JFA.jp

JFA.jp

EN

U-15日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-15 2019年 > 第16回デッレナツィオーニトーナメント TOP > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表、UAEに勝利して3連勝で準決勝へ ~第16回デッレナツィオーニトーナメント~

ニュース

U-15日本代表、UAEに勝利して3連勝で準決勝へ ~第16回デッレナツィオーニトーナメント~

2019年05月01日

U-15日本代表、UAEに勝利して3連勝で準決勝へ ~第16回デッレナツィオーニトーナメント~

第16回デッレナツィオーニトーナメント vs. U-15UAE代表
2019年4月30日(火) キックオフ時間18:00(現地時間) 試合時間70分(35分ハーフ)
Cesarolo(イタリア)

U-15日本代表 4-0(前半3-0、後半1-0)U-15UAE代表

得点
13分 斉藤柚樹(U-15日本代表)
17分 池谷銀姿郎(U-15日本代表)
28分 内藤大和(U-15日本代表)
56分 逢坂スィナ(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:佐賀鉄生
DF:藤田崇弘、池谷銀姿郎、高井幸大、伊藤大和
MF:山崎太新、楢原慶輝、浅岡飛夢、佐藤海空斗
FW:斉藤柚樹、内藤大和

サブメンバー
GK:宮本流維
DF:桐山龍人、植田悠太、鈴木吏玖
MF:坂井駿也、北野颯太、大迫塁
FW:鈴木大翔、逢坂スィナ

交代
HT 山崎太新 → 坂井駿也
HT 内藤大和 → 鈴木大翔
HT 池谷銀姿郎 → 鈴木吏玖
52分 楢原慶輝 → 逢坂スィナ

マッチレポート

U-15日本代表は第16回デッレナツィオーニトーナメントのグループリーグ最終戦となるU-15UAE代表との試合を4月30日(火)に行いました。昨日のロシア戦に勝利して既にグループリーグ首位突破を決めていた日本はそのままの勢いで準決勝に進めるように3連勝を目指して戦いました。森山監督からも「隙無く3連勝する。準決勝のピッチに立つのは俺だという気持ちを見せて戦う」と伝えられました。

昨日と同じ会場での試合となり、ピッチは非常に荒れた状態。開始直後は両チームともにボールコントロールに苦労して落ち着かない状況が続きます。しかし、段々とボールを繋げるようになった日本は13分に幸先よく先制します。左サイドをMF山崎太新選手が縦に突破しクロスを上げると、中央を駆け上がったFW斉藤柚樹選手が頭で合わせて得点を奪います。更に17分、FW内藤大和選手の突破からコーナーキックを獲得、このコーナーキックをDF池谷銀姿郎選手がヘディングシュートで決めて2-0とします。その後も日本が相手を攻める展開となります。28分にはスローインからのボールを受けたMF佐藤海空斗選手が中央からスルーパス、抜け出したFW内藤大和選手がGKと1対1になると、ループシュートを決めて前半を3-0で折り返します。

後半も日本が主導権を握りながら進め、幾度となくチャンスを作りますが最後の精度が低く得点を奪えません。また、相手のラフプレーにも苦しみます。しかし、56分に相手陣でボールを奪ったFW鈴木大翔選手がシュート。このこぼれ球をFW逢坂スィナ選手が決め、4-0とします。途中交代の2人がゴールという形で結果を残し、ゲームは終了しました。

3連勝でグループリーグを突破したU-15日本代表は明後日の5月2日(木)に準決勝をU-15オーストリア代表と戦います。

選手コメント

DF#6 伊藤大和 選手(京都サンガF.C.U-15)
3連勝で勢いを持って準決勝に行けることでチームの雰囲気もどんどん良くなっていきています。個人としては、守備のポジションはできているものの、そこからボールを取り切る球際の強さなどはもっと磨いていきたいです。世界を相手に戦うことで課題が出てきていますが、修正しながらチームに貢献していきたいです。そして、優勝という結果がついてくるような戦いが出来るようにがんばります。

DF#15 藤田崇弘 選手(セレッソ大阪U-15)
グループリーグ3戦目の相手はUAEでした。出発前のミーティングで首位通過が決まっている中でも油断をせず次に繋がるゲームをして、必ず勝とうと全員で意思統一をしてからグラウンドに向かいました。
グラウンドは芝が深く水が残っていましたが、全員で盛り上げながらプレーをして、崩しからの得点、コーナーキックからの得点など、前半で3点奪うことが出来ました。後半は相手陣でプレーすることが多くありましたが、UAEの粘りになかなか得点が奪えませんでした。しかし、その中でも1点を取れて4-0で試合を終えることが出来ました。UAEの球際への意識は強く、プレッシャーのかけ方や競り合いなどで色々な事を学べました。残り2試合、全員で戦い優勝したいです。

FW#9 斉藤柚樹 選手(清水エスパルスジュニアユース)
今日はグループリーグ3戦目、UAEとの試合でした。1位通過が決まっていた中でのUAE戦でしたが、スタメンもサブもみんなで声を掛け合いながら4-0で勝つことが出来ました。
チームの団結力がものすごく良くなってきて本当に良い雰囲気です。個人としてはまだまだ得点力不足なので、残りの試合でも必ず得点を取れるように準備して臨みたいです。

スケジュール

第16回デッレナツィオーニトーナメント
4月27日(土) AM トレーニング
4月28日(日) 5-3 グループリーグ第1戦 vs.U-15トルコ代表
(イタリア/Latisana)
4月29日(月) 2-0 グループリーグ第2戦 vs.U-15ロシア代表
(イタリア/Cesarolo)
4月30日(火) 4-0 グループリーグ第3戦 vs.U-15UAE代表
(イタリア/Cesarolo)
5月1日(水) TBC トレーニング
5月2日(木) TBC 準決勝 vs.U-15オーストリア代表
(イタリアorスロベニア)
5月3日(金) TBC トレーニング
5月4日(土) TBC 順位決定戦 (イタリアorスロベニア)
5月5日(日) TBC 未定

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第16回デッレナツィオーニトーナメント

大会期間:2019年4月27日(土)~2019年5月4日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー