btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > キリンチャレンジカップ2017 SAMURAI BLUE、シリア代表と1-1で引き分ける

ニュース

キリンチャレンジカップ2017 SAMURAI BLUE、シリア代表と1-1で引き分ける

2017年06月08日

キリンチャレンジカップ2017 SAMURAI BLUE、シリア代表と1-1で引き分ける

SAMURAI BLUE(日本代表)は6月7日(水)、東京スタジアムでキリンチャレンジカップ2017シリア代表戦と対戦。後半開始早々に失点を許しましたが、MF今野泰幸選手(ガンバ大阪)の同点ゴールで1-1で引分けました。

6日後に中立地テヘランで控える2018年ワールドカップアジア最終予選イラク戦へ向けて、日本にとってシリア戦は最終チェックの機会となりました。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「イラクと似ている」というシリアに対して、3月のUAE戦以来の復帰となった今野選手を先発で起用し、MF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)、MF山口蛍選手(セレッソ大阪)の3人で中盤を構成。最終ラインには代表戦3試合目となったDF昌子源選手(鹿島アントラーズ)が入り、DF吉田麻也選手(サウサンプトン)と初めてコンビを組みました。

しかし日本は立ち上がり早々に不運に見舞われます。香川選手が相手との接触で肩を痛めて交代を余儀なくされ、前半10分にMF倉田秋選手(ガンバ大阪)が代わりに入ります。

倉田選手は前線へスルーパスを出すなど仕掛けを試みますが、日本は全体的に動きが鈍く、選手間の距離も遠く、なかなか良い形が作れません。

来週のアジア最終予選の中国戦へ調整中のシリアは、昨年のアジア2次予選でも対戦し、日本が3-0と5-0で勝利した相手でしたが、アグレッシブに仕掛けて、前半優位に試合を進めます。

左サイドからDFムティアド・アルアジャン選手がドリブルで持ち込んで仕掛け、13分にMFモハメド・ザヒル・アルグナミ・アルメダニ選手がミドルレンジから狙い、27分にはFWマルデク・マルドキアン選手が日本DFのクリアボールを受けて右足を振り抜き、日本ゴールを脅かします。

日本はFW原口元気選手(ヘルタ・ベルリン)やFW大迫勇也選手(1.FCケルン)が相手ゴールに迫り、36分には攻め上がったDF酒井宏樹選手(オリンピック・マルセイユ)のマイナスのパスに原口選手が反応しますが、シュートは相手DFに阻まれます。前半アディショナルタイムには、FW久保裕也選手(KAAヘント)がパスを受けて左足で狙いますが、シュートは左ポスト外へ流れました。

試合が動いたのは後半開始から3分でした。シリアはDFアムロ・ジェニアト選手の右クロスにマルドキアン選手が頭で合わせて先制します。

しかし、その10分後、日本は左サイドでのパス交換で崩し、DF長友佑都選手(インテル・ミラン)が攻め上がってクロスを入れると、ファーサイドで「走り込んだらフリーだったので、決められるなと思った」という今野選手が右足で合わせてゴールネットを揺らし、同点に追いつきました。

日本はその直後に原口選手に代えてMF乾貴士選手(SDエイバル)を投入。後半開始から交代出場していたFW本田圭佑選手(ACミラン)と共に積極的に仕掛けると、日本の攻めにテンポと速さが生まれます。守備でも53分に交代出場したMF井手口陽介選手(G大阪)が中盤の底で精力的に動き、相手の攻撃を押さえます。

64分には乾選手のパスから長友選手がゴールを狙い、その2分後には長友選手のクロスに逆サイドで酒井選手が右足で合わせます。74分にはパスを繋いで最後は本田選手が右足で狙いますが、これは相手GKに阻まれました。

さらにその3分後には本田選手のサイドチェンジのボールに乾選手がペナルティエリアに切り込んでゴールを狙い、試合終盤にも交代出場のFW浅野拓磨選手(VfBシュツットガルト)や本田選手が相手ゴールを脅かしますが、ゴールは割れません。

シリアはマルドキアン選手やアルマワス選手らがドリブルで仕掛け、終了直前に交代出場のFWアハマド・アルドゥーニ選手がクリアボールに反応して右足を振り抜きましたが、GK川島永嗣選手(FCメス)がセーブ。1-1で試合を終えました。

試合詳細はこちら

日本は8日(木)に東京都内での練習で体を動かした後、13日(火)のイラク戦を行うテヘランへ向かいます。

監督・選手コメント

ヴァイッド・ハリルホジッチ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
我々にとって非常に良いテストになりました。試合の入りが悪く、香川選手の負傷交代の後、自分たちの形にできませんでした。試合の入りが軽い選手がいて、特に中盤が問題でした。攻守で相手にコントロールされ、守備では相手から離れ過ぎ、攻撃は引いてボールを受けに行き、前の3枚が開きすぎてチームプレーができず、ボールの持ち過ぎもあって、我々本来のゲームが作れませんでした。相手の戦いやプレーの質に驚いた選手もいて、デュエルでも相手の方が速く、予測もできていて、インスピレーションもモチベーションも相手の方が高かった。しかし、後半に入って変わりました。交代や変更をして、形についてより細かく指示をしました。ボールが回って全体が動くようになり、スペースを見つけやすくなりました。3、4回あった素晴らしい決定機に決められなかったのは残念です。乾、本田、井手口の3選手は良い形で入ってくれました。後半は勝利に値する内容でしたが、我々には引き分けは良い警告です。多くの交代をして多くを試して、多くの点で得るものがあったと思います。

MF #17 今野泰幸 選手(ガンバ大阪)
勝ちにこだわりたかったので引き分けて残念です。ゴールは左サイドの崩しが完璧だったので、左サイドのおかげです。チームとして上手くまわるようなプレーを考えていましたが、相手もフィジカルが強く、プレッシャーも速かったので少し戸惑ったところがあって、前半はあまりうまくいきませんでした。もっと高い位置でボールを奪いたかったですし、インサイドハーフだったので、もう少し攻撃に絡めれば良かったと思います。

MF #11 乾貴士 選手(SDエイバル)
前半は難しい時間になりましたが、後半は相手もばててきて、その時間帯に入れてもらえたので、スペースもあって比較的ボールも受けることができました。相手の裏を取るように監督から言われて、それをやりながら少し落ち着くところを作ろうと考えていました。後半の良い連係をもっと出せれば、どんどん崩せると思います。

アイマン・アルハキム シリア代表 監督
日本にも我々にも大事な試合で、前半は良く集中していて先制もできました。後半はミスで失点しましたが、試合はとても良い勉強になりました。この精神で次の最終予選の中国戦に臨みたいです。シリアとイラクは似ているので、日本にとっても学ぶところがあったと思います。客観的には日本の方がイラクより上ですが、相手の強みを無視せず、弱点を研究する必要があるでしょう。

JFA-TV

キリンチャレンジカップ2017 vs シリア代表戦ハイライト

 

スケジュール

5月28日(日) 17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
5月29日(月) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
5月30日(火) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
5月31日(水) 10:30/17:30 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)【一般公開】
6月1日(木) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
6月2日(金) 10:30/17:30 トレーニング(フロンティアサッカーフィールド)【一般公開】
6月3日(土) 10:30/17:30 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)【一般公開】
6月4日(日) 10:30 トレーニング(稲毛海浜公園スポーツ施設球技場)【一般公開】
6月5日(月) PM トレーニング *
6月6日(火) 17:00
17:30
公式会見(東京スタジアム)
公式練習(東京スタジアム)*
6月7日(水) 1-1 キリンチャレンジカップ2017
vs シリア代表(東京スタジアム)
6月8日(木) AM トレーニング
6月9日(金) PM トレーニング
6月10日(土) PM トレーニング *
6月11日(日) PM トレーニング *
6月12日(月) 未定 公式会見
公式練習(PAS Stadium)*
6月13日(火) 17:00 アジア最終予選
vs イラク代表(PAS Stadium)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※「*」は冒頭15分のみメディア公開となります。

キリンチャレンジカップ2017

2017年6月7日(水) 19:25 キックオフ(予定)
SAMURAI BLUE(日本代表) vs シリア代表
東京/東京スタジアム
日本テレビ系にて全国生中継

大会情報はこちら

アジア最終予選(Road to Russia)

2017年6月13日(火) 16:55 キックオフ(予定)
[ 日本時間:6月13日(火) 21:25 キックオフ(予定) ]
イラク代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
イラン/PAS Stadium

大会情報はこちら

 

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP