btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-18日本代表 第28回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメント 第4戦 マッチレポート vs.U-18ベラルーシ代表

ニュース

U-18日本代表 第28回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメント 第4戦 マッチレポート vs.U-18ベラルーシ代表

2016年01月10日

U-18日本代表 第28回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメント 第4戦 マッチレポート vs.U-18ベラルーシ代表

第28回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメント 第4戦 vs.U-18ベラルーシ代表
2016年1月9日(土)キックオフ時間 14:15 試合時間 90分(45分×2)
Peterburgsky SCC(ロシア/サンクトペテルブルグ)

U-18日本代表 3-1(前半2-0、後半1-1)U-18ベラルーシ代表

得点
10分 吉平翼(U-18日本代表)
13分 梶山幹太(U-18日本代表)
65分 伊藤洋輝(U-18日本代表)
67分 失点(U-18ベラルーシ代表)

スターティングメンバー
GK:大迫敬介
DF:田中陸、冨安健洋、森下怜哉、西本卓申
MF:梶山幹太、佐々木匠、伊藤洋輝、伊藤涼太郎
FW:中村駿太、吉平翼

サブメンバー
GK:若原智哉
DF:長谷川巧、森岡陸
MF:齊藤未月、宮崎幾笑、藤本寛也
FW:狩土名禅、菅大輝

交代
76分 吉平翼 → 狩土名禅
83分 梶山幹太 → 藤本寛也

マッチレポート

予選グループ最終戦の相手はU-18ベラルーシ代表。
日本は試合序盤からボールを動かし、相手陣内で優位に攻め続けると、10分には伊藤洋輝選手が相手陣内での縦パスをカット、そのままドリブルで持ち込み、ゴール前にスルーパスを送るとこれを吉平翼選手がファーストタッチで相手ディフェンスを置き去りにします。右足を振り抜いてシュートが決まり、日本が先制します。続く13分にはセンターサークル付近で吉平選手からのパスを受けた中村駿太選手が、先制点を決めた吉平選手同様にファーストタッチで相手を抜き去り、ペナルティエリア中央へドリブルで仕掛けると、相手を引きつけたところで右サイドから走りこんでいた梶山幹太選手にパスを出します。梶山選手は相手ゴールキーパーの状況を見ながら冷静にゴール右隅にシュートを決めて2-0。日本が2点リードで前半を折り返します。

後半に入ると、ベラルーシも日本のパスミスをついて攻撃を仕掛けてきますが、日本守備陣もゴール前で落ち着いて対処し、失点を許しません。65分には冨安健洋選手が吉平選手に縦パスを入れ、吉平選手が左サイドにいた伊藤涼太郎選手に横パスを出すと、伊藤(涼)選手がドリブルで仕掛けます。左サイドバックの西本卓申選手とのワンツーから相手ディフェンスラインの背後をとり、ペナルティエリア内に進入するとゴール前に走りこんできた伊藤(洋)選手にパス。これを伊藤(洋)選手が左足でシュートを決めて3-0とし、相手を引き離します。しかし直後の67分、相手に攻めこまれペナルティエリア内でオーバーヘッドシュートを打たれてしまいます。GKの大迫敬介選手が一度は防ぐも、こぼれたボールを相手に詰められてしまい1点を返されてしまいます。その後は日本が落ち着いた試合運びで相手にチャンスを与えず、試合は3-1で終了。日本がグループリーグ4戦目にして、ようやく今大会初勝利を収めることができました。この結果、日本はグループリーグ4位となり、11日(月)に9位決定戦でU-18カザフスタン代表と試合を行います。

選手コメント

DF#4 森下怜哉 選手(セレッソ大阪U-18)
今日の試合は、今までの3試合ででた課題を意識して試合に臨みました。前半は相手の守備を剥がすことができ、早い時間帯に先制点を奪って追加点も取ることができました。後半は相手の前からのプレッシャーでボールを失うことが増えてしまいましたが、その時間をしのぎ3点目を決めることができました。1点は返されましたが終始自分たちのペースで試合を運び、勝利することができたので良かったです。順位決定戦も勝利で終われるように明日から良い準備をしたいと思います。

DF#12 田中陸 選手(柏レイソルU-18)
チームに勝利がない中で、とにかく「結果」にこだわって行こうと全員で強い気持ちを持って試合に挑みました。試合では前回の課題であったボールを受けるタイミング、サポートの早さ、味方同士の距離感を少しずつ改善することができました。その結果が得点にも繋がったと思います。また、個人としてはミスが多く、そのミスは判断の遅さからきていると思っています。次の試合では的確な判断を素早くできるように、もっと周りを見ておくことやポジショニングにこだわってミスを減らし、より積極的にプレーをしていきたいと思います。次の試合に向けてチーム全員で良い準備をしていきたいと思います。

MF#17 伊藤洋輝 選手(ジュビロ磐田U-18)
グループリーグ3試合を終えて勝利のなかった私たちは、なんとかしてまずは1勝したいという強い気持ちを全員が持ち試合に入れたと思います。前半に先制点、追加点と良い流れで入ったので、チームとして楽に試合を進めることができたと思います。しかし、後半はロングボールやロングスローを使ってくる相手に対し押し込まれる場面も何度かありました。1失点はしましたが守りきり、初勝利を飾ることができました。チーム、個人としても結果が出て嬉しく思います。

スケジュール

1月2日(土)   トレーニング
1月3日(日) 0-3 vs U-18スロバキア代表(SCC/SC Zenit)
1月4日(月) 3-4 vs U-18サンクトペテルブルク選抜(SCC/SC Zenit)
1月5日(火)   トレーニング
1月6日(水)   トレーニング
1月7日(木) 2-2 vs U-18リトアニア代表(SCC/SC Zenit)
1月8日(金)   トレーニング
1月9日(土) 3-1 vs U-18ベラルーシ代表(SCC/SC Zenit)
1月10日(日)   トレーニング
1月11日(月)   9位決定戦 vs U-18カザフスタン代表(SCC/SC Zenit)
1月12日(火)   順位決定戦(SCC/SC Zenit)

※時間は全て現地時間

第28回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメント 参加チーム

グループA:サンクトペテルブルク、ベラルーシ、スロバキア、日本、リトアニア
グループB:フィンランド、カザフスタン、エストニア、モルドバ、ロシア
グループC:スロベニア、アゼルバイジャン、ラトビア、ブルガリア

大会日程・結果、招集メンバーはこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP