JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2019年 > 国際親善試合 ~エクアドル遠征~ TOP > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 エクアドルの地元クラブ選抜とのトレーニングマッチに快勝

ニュース

U-17日本代表 エクアドルの地元クラブ選抜とのトレーニングマッチに快勝

2019年09月06日

U-17日本代表 エクアドルの地元クラブ選抜とのトレーニングマッチに快勝

練習試合 vs. U-17グアイヤス選抜
2019年9月5日(木) キックオフ時間 10:40 試合時間 80分(40分×2本)
Estadio Alejandro Ponce Noboa

U-17日本代表 3-0(1本目2-0、2本目1-0)U-17グアイヤス選抜

得点
8分 光田脩人(U-17日本代表)
40分 若月大和(U-17日本代表)
73分 山内翔(U-17日本代表)

1本目スターティングメンバー
GK:野澤大志ブランドン
DF:角昂志郎、半田陸、村上陽介、中野伸哉
MF:山内翔、横川旦陽、三戸舜介、光田脩人
FW:中野桂太、若月大和

2本目スターティングメンバー
GK:鈴木彩艶
DF:角昂志郎、村上陽介、鈴木海音、藤田譲瑠チマ
MF:田中聡、成岡輝瑠、光田脩人、中野桂太
FW:唐山翔自、西川潤

交代
60分 角昂志郎 → 遠山悠希
60分 中野桂太 → 山内翔

マッチレポート

エクアドルのグアヤキルで遠征しているU-17日本代表は9月5日(木)に地元クラブのU-17選抜チームとトレーニングマッチを実施しました。当初はU-20との対戦を予定していましたが、国内リーグの関係で同年代との試合に急遽切り替わりました。この後に対戦するU-17エクアドル代表との試合に向けても、絶対に負けられない、圧倒的に勝ちたい試合となりました。しかし、相手もこの対戦のために特別にユニフォームを作成するほど力を入れて臨んできました。
森山監督からも「攻守に主導権を握る。ボールを奪ったらカウンター、ボールにプレスして奪い返す」と伝えられ、1本目をスタートしました。気合が入っており力強くゲームに入った相手に対して日本も負けじと集中して入ります。そして、ボールをキープしながら段々とペースを掴んだ日本は8分に先制点を奪います。MF三戸舜介選手が浮き球のスルーパスをを出すとこれに反応したMF光田脩人選手が相手ゴールキーパーをかわしてゴールを奪います。その後も日本ペースでゲームは進みますが、荒れたピッチにフィニッシュの精度を欠き追加点を奪えません。それでも何度もチャンスを作り出すと前半終了間際にDF中野伸哉選手が左サイドを抜けて中央に折り返すとFW若月大和選手が合わせて2-0とします。

選手を大幅に入れ替えた2本目も主導権は日本が握ります。お互いに良い距離感でプレーすることで細かくパスをつなぎながらチャンスを作りながら攻め、守備でもピンチを作らせません。60分からはフォーメーションを変更してワールドカップに向けたオプションも試していきます。しかし、前半同様シュートチャンスでのミスが続きゴールが入りません。それでも73分にMF成岡輝瑠選手のパスにFW唐山翔自選手が相手の裏に抜けマイナスの折返し、このボールをMF山内翔施主が冷静に決めて3-0となり、試合を終了します。
試合後には勝敗に関わらずPK戦も実施。この戦いにも勝利した日本はワールドカップ本番に向けて良い経験となりました。U-17日本代表は翌日6日(金)にU-17エクアドル代表と親善試合第1戦を迎えます。

選手コメント

FW #20 中野桂太 選手(京都サンガF.C.U-18)
エクアドルに到着して3日目になりますが、エクアドルの皆さんの素晴らしい歓迎のおかげで充実した遠征になっています。たくさんの方々のお陰でサッカーできていることを忘れずに1ヶ月後から始まるワールドカップに向けてチームとして個人として成長できるように頑張ります。

GK #12 野澤大志ブランドン 選手(FC東京U-18)
今回のエクアドル遠征に選ばれて嬉しく思います。
ワールドカップまで時間がない中で、今日の試合ではチームとして上手く試合をコントロールできるよう心掛けました。試合の入りから、終わらせ方まで上手く試合を運べたと思います。次のエクアドル戦に向けて最善の準備をしていきたいです。

DF #7 角昂志郎 選手(FC東京U-18)
今日の試合はミーティングを終えてワールドカップへの心構えがまだまだ足りないことや、改善点を克服できるようこれからの時間の使い方を考えさせられました。
今回の遠征で団結力を少しでも上げて、ワールドカップに向けて日々成長できるように頑張りたいです。

スケジュール

9月3日(火) AM/PM トレーニング 
9月4日(水) AM/PM トレーニング 
9月5日(木) 3-0 練習試合 対 U-17グアイヤス代表(グアヤキル/Estadio Alejandro Ponce Noboa)
9月6日(金) 16:00 第1戦 対 U-17エクアドル代表(グアヤキル/Estadio Cristian Benitez)
9月7日(土) AM トレーニング
9月8日(日) AM トレーニング
9月9日(月) 11:00 第2戦 対 U-17エクアドル代表(グアヤキル/Estadio Monumental Banco Pichincha)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合 ~エクアドル遠征~

日程:2019年9月2日(月)~2019年9月11日(水)
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー