btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > 京都が世界行きの切符をつかむ JFAプレミアカップ2015

ニュース

京都が世界行きの切符をつかむ JFAプレミアカップ2015

2015年05月06日

京都が世界行きの切符をつかむ JFAプレミアカップ2015

JFAプレミアカップ2015は5月5日(火・祝)に最終日を迎え、コンサドーレ札幌U-15(北海道地域代表)と京都サンガF.C. U-15(関西地域代表/京都)が日本一をかけて激突しました。

試合開始と同時に仕掛けたのは札幌。「これまでの試合は組み立てるイメージが強かったけれど、今日は左サイドからのクロスが多かった」と相手の服部航平選手も振り返ったように、札幌は福田心之助選手の仕掛けからチャンスを広げます。対する京都は、押されながらも12分に津野絢世選手がGKと1対1の場面をつくるなど、ゴールに向かう意識を忘れません。こう着状態が続く中、試合が動いたのは16分。福岡慎平選手のFKを江川慶城選手が頭で合わせて、京都が先制しました。「前半は相手のペースだったけれど、ここで決まったら流れが来ると思っていた」と江川選手。その言葉どおり、先制して肩の力が抜けた京都は前半終了間際に続けざまにシュートを放ち、勢いを持続して前半を折り返します。

後半、京都は同点にしようと前がかりになった札幌を尻目に好機を演出します。後方からフィードを狙う札幌の守備陣に対して前線からの連動した守備でボールを奪い、そのままゴール前に進出。35分には相手のクリアを杉田迅選手が奪うと前線にスルーパス。走り込んだ服部選手がゴール左隅に流し込むと、41分に再び服部選手がゴール前に抜け出し、札幌を突き放します。

京都の勢いはこの後も止まらず、福岡慎平選手と栗山高季選手が加点。以降は時間をうまく使い、逃げ切りを図りながらも、59分には服部選手がこの日、3点目となるゴールを挙げ、終わってみれば6-0と圧勝。3日間で5試合をこなすタフな連戦ながらも、「選手たちはビックリするほど元気でした」と岸本浩右監督が驚くほどの戦いを見せた京都が、2010、2011年の2連覇に続き、3度目の栄冠を手にしました。

京都は、「プレミアカップ・ワールド・ファイナルズ2015」の出場権を獲得。8月にイングランドで行われる大会に日本代表として参加します。また、大会後の表彰式では各賞が発表され、京都からは井ノ尾匠選手が大会MVPを受賞したほか、5人の選手がベストイレブンに選出。惜しくも準優勝に終わった札幌も、フェアプレー賞を受賞しています。

コンサドーレ札幌U-15(北海道地域代表) 0-6 京都サンガF.C. U-15(関西地域代表/京都) 

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

佐藤尽 監督(コンサドーレ札幌U-15)
スコアほどの差はなかったと思いますが、後半に入り、僕が「より攻撃的に」とメッセージを送ったことが、攻守のバランスを失う原因になったかもしれません。それでも、選手たちはゴールを決めたいという気持ちを見せてくれましたし、その意欲は評価してあげたいです。北海道で試合をしていると、相手に攻められ、一進一退の試合になることはそこまで多くありません。全国大会でいろいろな相手と対戦でき、選手の今後につながると思います。

福田心之助 選手(コンサドーレ札幌U-15)
1点を奪われてからも戦えていたので、後半に勝負をかけようと思っていましたが、チームのバランスが攻撃に偏りすぎてしまいました。前がかりになったことで、守備陣と攻撃陣の間にギャップが生じ、そこを京都に突かれたことが敗因だと思います。僕らは大会が始まる前まではまとまりがなく、不安の方が大きかったのですが、開幕後は逆転で勝利を収めるなど、メンタル面がたくましくなったと感じます。勝つことが自信につながるんだと実感しましたし、収穫の多い大会でした。

岸本浩右 監督(京都サンガF.C. U-15)
前半に苦しめられたことで、選手たちは目を覚まし、自分たちのサッカーを思い出してくれました。結果的には大勝で終わりましたが、札幌もタフで、素晴らしいチームでした。われわれの選手たちも連戦にも関わらず頑張ってくれました。体力を左右するのは精神力だと思いますし、その意味で、今年のチームは一人ひとりの気持ちが強く、互いの長所を引き出す仲間が集まりました。メンタルの充実が、今回の優勝に結びついたのかなと思います。

井ノ尾匠 選手(京都サンガF.C. U-15)
みんなが最終ラインの選手を信じて攻撃したことが、良い結果につながったと思います。今大会はチーム全員の意思統一ができており、DFだけではなく、チーム全員が守備意識を共有することができました。味方が頑張ってくれたおかげで、僕は止めるだけという状況をつくれたことが今大会、失点が少なかった要員だと思います。「プレミアカップ・ワールド・ファイナルズ2015」でも優勝して、世界一のGKになりたいです。

JFA-TV

大会最終順位

優勝 京都サンガF.C. U-15(関西地域代表/京都)
準優勝 コンサドーレ札幌U-15(北海道地域代表)
第3位 長岡ジュニアユースFC(北信越地域代表/新潟)、サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース(中国地域代表/広島)
フェアプレー賞 コンサドーレ札幌U-15(北海道地域代表)

ベスト11

GK
井ノ尾匠 選手(京都サンガF.C. U-15)
DF
福田心之助 選手(コンサドーレ札幌U-15)
江川慶城 選手(京都サンガF.C. U-15)
山崎大地 選手(サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース)
竹島京介 選手(京都サンガF.C. U-15) 
MF
本間至恩 選手(アルビレックス新潟U-15)
菅原由勢 選手(名古屋グランパスU15)
谷内田哲平 選手(長岡ジュニアユースFC)
服部航平 選手(京都サンガF.C. U-15)
FW
福岡慎平(京都サンガF.C. U-15)
桂陸人(サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース)

MVP

GK 井ノ尾匠 選手(京都サンガF.C. U-15)

JFAプレミアカップ2015

2015年5月3日(日)~5月5日(火・祝)
J-GREEN堺 (大阪府堺市)

大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー
[an error occurred while processing this directive]

JFA.jp SITEMAP