btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、中国に敗れて2敗目 ~オリンピック女子アジア最終予選第3戦~

ニュース

なでしこジャパン、中国に敗れて2敗目 ~オリンピック女子アジア最終予選第3戦~

2016年03月05日

なでしこジャパン、中国に敗れて2敗目 ~オリンピック女子アジア最終予選第3戦~

なでしこジャパン(日本女子代表)は3月4日、大阪・キンチョウスタジアムで行われたリオデジャネイロオリンピック女子アジア最終予選第3戦で中国と対戦し、1-2で敗れて2敗目を喫しました。

出場権獲得には6チーム中上位2位以内に入らなくてはなりませんが、3試合を終えて1分け2敗で勝ち点1の日本は5位のまま。首位のオーストラリアは韓国に2-0の勝利で勝ち点を9に伸ばし、日本に勝った中国は勝ち点7で2位。朝鮮民主主義人民共和国がベトナムに1-0で勝って勝ち点5で3位につけ、勝ち点2の韓国は4位。6位のベトナムは3連敗で敗退が決まりました。

この結果、日本は残り2試合(7日にベトナム戦、9日に朝鮮民主主義人民共和国戦)に連勝した上で他チームの結果を待たなくてはならなくなりました。中国が次の韓国戦(7日)で勝ち点1以上を手にすると、日本の4大会連続5度目のオリンピック出場の望みは断たれます。

初戦のオーストラリアに負けた後、第2戦で韓国と引き分け、中国戦では勝利が必要な日本は、第2戦のGKやセンターバックの顔ぶれを維持しながら3選手を入れ替えて、左サイドバックに鮫島彩選手、守備的MFに阪口夢穂選手、右MFに中島依美選手を起用。前の試合で好調だったFW横山久美選手を連続先発させて、FW大儀見優季選手やMF宮間あや選手らとともに得点機を探ります。

中国は第2戦から右サイドバックを変えて、昨年8月のEAFF女子東アジアカップでの対戦と9人が同じ顔触れで、プレスをしっかりかけ、中盤でボールを奪って素早く展開しようと狙っていました。

14分、MF川村優理選手のバックパスをMFジャン・ルイ選手がカット。そのままドリブルで持ち込むと、日本のセンターバックの間を抜けてペナルティエリアに持ち込み左足で日本ゴールに流し込みました。

日本は29分に横山選手がペナルティエリアに切り込みますが、相手守備陣に囲まれてシュートを打てません。その直後、左サイドからのクロスボールに中島選手がゴール前で合わせますが、相手DFが体をしっかり寄せて一歩早くボールに触り、クリアボールが中島選手に当たってクロスバーの上へ流れます。

日本は中国に対して2008年6月以来9勝1分けと負けなしでしたが、この日、中国の密着プレスに、思うようにドリブルやパス出しをさせてもらえません。大儀見選手はペナルティエリア付近でボールに触らせてもらない状態が続きます。

前半を0-1で折り返した日本は、後半開始から川村選手に代えてFW岩渕真奈選手を投入し、攻撃の枚数を増やして突破口を探ります。開始早々、ゴール正面から宮間選手が強烈なシュートを放ちますが、相手GKに阻止されます。その後も大儀見選手が宮間選手からリターンパスをもらってゴールを狙いましたが、枠を捉えることができません。

中国は58分にMFグー・ヤーシャ選手がミドルレンジから放った一撃が日本のゴール右隅に決まり、日本は0-2のリードを許します。

しかし日本は65分、横山選手が相手ボールを奪って中にドリブルで切り込み、相手DFを一人交わして右足を振り抜き、日本は待望の1点を返しました。

その2分後には岩渕選手、79分には宮間選手の右CKに田中選手がヘディングで合わせますが、いずれも相手GKに止められてゴールには至りません。

日本は68分に投入したMF川澄奈穂美選手に続いて、87分にはFW髙瀨愛実選手をベンチから送り出して攻め手を増やしますが、再びゴールは奪えずに1-2で終了しました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

佐々木則夫 なでしこジャパン(日本女子代表)監督
必ず勝たなければいけない勝負処で結果を出せず、監督として非常に残念に思っていますし、僕自身の責任は大きいと思います。どこがうまくいかなかったというよりも、中国選手個々のプレーの質が我々よりも高く、勝負に関わる部分で一歩リードしていました。カナダのワールドカップでもオランダ遠征でも得点を複数挙げられていません。大きな課題として見つめ直さなくてはなりません。あと2試合、何があるか分かりません。精いっぱいの準備をして、気を引き締めて最後まで走り切るように、選手と共にみんなで戦っていきたいと思います。

FW #10 大儀見優季 選手(1.FFCフランクフルト/ドイツ)
何もできなかった無力感があります。こういう真剣勝負の場で実力を出せないことを認めざるを得ません。球際やスピード、プレーの質で相手に上回らなければ勝てません。自分たちの問題です。これまでアウェイ開催で出場権を獲得してきたので、ホーム開催に慣れないというのはあります。(負けの)原因のベクトルは自分たちに向けないといけないと感じています。

MF #8 宮間あや 選手(岡山湯郷Belle)
たくさんの方が応援してくれて、結果を出せない歯がゆさや申し訳なさがあります。それぞれが役割を果たせていないですし、各選手の良さを出させてあげられていないことが一番悔しいです。下を向いている時間はないので、みんなで最後まで戦おうという話をしました。

FW #20 横山久美 選手(AC長野パルセイロ・レディース)
勝ちたかったですし、申し訳ない気持ちです。(得点場面は)相手のトラップが大きかったので狙えると思っていました。でも1点では足りなかったですし、前半あったチャンスに決めらなかったのが良くなかったと思っています。可能性を信じて残り2試合をみんなでがんばりたいです。

ブルーノ・ビニ 中国女子代表監督
選手たちが戦術とフィジカルの面で素晴らしい試合をしてくれました。昨年10月の着任後初めてフィジカルプレーに集中するように指示しましたが、プラン通りに試合を運べて満足です。途中から試合に入るのが難しい、インテンシティの高い試合で、短期間での連戦もあって、日本はいつものようなパスやコンビネーションを使う試合ができなかったと思います。

なでしこチャンネル

スケジュール

女子サッカー アジア最終予選(リオデジャネイロオリンピック2016)
2月29日(月) 1-3 第1戦 vs オーストラリア女子代表(キンチョウスタジアム)
3月1日(火) AM トレーニング
3月2日(水) 1-1 第2戦 vs 韓国女子代表(キンチョウスタジアム)
3月3日(木) AM トレーニング
3月4日(金) 1-2 第3戦 vs 中国女子代表(キンチョウスタジアム)
3月5日(土) AM トレーニング
3月6日(日) AM トレーニング
3月7日(月) 19:35 第4戦 vs ベトナム女子代表(キンチョウスタジアム)
3月8日(火) AM トレーニング
3月9日(水) 19:35 第5戦 vs 朝鮮民主主義人民共和国女子代表(キンチョウスタジアム)

※スケジュールや会場は変更になる場合がございます。

チケット絶賛発売中!詳しくはこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

Official Partner

Official Supplier

Supporting Companies

JFA.jp SITEMAP