JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-16 2018年 > 最新ニュース一覧 > スペインが優勝 ~U-16インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN presented by 朝日新聞~

ニュース

スペインが優勝 ~U-16インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN presented by 朝日新聞~

2018年06月18日

スペインが優勝 ~U-16インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN presented by 朝日新聞~

ユアテックスタジアム仙台で行われていたU-16インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN presented by 朝日新聞は6月17日(日)に最終日を迎え、U-16スペイン代表が優勝しました。スペインに敗れたU-16日本代表は4位で大会を終えました。

第1試合のU-16セネガル代表 対U-16パラグアイ代表は、後半開始早々、フリーキックに頭で合わせたMFインサ・ボイェ選手のゴールでセネガルが先制。続く54分には、パラグアイのMFネルソン・ニコラス・ルイス・ディアス選手がフリーキックを直接ゴールに沈め、同点に追いつきます。

一進一退の攻防が続き、勝負はPK戦へと突入しました。両チームGKがキックをセーブするなど、PK戦は13人目までもつれ込みます。最後はセネガルGKがパラグアイのキックをセーブして試合終了。セネガルチームはスタンドの観客に挨拶に向かい、ダンスを披露するなど、勝利の喜びを表現しました。

U-16セネガル代表 vs U-16パラグアイ代表 公式記録はこちら

 

第2試合にはこの大会で過去最高となる7,005人の観客の応援を背に、U-16日本代表がピッチに立ちました。対するのは2試合を終えて首位のU-16スペイン代表。立ち上がりからボールを支配したスペインは12分、日本のディフェンスの背後に抜け出したFWジョルディ・エスコバル選手のゴールで先制します。続く20分にはFWヘルマン・バレラ選手がハーフウェーラインからのドリブルでゴールまで持ち込み、2点目を決めます。

後半に入り、ボールを支配する時間が増えた日本は84分、後方からの浮かせたボールに足を伸ばしたMF成岡輝瑠選手のゴールでなんとか1点を返します。しかし直後の87分、再びスペインにゴールを許し、日本は1-3でスペインに敗れました。この結果、U-16スペイン代表が優勝しました。

U-16日本代表 vs U-16スペイン代表 公式記録はこちら

大会結果

優勝  U-16スペイン代表
2位 U-16パラグアイ代表
3位 U-16セネガル代表
4位 U-16日本代表

得点王

2得点
9 アリウ・バダラ・バルデ(セネガル/ディアンバルスFC)
17 インサ・ボイェ(セネガル/ディアンバルスFC)
9 ジョルディ・エスコバル(スペイン/バレンシア)

朝日新聞賞

3 半田陸(日本/モンテディオ山形ユース)
9 アリウ・バダラ・バルデ(セネガル/ディアンバルスFC)
1 イバン・マルティネス(スペイン/CAオサスナ)
20 ディエゴ・ホエル・トーレス・ガルセテ(パラグアイ/ルビオ・ニュ)

MVP

10 ヘルマン・バレラ(スペイン/CDロダ)

コメント

ダビド・ゴルド U-16スペイン代表監督
選手たちがこのような大会で優勝したことを嬉しく思います。対戦した3チームとも違うスタイルのサッカーをしていました。今日の試合の後半は日本の選手たちがボールをコントロールする時間が多く、個人技術も高いと思いました。日本の選手たちの才能を感じました。我々の選手たちは難しい試合の中、自分たちで対策を考え、調整していたところも非常に良い経験になったと思います。今回、大会を楽しむことができたこともまたひとつの成長の糧になったのだと思います。

DF #2 イブラヒマ・バルデ 選手(セネガル/オスロFA)
日本、スペイン、パラグアイといった強豪国とプレーすることができ、非常によい経験ができました。チームとしては監督が求めるプレーや戦術を出すことができたと思います。大会のタイトルを勝ち取るために一生懸命プレーしました。地震や津波のこと、日本の文化も学ぶことができ、とても充実した滞在となりました。

マルク・シェルバズ U-16セネガル代表アシスタントコーチ
この大会を通して、サッカーの強豪国とも十分渡り合えるということがわかりました。最初から最後まで試合を支配することができていましたが、残念ながら90分では決めきることができず、ペナルティキックでの勝利となりました。大会を通して、よく戦えたので、優勝に値するチームであると思います。

ムハメド・ダム U-16セネガル代表団長
このトーナメントに参加することができてとても嬉しかったです。選手たちにとってはさまざまな国のチームと試合をする貴重な経験となりました。この世代の選手たちは今年の9月にアフリカU-17選手権の予選大会がセネガルで予定されているので、それに向けてとても良い準備をすることができました。日本サッカー協会はもちろん、ご協力いただいたすべての方に深く感謝申し上げます。厚く歓迎いただき、とても満足のいく滞在でした。本当に幸せです。2020年の東京オリンピックに同じ選手を連れてまた是非日本に戻ってきたいです。 

 
U-16セネガル代表 vs U-16パラグアイ代表フルマッチ
 
U-16日本代表 vs U-16スペイン代表フルマッチ

U-16 インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN presented by 朝日新聞

大会期間:2018年6月13日(水)・6月15日(金)・6月17日(日) 
参加チーム:日本・セネガル・スペイン・パラグアイ
会場:[全試合入場無料] 宮城/ユアテックスタジアム仙台
大会情報はこちら
ライブ配信ページはこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー