JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-16女子 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 ノルウェーに逆転勝ちで1位通過。アメリカとの決勝戦へ ~第3回デッレナツィオーニトーナメント~

ニュース

U-16日本女子代表 ノルウェーに逆転勝ちで1位通過。アメリカとの決勝戦へ ~第3回デッレナツィオーニトーナメント~

2018年04月29日

U-16日本女子代表 ノルウェーに逆転勝ちで1位通過。アメリカとの決勝戦へ ~第3回デッレナツィオーニトーナメント~

第3回デレナッツィオーニトーナメント 第3戦 vs U-17ノルウェー女子代表
2018年4月28日(土) キックオフ時間 18:00(現地時間) 試合時間70分(35分ハーフ)
イタリア/マラーノ・ラグナーレ

U-16日本女子代表 2-1(前半1-1、後半1-0)U-17ノルウェー女子代表

得点
15分 失点(U-17ノルウェー女子代表)
31分 城和怜奈(U-16日本女子代表)
62分 大西若菜(U-16日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:中園花怜
DF:玉川実奈、河岸笑花、田畑晴菜、杉澤海星
MF:高和芹夏、岩﨑心南、築地育、伊藤めぐみ、野田みゆう
FW:城和怜奈

サブメンバー
GK:石田心菜
DF:徳永雅
MF:渡部麗、大西若菜、井戸ケイト
FW:百濃実結香、山崎愛海、島田芽依

交代
47分 野田みゆう → 山崎愛海
53分 高和芹夏 → 渡部麗
53分 築地育 → 大西若菜
58分 玉川実奈 → 島田芽依

マッチレポート

グループリーグを2戦終えて2位につける日本は、最終戦で1位のU-17ノルウェー女子代表と対戦しました。

立ち上がりは危ないシーンがありましたが、日本のペースで試合が進みます。

開始6分、相手陣地でルーズボールを奪った伊藤めぐみ選手が城和怜奈選手へスルーパス、城和選手がシュートを放つもゴールになりません。その2分後の8分にも、相手ボールを奪った城和選手が、左サイドの高和芹夏選手へパス。そのままミドルシュートを打ちましたがクロスバーを越えてしまいます。シュートチャンスを多くつくる日本でしたが、15分にコーナーキックから失点し0-1となります。

その直後の16分、スローインを受けた野田みゆう選手が中央にいる城和選手へ。城和選手が落としたボールを伊藤選手がミドルシュートしますがゴールとなりません。

日本は31分、中央でボールを保持した岩﨑心南選手が前線へスルーパス。これを城和選手が落ち着いてゴールを決め、1-1とし前半を終えます。

1-1で迎えた後半。後半開始6分後の41分、相手陣内で得たフリーキックを相手にクリアされ、それを左サイドで拾った築地育選手がシュートしますが、ゴールキーパーの正面となります。

その後も攻め続ける日本チームは58分、自陣でボールを持った田畑晴菜選手が裏へ抜けた山崎愛海選手へスルーパス、シュートを放ちますがこれもゴールキーパー正面となり、惜しくもゴールとなりません。しかし62分、伊藤選手のシュートをクリアされたボールを大西若菜選手が拾いシュート。これが決勝ゴールとなり、2-1で試合を終えました。

グループBを1位で終え決勝に進出した日本は、翌29日(日)にグループAの1位のU-16アメリカ女子代表と対戦します。

選手コメント

DF #4 田畑晴菜 選手(セレッソ大阪堺アカデミー)

今日の試合は絶対に勝たなければいけない試合で、勝利に貢献するという気持ちで試合に臨みました。海外の選手と対戦するのは3試合目だったので、スピードやフィジカルには少し慣れていましたが、先制されてしまい、なかなか自分たちのリズムがつくれませんでした。でもみんなで声を掛け合い、パスをつないでゴールを奪い勝つことができました。試合に勝てたことは、大きな成果だと思いますが、まだまだミスが多く、改善するところは沢山あると思います。世界の選手を相手に通用したことは自信を持ち、自分自身の明確になった課題を克服していきたいです。アメリカとの決勝戦では、みんなで戦って、絶対に優勝します。

MF #11 大西若菜 選手(浦和レッズレディースユース)
ノルウェーに勝ち、決勝という舞台に立てることが決まり嬉しかったです。ですが、上に行くほど厳しい戦いになり、フィジカルやスピードの面でも海外の選手に圧倒されることが多々ありました。その中でも、判断の早さや正確な技術を意識しつつ、どれだけ活かすことができるかが、武器になりました。海外の選手相手に落ち着いて全員が連動してゲームをつくらなければならないですが、プレッシャーを感じミスが多かったことが課題に残りました。自分のたったひとつのミスでチームがどれだけピンチになるか、そのようなことを考え意識する上で、ミスを減らしていきたいです。そして、海外の選手にボールを奪われない工夫をし、粘り強い守備と周りと連動してゴールを目指したいです。明日、必ずアメリカに勝利し、笑顔で優勝カップを上げたいです。

FW #16 城和怜奈 選手(JFAアカデミー福島)
今日は絶対に勝たないといけない試合で、とても楽しみな気持ちで臨みました。最初はなかなか自分たちのペースでボールを動かすことができなかったけど、みんなで声を掛け合い、戦い抜くことができました。また、得点を決めてチームに貢献することができてよかったです。でも、シュートを決めれるチャンスで外してしまうことが多かったので、アメリカ戦で決めたいです。まだまだ、チームとして課題が多くあるので、声をかけて決勝戦では今までの試合よりいいサッカーをして優勝トロフィーを日本に持って帰りたいです。

スケジュール

第3回デッレナツィオーニトーナメント
4月25日(水) 2-1 vs U-17イングランド女子代表(@Latisana/イタリア)
4月26日(木) 0-0 vs U-17ロシア女子代表(@Palazzolo/イタリア)
4月27日(金) AM/PM トレーニング
4月28日(土) 2-1 vs U-17ノルウェー女子代表(@Marano/イタリア)
4月29日(日) TBC 決勝 vs U-16アメリカ女子代表

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第3回デッレナツィオーニトーナメント

大会期間:2018年4月25日(水)~2018年4月29日(日)
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー