btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 グループリーグ初戦5-0で勝利~AFC U-16女子選手権タイ 2017~

ニュース

U-16日本女子代表 グループリーグ初戦5-0で勝利~AFC U-16女子選手権タイ 2017~

2017年09月12日

U-16日本女子代表 グループリーグ初戦5-0で勝利~AFC U-16女子選手権タイ 2017~

AFC U-16女子選手権タイ2017 第1戦 vs U-16オーストラリア女子代表
2017年9月11日(月) キックオフ時間19:00(現地時間) 試合時間90分(45分ハーフ)
IPE Stadium(タイ/チョンブリ)

U-16日本女子代表 5-0(前半1-0、後半4-0)U-16オーストラリア女子代表

得点
5分 大澤春花(U-16日本女子代表)
48分 富岡千宙(U-16日本女子代表)
54分 田中智子(U-16日本女子代表)
71分 田中智子(U-16日本女子代表)
84分 木下桃香(U-16日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:大場朱羽
DF:富岡千宙、松田紫野、長江伊吹、善積わらい
MF:伊藤彩羅、木下桃香、中尾萌々、加藤もも
FW:大澤春花、瀧澤千聖

サブメンバー
GK:山下莉奈、福田史織
DF:渋谷巴菜、新井美夕、後藤若葉
MF:中江萌、岩井蘭、石田千尋、渡邊凜、山本柚月
FW:田中智子、百濃実結香

交代
HT 加藤もも → 田中智子
64分 中尾萌々 → 山本柚月
84分 富岡千宙 → 渋谷巴菜

マッチレポート

9月11日(月)、U-16オーストラリア女子代表との大会初戦を迎えたU-16日本女子代表は、緊張感が漂う中、現地時間19:00にキックオフしました。

開始5分、右サイドでボールを持った善積わらい選手がクロスパス、ゴール前にいた大澤春花選手がダイレクトであわせ先制ゴールを奪い1-0とします。12分、長江伊吹選手の裏を狙うパスはタイミングが合いません。続く33分、伊藤彩羅選手がドリブルでボールを運びシュートを放つも、クロスバーを越え得点にはなりません。追加点がほしい日本は堅実的に攻め続けますが、1-0のまま前半を終えます。

後半開始3分(48分)日本はフリーキックを得ます。このチャンスを富岡千宙選手が直接落ち着いて決め2-0とします。54分、後半から交代で入った田中智子選手が、相手のバックパスを奪いそのままゴール、3-0と差を広げます。追加点がほしい日本はさらに攻め続けます。60分、左サイドでボールを持った伊藤彩羅選手の左サイドクロスの折り返しを受けた大澤春花選手がシュート、これはオフサイドとなりゴールとはなりません。71分、左サイドからのクロスボールを田中智子選手がヘディングシュート、これが決まり4-0とします。84分、キーパーにはじかれたボールを落ち着いてゴールへ押し込み、5-0とし、この日の試合を終えました。

チームは、9月14日(木)日本時間19:00より、U-16バングラデシュ女子代表とグループリーグ第2戦を行います。

監督・選手コメント

楠瀬直木 監督
AFCU-16女子選手権の初戦をむかえました。立ち上がり5分に先制点を奪うことができ、ゲームを優位に運ぶことができそうでしたが、オーストラリアの厳しいプレッシャーや長いリーチに肝心な所でミスが生じ、リズムを掴むことがなかなかできませんでした。守備陣の頑張りで安定感を維持できた事もあり、後半ペースを掴み勝利することができました。タイに来てチーム力も徐々に上がって来ましたが、選手達は初戦の難しさを体感し、また一歩成長できたと思います。一戦一戦を大切に、集中して戦って行きたいと思います。

DF #2 富岡千宙 選手(JFAアカデミー福島)
今日は初戦でオーストラリアと対戦しました。緊張感もありましたが、みんなで声をかけあって、それぞれいい準備ができたので、いい形で試合に入れました。しかし、前半のおわりに近づくにつれ、少しずつミスが増え、足が止まってきて、相手のペースになってしまいました。ボール保持者に対して、パスコースを増やしたり、基本的な技術の質を落とさなかったりするなど、まだまだ改善できるところもあると感じました。まず、初戦で勝ちきることができてよかったですが、まだまだ負けられない試合があるので、一戦一戦、今日よりも一体感を感じられるように、自分たちらしいプレーで次のバングラデシュ戦も勝ちきります。

DF #5 松田紫野 選手(日テレ・メニーナ)
初戦という緊張感がある中で、まずは、自分たちができることをすべて出し切るという気持ちで試合に臨みました。立ち上がりは、先制点が取れたことで自分たちのペースで試合が運べたと思います。前半の後半部分は自分たちのリズムが作れず、相手にボールを持たれる時間が多くなってしまいましたが、失点せずに前半を終えられたことは良かったです。後半は得点を重ねることができましたが、崩しの部分でルーズになってしまいました。全体を通して、攻撃の部分で意図が合わなかったり、ボールの取りどころがはっきりしていなかったことが課題として残ったので、中2日の練習でしっかりコミュニケーションをとって、意図を合わせていきたいです。

FW #22 善積わらい 選手(セレッソ大阪堺ガールズ)
初戦ということもあり、かなり緊張した雰囲気で試合にのぞみました。
前半始まってすぐに先制点を取ることができいい形で試合に入ることができました。しかし、前半の最後の方になると相手のリズムで試合を進められ、自分たちのツメのあまさを感じました。次のバングラデシュ戦では最後まで自分たちのペースで試合を進められるようにがんばっていきたいです。

スケジュール

AFC U-16女子選手権タイ2017
9月10日(日) AM/PM トレーニング
9月11日(月) 5-0 第1戦 vs オーストラリア(IPE Stadium)
9月12日(火) AM/PM トレーニング
9月13日(水) AM/PM トレーニング
9月14日(木) 17:00 第2戦 vs バングラデシュ(IPE Stadium)
9月15日(金) AM/PM トレーニング
9月16日(土) AM/PM トレーニング
9月17日(日) 18:00 第3戦 vs 朝鮮民主主義人民共和国(Chonburi Stadium) 
9月18日(月) AM/PM トレーニング
9月19日(火) AM/PM トレーニング
9月20日(水) 16:00/19:30 準決勝(Chonburi Stadium)
9月21日(木) AM/PM トレーニング
9月22日(金) AM/PM トレーニング
9月23日(土) 16:00/19:30 3位決定戦/決勝(Chonburi Stadium)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-16女子選手権タイ2017

大会期間:2017年9月10日(日)~2017年9月23日(土)
※上位3チームがFIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018に出場。
招集メンバーや日程など大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP