btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-20フットサル日本代表 タジキスタンと引き分ける AFC U-20フットサル選手権

ニュース

U-20フットサル日本代表 タジキスタンと引き分ける AFC U-20フットサル選手権

2017年05月19日

U-20フットサル日本代表 タジキスタンと引き分ける AFC U-20フットサル選手権

AFC U-20フットサル選手権タイ2017
グループステージ第2戦 vs U-20フットサルタジキスタン代表
2017年5月18日(木) 17:00キックオフ(現地時間) 試合時間40分(前後半各20分)
Hua Mark Indoor Stadium(タイ/バンコク)

U-20フットサル日本代表 5-5(前半2-3、後半3-2)U-20フットサルタジキスタン代表

得点
1分 失点(U-20フットサルタジキスタン代表)
1分 失点(U-20フットサルタジキスタン代表)
14分 山田慈英(U-20フットサル日本代表)
16分 失点(U-20フットサルタジキスタン代表)
17分 植松晃都(U-20フットサル日本代表)
23分 清水和也(U-20フットサル日本代表)
34分 清水和也(U-20フットサル日本代表)
36分 失点(U-20フットサルタジキスタン代表)
40分 中村充(U-20フットサル日本代表)
40分 失点(U-20フットサルタジキスタン代表)

スターティングメンバー
GK:坂桂輔
FP:石田健太郎、中村充、清水和也、仁井貴仁

サブメンバー
GK:山田正剛、岩永汰紀
FP:内田隼太、岡部直樹、樋口岳志、伊藤圭汰、岡田祥慶、植松晃都、山田慈英

マッチレポート

U-20フットサル日本代表は5月18日(木)、AFC U-20フットサル選手権タイ2017 グループステージ第2戦のU-20フットサルタジキスタン代表戦に臨みました。

試合は日本が前半開始早々の1分に相手フリーキックから失点を喫してしまいます。さらに守備の体制が整う前にもう1失点を許し、0-2の状況で、その後は膠着状態が続きます。

しかし試合が進むに連れ日本も徐々に冷静さを取り戻し、得意とする素早いパスワークで相手を振り切り、隙を突いた攻撃でタジキスタンの体力を消耗させていきます。そして14分に左サイド中央から走り込んだ山田慈英選手のミドルシュートで1点を返します。これでようやく流れをつかんだかに思えた日本でしたが、16分にまたしても相手に得点を献上し1-3とされてしまいます。日本は、ボールを奪われてからのタジキスタンのカウンター攻撃になかなか対処しきれず、試合をコントロールできずにいましたが、17分にピヴォの樋口岳志選手が落としたボールを植松晃都選手が押し込んで2-3とし前半を折り返します。

後半、立て直してきた日本は23分、34分に清水和也選手のゴールで見事逆転に成功します。

しかし、ここまで2敗を喫しているタジキスタンが最後まで諦めない姿勢を見せ、36分にフリーキックから同点にされてしまいます。試合はそのまま終盤に差し掛かり、日本が残り時間1分を切った40分に相手GKのインターセプトのミスから中村充選手の劇的弾で勝利を収めたかと思えましたが、残り5秒にさらなるドラマが待っていました。タジキスタンがパワープレーを仕掛けると、最後は相手GKのドリブル突破に一瞬のスキを突かれ、中央に切り込まれてシュートを決められり、再び同点に追いつかれて5-5のドローに終わりました。

試合詳細はこちら

これでU-20フットサル日本代表は戦績を1勝1分とし、19日(金)のグループステージ第3戦で、試合消化が1試合多いものの勝点7で首位を走るインドネシアとの対戦に臨みます。

監督・選手コメント

鈴木隆二 監督
今日は非常に苦しい立ち上がりから相手にリードを許す難しいゲーム展開となりました。それでも前後半ともに選手たちが自分たちで多くのチャンスを作り出してくれたおかげで、一時は逆転しました。しかしタジキスタンも諦めずに最後は同点に追いつかれてしまいました。それでもチームとして今後勝ち上がっていくためにはこういった苦しいゲームが必ずあるものです。明日はどんなことがあっても勝点3を取れるように、チーム全体で戦っていきたいと思います。

FP #5 石田健太郎 選手(多摩大/体育会フットサル部)
今日の試合は立ち上がりに2失点してしまい難しいゲーム展開にしてしまいました。もっと一人一人がひとつのプレーの重要性をもっと感じてプレーしなければならないと思います。まず明日の試合必ず勝点3をとりにいきます。

FP #7 中村充 選手(ペスカドーラ町田アスピランチ)
今日は勝ちきれず引き分けという結果に終わって、勝点1という悔しい結果になってしまいました。この結果をしっかりと受け止め、明日の試合でより良いパフォーマンスで、しっかりと勝ちきれるようもう一度準備したいと思います。

FP #14 仁井貴仁 選手(シュライカー大阪サテライト)
今日のタジキスタン戦は前半すぐに2失点してしまい、立ち上がりから難しいゲーム展開になりました。結果は5-5の引き分けでなんとか勝ち点1をとれてよかったです。また明日に試合があるのでリラックスしてインドネシア戦に臨みたいです。

スケジュール

AFC U-20フットサル選手権タイ2017
5月16日(火) 4-0 グループステージ第1戦 vs チャイニーズ・タイペイ
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月17日(水) TBC トレーニング
5月18日(木) 5-5  グループステージ第2戦 vs タジキスタン
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月19日(金) 15:00 グループステージ第3戦 vs インドネシア
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月20日(土) 17:00  グループステージ第4戦 vs ベトナム
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月21日(日) TBC トレーニング
5月22日(月) 16:00/19:00 準々決勝(Bangkok Futsal Arena)
5月23日(火) TBC トレーニング
5月24日(水) 16:00/19:00 準決勝(Bangkok Futsal Arena)
5月25日(木) 19:30 3/4位決定戦(Bangkok Futsal Arena)
5月26日(金) 19:30 決勝(Bangkok Futsal Arena)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP