JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-16女子 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 オランダ遠征最終戦を勝利で締めくくる

ニュース

U-16日本女子代表 オランダ遠征最終戦を勝利で締めくくる

2019年06月30日

U-16日本女子代表 オランダ遠征最終戦を勝利で締めくくる

U-16日本女子代表は、6月29日(土)に、オランダ遠征の最終戦として、オランダのクラブチームDZC’68と対戦しました。

試合は開始直後、FW根府桃子選手が先制点決め、日本ペースで試合がスタートします。
日本がゲームの主導権を握り、相手陣内でプレーする時間が続きますが、なかなか得点を奪えません。しかし、18分にMF西尾葉音選手からのクロスにMF猪瀨結子選手が合わせ、2-0とリードを広げます。さらに24分、浮き球のパスから相手DFの背後へ抜け出したFW生田七彩選手がゴール。30分にもFW生田選手がMF及川小枝選手からのクロスに合わせてシュートを決め、4-0とします。32分には、FW生田選手からのスルーパスにFW根府桃子選手が抜け出し、自身2得点目を挙げ5-0。前半終了間際には37分にFW根府選手、39分にFW生田選手がそれぞれ自身3得点目を挙げ、7-0で折り返します。

後半も44分、FW根府選手からのスルーパスにFW生田選手が反応しゴールを決めると、続く49分にはFW根府選手のクロスをDF朝倉加奈子選手がヘディングで合わせゴール。
55分には、DF井手ひなた選手がゴールを奪い、10-0とさらに点差を広げます。
66分、DF櫨川結菜選手からのパスを後半途中出場となったFW藤野あおば選手シュートし、ゴール。試合終了間際には、37分にDF井手選手、42分にMF猪瀨選手、43分にFW藤野選選手がそれぞれ1得点ずつを決め、14-0でオランダ遠征最後の試合を締めくくりました。

監督・選手コメント

狩野倫久 監督
今回、オランダ遠征は6月20日~7月1日までの日程で、フィールド18名、キーパー3名の計21名でのキャンプとなりました。
5月末、AFC U-16女子選手権の組み合わせ及び大会日程が決まり、今回の活動をAFC U-16女子選手権にむけての最後の海外遠征とし、その中でオランダ女子代表と国際親善試合ができる貴重な海外遠征となりました。
キャンプ期間中、天候に恵まれ、緑の多い落ち着いた雰囲気の中での生活と、その近くにある地元クラブチームの天然芝グラウンドという恵まれた環境の中で集中したトレーニングを行うことができました。
前回4月末からのイタリアでの大会からさらに個々の土台・ベースからチーム力向上を目指し、質と精度を高めることに取り組みました。
具体的には、守備の強度を上げ、素早い攻守の切り替えから、得点につなげるダイレクトプレーの質と精度、FWを使った崩し・コンビネーションをテーマに取り組みました。
現地25日にFIFA女子ワールドカップフランス大会の決勝ラウンド日本対オランダ戦を観戦し、翌日26日にU-16オランダ女子代表との国際親善試合があり、絶対に負けられない一戦としてチーム一丸となって試合に臨みました。
試合は相手の大きくてパワーやスピードで勝る相手に対して、自分たちが積み上げてきたものを出せるかどうかが勝敗のカギを握りました。
先制点は取ったものの、後半、相手の選手交代や戦術的な変更を含め、立ち上がりに2失点し逆転されましたが、守備の強度を上げ、攻守において積みあげてきたものの質と精度、そしてイメージの共有と互いのコンビネーションにより得点を重ね逆転することができ、勝利することができました。
試合状況、流れ、特に主導権を取るという戦い方に関してはさらに積み上げていく必要があると感じました。トレーニングでの攻守における攻防の強度、ハードワークから逆転できたことは成果に挙げられます。
8月、広島での国内キャンプにおいて更なる積み上げができるようチームとして取り組んでいきます。
今回、このような機会を提供していただきましたオランダサッカー協会はじめ、トレーニングマッチをしていただいたチーム、グラウンドや宿泊先、選手を長期に渡りご派遣いただいたチーム関係者の方々に多大なる感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。

MF 佐藤千優 選手(大阪学芸高校)
最初の日から最終日までの練習で、積み重ねたことを試合で発揮できました。
課題もたくさん見つかり、U-16オランダ代表戦に出られなくてとても悔しかったので、これからもっと気を引き締めて頑張ろうと改めて思いました。チームのために出来ることはハードワークだと思うので、一つの目標に向かってチーム全体で頑張りたいです。

FW 生田七彩 選手(岡山作陽高校)
FW2人の前線の動き出しが活動開始と比べて、スムーズになりました。
プレーごとにチームの仲間とコミュニケーションを取ることで、課題を解決できました。
今日の試合は、前線からアクションを起こして、得点につなげられたのでよかったです。
まだ、ハードワークの時に、パスとシュートの質が落ちてしまうので、日常のトレーニングから積み上げていきたいです。

スケジュール

6月21日(金) PM トレーニング
6月22日(土) AM/PM トレーニング
6月23日(日) AM/PM トレーニング
6月24日(月) 8-0 トレーニングマッチ vs. PEC Zwolle
6月25日(火) AM/PM トレーニング
6月26日(水) 3-2 国際親善試合 vs. U-16オランダ女子代表
(Sportmedisch Centrum KNVB)
6月27日(木) AM/PM トレーニング
6月28日(金) AM/PM トレーニング
6月29日(土) 14-0 トレーニングマッチ vs. U-17 DZC'68

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合 ~欧州遠征~

日程:2019/6/20(木)~2019/7/1(月)

試合情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー