btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-23日本代表、ようやく遠征地ポルトガルに到着

ニュース

U-23日本代表、ようやく遠征地ポルトガルに到着

2016年03月24日

U-23日本代表、ようやく遠征地ポルトガルに到着

U-23日本代表にとって、今年1月のAFC U-23選手権で優勝して以来の活動が始まりました。

3月21日午前9時、ヨーロッパでプレーする3選手を除く19名の若きサムライたちが成田空港に集合。待合室にチーム全員が集まると、手倉森誠監督から選手たちに熱いメッセージが投げかけられました。

「アジアを制覇するまでは“世界への戦い”という意識で活動してきたが、ここからは“世界での戦い”の準備だ」

8月のスポーツの祭典に向けて新たな戦いがもう始まっています。皆、身の引き締まる言葉を胸に遠征の途に就きました。そして、オリンピックに向けた険しい道程に早速大きな試練がチームを襲います。経由地フランクフルトから最終目的地リスボンへのフライトが欠航。その日の宿泊地の手配すらままならない状況で、結局、選手がホテルの部屋に入れたのは日付が変わった22日未明でした。

翌日も早朝からフライトの振替に奔走するも、事態はなかなか進展せず、選手にとって予定が見えないストレスフルな時間が続きます。最終的にドイツ・ベルリンを経由して23日早朝にリスボンへ飛ぶ旅程を確保しました。成田空港に集合してから56時間、チームはついにポルトガルに到着しました。

リスボンへ一足先に入りトレーニングを積んでいた久保裕也、ファン・ウェルメスケルケン・際、南野拓実の三選手とも合流。午後にはようやく22人でのトレーニングを実施しました。有酸素ランから4人組のパス&コントロール、1+9対9のミニゴールを4つ使ったゲーム形式の練習を行い、最後は方向変換走で初日の練習を終えました。長距離移動で体は凝り固まりコンディションは決して芳しくありませんが、それでも仲間とともに久し振りにボールを蹴れる喜びからか練習の雰囲気はとても良く、約90分間、しっかり汗を流しました。

24日は、試合会場であるリオ・マイオールスタジアムにて公式練習を行います。

監督・選手コメント

手倉森誠 監督
これまでの活動でもアクシデントが多いチームでしたが、今回のものが一番大きかったです。オリンピックへの道のりも厳しい、ということだと思います。途中で日本に引き返そうかと思ったこともありましたが(笑)、ポルトガルに着いてみたらポジティブになれましたし、サッカーをやれる喜びを感じることができました。それはポジティブに捉えたいです。

今回の遠征では、個人にフォーカスして向き合っていきたいですし、選手たちがオリンピックに向けて高い意識になれるよう声を掛けていきたいです。アジアのチャンピオンになってリオデジャネイロに行けることに満足するのではなく、我々が目指しているものはもっと厳しくて大きいものなんだ、と。監督としての自分の考え方と世界での戦いかたに対する考え方を伝え、逆に選手個人の考え方をもっと知りたいと思っています。この活動では、そこに重点を置きたいです。

MF #3 遠藤航 選手(浦和レッズ)
これだけ長い時間動けなくなることは初めてでしたが、そこに文句を言っても仕方がありません。メキシコは、そんなに高さがあるわけではないですが、連動した動きの中で個の強さを出してくる、間違いなく力のあるチームという印象です。久し振りに集まれた、という喜びを感じながらプレーしたいです。少し疲れはありますが、明日も準備できますし、こういう状況は言い訳にできません。試合になれば日本らしさを出していかないといけませんし、上手くいかない時でも球際の強さ、切り替えの速さといった自分たちが最低限やらなければいけないことを意識して、しっかり勝ちを目指していきたいと思います。

MF #18 南野拓実 選手(ザルツブルク)
メキシコ戦を2日後に控え、コンディション面ではなかなか難しい部分はありますが、これを良い経験として捉え、チームのみんなと戦っていきたいです。オリンピック本大会のメンバーに向けてチーム内での競争は始まっていますから、そこに勝つために結果を残したいと思います。素晴らしい相手と試合ができますので、コンディションの問題はありますが、自分たちがやれることをやって、良い試合にしたいと思います。

MF #17 関根貴大 選手(浦和レッズ)
ものすごい長旅となりましたが、こういった経験はなかなかできないと思いますし、今やれることをやって試合に臨みたいと思います。チームがオリンピックの出場権を獲得したことはすごく嬉しかったですし、自分にもまたチャンスが巡ってきたと思いました。このチャンスをものにできるように、ゴールに向かっていく姿勢という自分の良さをしっかり出していきたいです。個人的には、目に見える結果が求められていると思いますので、ゴールやアシストというものが重要になってくると思います。ただ、自分の良さを出すことはもちろんですが、チームとして結果を残し、良い形でこの遠征を終えられるように頑張りたいです。

スケジュール

3月22日(火) AM/PM トレーニング
3月23日(水) PM トレーニング
3月24日(木) PM 公式練習 [リオ・マイオールスタジアム(ポルトガル/リスボン)]
3月25日(金) 15:36 国際親善試合 vs U-23メキシコ代表
[リオ・マイオールスタジアム(ポルトガル/リスボン)]
3月26日(土) AM トレーニング
3月27日(日) AM トレーニング
3月28日(月) 14:00 練習試合 vs スポルティング・クルーベ・デ・ポルトガル
[リオ・マイオールスタジアム(ポルトガル/リスボン)]

※時間は全て現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合

U-23日本代表 対 U-23メキシコ代表
2016年3月25日(金) 現地時間15:36(日本時間24:36)キックオフ(予定)
リオ・マイオールスタジアム(ポルトガル/リスボン)
テレビ東京系6局ネットにて生中継
大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP