JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表、コスタリカに惜敗し初戦を落とす 2016SBSカップ国際ユースサッカー

ニュース

U-19日本代表、コスタリカに惜敗し初戦を落とす 2016SBSカップ国際ユースサッカー

2016年08月12日

U-19日本代表、コスタリカに惜敗し初戦を落とす 2016SBSカップ国際ユースサッカー

2016 SBSカップ国際ユースサッカー 第1戦 vs.U-19コスタリカ代表
2016年8月11日(木) キックオフ時間 17:20 試合時間 80分(40分×2)
藤枝総合運動公園サッカー場(静岡/藤枝市)

U-19日本代表 0-1(前半0-0、0-1)U-19コスタリカ代表

得点
61分 失点(U-19コスタリカ代表)

スターティングメンバー
GK:小島亨介
DF:長谷川巧、濱大耀、杉岡大暉、古賀太陽
MF:菅大輝、原輝綺、梶山幹太、安井拓也
FW:岩崎悠人、吉平翼

サブメンバー
GK:廣末陸
DF:西本卓申
MF:針谷岳晃、野田樹、高橋壱晟
FW:中村駿太、田川亨介

交代
51分 吉平翼 → 中村駿太
56分 梶山幹太 → 針谷岳晃
68分 菅大輝 → 田川亨介
74分 安井拓也 → 野田樹

マッチレポート

SBSカップに出場するU-19日本代表は11日(木)、第1戦でU-19コスタリカ代表と対戦しました。

前半は、立ち上がりから日本が連動した守備からコスタリカのボールを奪って攻撃を仕掛け、吉平翼選手や岩崎悠人選手が相手ディフェンダーの背後に飛び出し、シュートまでの形を作ります。しかし相手のコスタリカも6月に行われたアメリカでの大会で日本に敗戦しており、日本に負けまいと体を張った守備からボールを奪い、ドリブル突破から日本陣内に攻め込んできます。

互いに前半は無得点で終えて迎えた後半の開始直後も日本のペースで試合が進み、岩崎選手がペナルティエリア付近からミドルシュートを放つとゴールバーを直撃。その跳ね返ったボールがゴールラインを割ったかのように見えましたが、これは得点に認められません。すると56分、日本は相手陣内でボールを奪われると、コスタリカのロングボールが日本陣内に入り、ボールの処理が遅れてそのまま攻め込まれシュートを打たれてしまいます。そしてこのボールがディフェンダーに当たってコースが変わりそのまま日本ゴールに吸い込まれコスタリカが先制します。先制された日本は、同点ゴールを奪うために再びコスタリカ陣内に攻め込みますが、ラストパスやゴール前でのプレーの精度が落ちてしまい、シュートがゴールの枠に飛びません。試合終了間際には交代出場の針谷岳晃選手がフリーキックを直接ゴールにシュートしますが相手ゴールキーパーの好セーブにあって万事休す。試合は0-1で終わり、日本は初戦を落としました。

日本の第2戦は、8月12日(金)に静岡ユースと行われます。

選手コメント

GK #1 小島亨介 選手(早稲田大学)
今日の試合は初戦という難しさもあった中で前半から良い試合の入り方ができました。序盤から良い攻撃のリズムでチャンスを多く作ることができた中で、ゴール前での質の部分が伴わず、得点を奪えなかったことは課題として残りました。また、得点を奪えない苦しい時間が続き、そこで相手の攻撃を我慢強く凌ぐことができなかったため失点に繋がってしまったので、もっと狙いのある守備ができるように改善していきたいです。あと2試合勝って優勝できるように良い準備をしていきたいと思います。

DF #3 古賀太陽 選手(柏レイソルU-18)
初戦を終えて、攻守において自分達がやりたい事を表現できていても、最終的にはフィニッシュの質を高めなければ、勝利できないという単純な事の大切さを改めて強く感じました。また、ちょっとしたマークの緩さや球際の弱さが目立ったので、このような課題を次に繋げられるように、しっかり修正していきたいと思います。

MF #16 針谷岳晃 選手(昌平高校)
今日初めて日本代表の試合に出場し、普段自分のチームでは感じられない独特な雰囲気の中での試合を経験できたことはとても良かったです。また普段、質の高いトレーニングでやったことを、しっかりと試合で出せたことも良かったです。チームとしては今日見つけた課題を明日の静岡ユース戦に活かせればいいと思います。

FW #18 菅大輝 選手(コンサドーレ札幌U-18)
今日の試合は、何度かチャンスがあった中で決めきれず、逆に先制され負けてしまった事はとても悔しいです。個人としても何度か突破はあったものの、ゴール前でのラストプレーの精度に欠けてしまいゴールに絡めなかった事はとても悔しいです。でもまだ2試合あるので、そこで自分の持ち味を積極的に出して、勝利に貢献しチームが優勝できるよう頑張ります。

スケジュール

2016SBSカップ国際ユースサッカー
8月11日(木) 0-1 vs  U-19コスタリカ代表(藤枝総合運動公園サッカー場)
8月12日(金) 16:00 vs  静岡ユース(愛鷹広域公園多目的競技場)
8月13日(土) AM トレーニング
8月14日(日) 16:00 vs  U-19スロバキア代表(エコパスタジアム)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー