

KONDO_Kuraba

徳島県徳島市で活動する田宮ビクトリーサッカー少年団の出身。主将としてチームを引っ張って出場した全日本少年サッカー大会にてセレッソ大阪U-12に敗れたが、中学年代からは海を渡ってそのセレッソ大阪U-15へのチャレンジを選んだ。今季はセレッソ大阪U-18へ昇格し、高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグWESTでも活躍を見せている。ボールを扱う技術の高さとゴール前での豊富なアイデア、シュートセンスの良さが武器。セレッソ大阪で重視して指導されるスプリント能力の高さも魅力で、運動量でも対面の選手を圧倒できる。攻撃的MFが主なポジションだが、下がった位置でもプレー可能な柔軟性も備える。


GK #12 佐々木雅士(柏レイソルU-18)

SASAKI_Masato

FIFAワールドカップロシア大会の日本代表メンバーだった中村航輔らを輩出し、GKの育成に関して定評のある柏レイソルアカデミーの出身。U-12年代から柏のグラウンドで一貫指導を受け、その技を磨いてきた。足元の技術が非常に高く、判断力を伴ったパスワークで後方からのビルドアップに大きく貢献することができる現代的なGK。U-18日本代表の小久保玲央ブライアンが正GKを務める柏レイソルU-18において高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグEASTへの出場機会はまだないが、県リーグに当たる高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ千葉に参加しているBチームで出場機会を得ており、試合勘の不安はない。

 

AFC U-16選手権マレーシア2018

大会期間:2018/9/20(木)~2018/10/7(日)
グループステージ第1戦 vsタイ
2018年9月20日21:45キックオフ(日本時間)
CSテレ朝チャンネル2で生中継
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー