JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-20日本女子代表、スペイン戦に向け、攻守の連携を確認~FIFA U-20女子ワールドカップフランス2018~

ニュース

U-20日本女子代表、スペイン戦に向け、攻守の連携を確認~FIFA U-20女子ワールドカップフランス2018~

2018年08月09日

U-20日本女子代表、スペイン戦に向け、攻守の連携を確認~FIFA U-20女子ワールドカップフランス2018~

FIFA U-20女子ワールドカップフランス2018のグループステージ第2戦・スペイン戦を翌日に控えたU-20日本女子代表は8月8日(水)、ウォーミングアップやボール回し、ポゼッションのメニューを行ったあと、非公開トレーニングで攻守の連携、チーム戦術を確認しました。

9日(木)に対戦するスペインは、ヨーロッパ予選で優勝し、この大会に臨んでいます。またグループステージ初戦ではパラグアイと対戦し、4-1で勝利しています。池田太監督は「(スペインは)個々の技術がしっかりしている。ハードワークを継続し、一対一で負けないこと、全体的なコンビネーションで(相手の攻撃を)封じられるようにしたい」と翌日の試合に向けた意気込みを述べました。

FIFA U-20女子ワールドカップフランス2018 グループステージ第2戦は8月9日(木)、現地時間16:30にU-20スペイン女子代表と対戦します。

選手コメント

MF#12今井裕里奈 選手(日体大FIELDS横浜)
初戦で試合に出られなかった悔しさはありますが、もし自分が出たら、スペースをうまく使って攻撃にリズムを作れればと考えながら見ていました。次の試合では、自分が得意とするプレーを出し、周りと連携して日本らしいサッカーをしたいです。

MF#10 長野風花 選手(仁川現代レッドエンジェルズ/韓国)
スペイン戦では、相手からのプレッシャーが来る中で自分のところでボールを失わないよう、早い判断と広い視野でその局面を打開していきたいと思います。

FW#16児野楓香 選手(日体大FIELDS横浜)
(FIFA U-17ワールドカップコスタリカ2014で)スペインと対戦していますが、U-17と比べるとスピードの対応が難しいと考えています。FWとしてゴールを意識して点に絡みたいと思います。

FW#19植木理子 選手(日テレ・ベレーザ)
アメリカ戦ではFWとしてもっとボールを受けたかったという反省点はありますが、粘り強い守備がアメリカ相手にも通用したので、スペイン戦でも全員守備で戦っていきたいです。

スケジュール

FIFA U-20女子ワールドカップフランス2018
8月5日(日) AM/PM トレーニング
PM 公式記者会見
8月6日(月) 1-0 グループリーグ第1戦 vs U-20アメリカ女子代表
(@Stade Guy-Piriou)
8月7日(火)~8日(水) AM/PM トレーニング
8月9日(木) 16:30
(23:30)
グループリーグ第2戦 vs U-20スペイン女子代表
(@Stade Guy-Piriou)
8月10日(金)~12日(日) AM/PM トレーニング
8月13日(月) 13:30
(20:30)
グループリーグ第3戦 vs U-20パラグアイ女子代表
(@Stade de la Rabine)
8月14日(火)~15日(水) AM/PM トレーニング
8月16日(木) 16:00 (グループリーグ1位通過の場合)
準々決勝(@Stade Guy-Piriou)
8月17日(金) 19:30 (グループリーグ2位通過の場合)
準々決勝(@Stade de la Rabine)
8月18日(土)~19日(日) AM/PM トレーニング
8月20日(月) 16:00/19:30 準決勝(@Stade de la Rabine)
8月21日(火)~23日(木) AM/PM トレーニング
8月24日(金) 16:00/19:30 3位決定戦/決勝(@Stade de la Rabine)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-20女子ワールドカップ フランス2018

大会期間:2018/8/5(日)~2018/8/24(土)
フジテレビNEXTで日本戦全試合を生中継予定
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー