btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > 日本サッカーミュージアム 夏休み自由研究イベント・夏季特別開館のお知らせ

ニュース

日本サッカーミュージアム 夏休み自由研究イベント・夏季特別開館のお知らせ

2015年07月10日

日本サッカーミュージアム 夏休み自由研究イベント・夏季特別開館のお知らせ

日本サッカーミュージアムでは、7月25日(土)から8月31日(月)の期間、夏休み自由研究イベントスペースを開設し、小中学生の自由研究をお手伝いします。サッカーには自由研究につながるテーマがたくさんあります。会場内に下記イベントブースを設置し、その場で調べたり、作ったりすることができます。

また期間中は、夏季特別開館を実施し、毎日10:00から無休で開館いたします。

夏休み自由研究イベント

開催期間

2015年7月25日(土)~8月31日(月)10:00~18:00(最終入場 17:30)
※8月24日(月)および27日(木)は、夏休み自由研究イベントブースを休止いたします。
詳しくはこちら

会場

日本サッカーミュージアム 1F ヴァーチャルスタジアム

料金

本イベントへの参加には、有料ゾーンチケットが必要となります。

調べてみよう!

①サッカー歴史新聞を作ろう
「年表」、「写真素材」、「新聞台紙」をセットにしたキットと、関連する本や資料を揃えています。新聞を作成しながら、楽しく日本サッカーの歴史について知ることができます。できあがった新聞はラミネート加工(有料)ができます。

②日本代表ユニフォームの進化を調べてみよう
日本代表が初めてFIFAワールドカップに出場した1998年から現在までの日本代表のユニフォームを実際に見て、触りながら、機能やデザイン、コンセプトなどを調べることができます。ワークシートをご用意しています。

③サッカーボールの進化を調べてみよう
日本代表が初めてFIFAワールドカップに出場した1998年大会から2014年大会までのボールを実際に見ながら、どのように変化、進化してきているか調べることができます。またボールの構造についても、ボールの断面や内側を実際に見ながら調べることができます。ワークシートをご用意しています。
協力:株式会社モルテン

◯作ってみよう!

①サッカーボールのペーパークラフト~ボールの多面体構造を知ろう
展開図からボールを組み立てることで、ボールの多面体構造を知ることができます。
日本代表チームが実際に使ったボールや、サッカーに関する様々なデザインを参考に、組み立てたボールに絵柄を書いて、オリジナルのサッカーボールを作ってみましょう。

②ちぎり絵アート~サッカーの用具や思い出のシーンをオリジナルアートで表現してみよう
サッカーミュージアムにしかない選手着用のサッカーシューズや、試合で実際に使ったマッチボール、トロフィー、海外チームの記念品などをデッサンできるブースを設置。紙を手でちぎって色をつける「ちぎり絵」で立体的な作品を作ることができます。
※上記の他にも、期間限定の自由研究スペシャルイベントの開催を予定しています。
また諸事情により、内容が一部変更になる場合がありますので、予めご了承ください。

夏季特別開館期間

7月18日(土)~8月31日(月) ※期間中無休
開館時間:
10:00 ~ 18:00(最終入場 17:30)

《本件に関する問い合わせ先》

日本サッカーミュージアム
〒113-8311 東京都文京区サッカー通り(本郷3-10-15)JFAハウス
TEL:03-3830-2002
開館時間:
平日13:00~18:00 土/日曜日、祝日、特別営業日10:00~18:00(最終入場は17:30)
休館日:
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)
入場料:
大人500円 小中学生300円(各種割引有り)
アクセス:
JR御茶ノ水駅、東京メトロ「御茶ノ水」駅から徒歩約6分
(駐車場はございませんので、ご来場には一般交通機関をご利用下さい。)
URL:http://www.jfa.jp/football_museum/

アーカイブ
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP