JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-16 2018年 > 最新ニュース一覧 > スペインがパラグアイにPKで勝利~U-16インターナショナルドリームカップ2018 presented by 朝日新聞~

ニュース

スペインがパラグアイにPKで勝利~U-16インターナショナルドリームカップ2018 presented by 朝日新聞~

2018年06月16日

スペインがパラグアイにPKで勝利~U-16インターナショナルドリームカップ2018 presented by 朝日新聞~

U-16インターナショナルドリームカップ2018 presented by 朝日新聞は6月15日(金)、各チームが第2戦に臨みました。

U-16スペイン代表 対 U-16パラグアイ代表の第1試合は、一進一退の攻防が続き、両者なかなかゴールを割ることができません。試合が動いたのは79分、FWジョルディ・エスコバル選手がシュート、GKのこぼれ球をMFアントニオ・パチェコ選手がゴールに流し込み、スペインが均衡を破ります。しかし試合終了間際の90+3分、パラグアイのDFロランド・バレンティン・オルティス・コレア選手がコーナキックに頭で合わせて同点とし、勝負の行方はPK戦に委ねられます。両チーム3人目までがキックに成功し、4人目を迎えたところでスペインのGKルーカス・カニサレス選手がパラグアイのキックをセーブ。続く5人目のキックも止めたところでスペインの勝利が決定し、チームは歓喜に沸きました。

U-16パラグアイ代表 vs U-16スペイン代表 公式記録はこちら

続くU-16日本代表 対 U-16セネガル代表の第2試合は、開始早々の7分にセネガルのFWアリウ・バダラ・バルデ選手が先制ゴールを決めます。第1試合から降り続く雨の中、日本もなんとか追いつこうとボールを回しますが、シュートは枠を捉えることができません。ハーフタイムに3人を入れ替え、攻撃の活性化を図る日本でしたが、69分には再びバルデ選手に得点を許し、0-2でセネガルに敗れました。

U-16日本代表 vs U-16セネガル代表 公式記録はこちら

監督・選手コメント

ダビド・ゴルド U-16スペイン代表監督
試合のリズム・テンポが速く、1対1では非常に良いディフェンスをしていて厳しい試合でした。日本vsパラグアイ戦を観ていたので対策は考えていましたが、(スペイン戦に向けての対策を取ったパラグアイは)今日は全く違う戦術・戦い方をしてきていました。我々は対策を練って、実行したにも関わらず、(その対策と)全く違うことをしてくるパラグアイ相手に対応しなければならなかったことは、選手たちにとって非常に良い経験となりました。

MF #6 アントニオ・パチェコ選手(スペイン/ビジャレアルCF)
パラグアイはフィジカルが強く、ゲームの流れを作ることが出来ませんでした。私が交代で入る前に試合の流れを変えるプレーを求められていたので、要求されていたことができたことを嬉しく思います。

MF #8 アレックス・リコ選手(スペイン/FCバルセロナ)
後半から出場しましたが、前半の試合を見ている段階で、フィジカル、1対1、オーガナイズされたゾーンディフェンスが徹底されているチームだと思いました。後半に入っても同じ様にボールをポゼッションして、テンポ・リズムを変えながら攻めることを意識していました。相手の守備のバランスが崩れたことでスペースが空いたり、カバーが遅れるなどのミスが出始めたので、そこを上手く攻めれたのではないかと思います。

マリック・ダフ U-16セネガル代表監督
無事勝つことができました。2試合目に向けて良い準備ができていたと思います。パラグアイと日本の試合を観戦し、守備に、特にマーキングのところに問題があると気づきました。日本をよく分析できていたので、試合開始直後から高い位置でプレーするように選手たちには伝えていました。1回目のチャンスをものにできたことにより、選手たちは自信をつけました。もっとチャンスがあったのでしっかり決めていればスコアはもっと広がったと思います。ただ日本も素晴らしいチームであり、たくさんチャンスを作っていたので、私たちも同じくらい失点する可能性はありました。後半は日本にボールを持たれてしまい、セネガルは後ろに重心がいってしまいましたが、逆にスペースができ、カウンターによって追加点を奪うことができました。試合は続きますが、パラグアイはフィジカルに長けたチームでありますし、簡単な試合にはならないと思います。集中して勝利をつかみ取りたいと思います。

FW #9 アリウ・バダラ・バルデ選手(セネガル/ディアンバルスFC)
集中して試合に入れたと思います。この試合は絶対に勝たなければならないと感じていました。監督の指示通りのプレーができたと思います。後ろに重心がかかっていた 日本チームに対し、自分が得意としているすばやく後ろに抜け出すプレーで2得点決めることができました。ワールドカップの前哨戦として、日本チームに勝利できたので、ワールドカップで戦うセネガルの代表選手にも頑張ってほしいです。

MF #18 パペ・マタル・サー選手(セネガル/ジェネラシオン・フット)
野心をもって試合に臨み、勝利を勝ち取るために頑張りました。初戦を落としてしまったので、取りこぼした勝点を取り返したいと思っていました。日本は技術が高く、非常に良いチームだと感じました。この大会を通して良い国際経験ができましたし、将来的に海外でプレーしたい気持ちが強くなりました。

 
U-16パラグアイ代表 vs U-16スペイン代表フルマッチ
 
U-16日本代表 vs U-16セネガル代表フルマッチ

U-16 インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN presented by 朝日新聞

大会期間:2018年6月13日(水)・6月15日(金)・6月17日(日) 
参加チーム:日本・セネガル・スペイン・パラグアイ
会場:[全試合入場無料] 宮城/ユアテックスタジアム仙台
大会情報はこちら
ライブ配信ページはこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー