JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-19フットサル日本代表 第2戦U-19香港代表との接戦を制し予選突破を決める【AFC U-20フットサル選手権2019予選(11/26-12/5@モンゴル)】

ニュース

U-19フットサル日本代表 第2戦U-19香港代表との接戦を制し予選突破を決める【AFC U-20フットサル選手権2019予選(11/26-12/5@モンゴル)】

2018年12月04日

U-19フットサル日本代表 第2戦U-19香港代表との接戦を制し予選突破を決める【AFC U-20フットサル選手権2019予選(11/26-12/5@モンゴル)】

AFC U-20フットサル選手権2019予選 vs U-19フットサル香港代表
2018年12月3日(月) キックオフ時間13:00 (現地時間) 試合時間40分(前後半各20分)
Buyant Ukhaa Sport Complex(モンゴル/ウランバートル)

U-19フットサル日本代表 4-2(前半2-0、後半2-2)U-19フットサル香港代表

得点
7分 大塚尋斗(U-19フットサル日本代表)
20分 山田慈英(U-19フットサル日本代表)
21分 失点
26分 失点
27分 大塚尋斗(U-19フットサル日本代表)
39分 山田慈英(U-19フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:田淵広史
FP:畠山勇気、大澤雅士、髙橋裕大、毛利元亮

サブメンバー
GK:伊名野慎
FP:木村優太、山田慈英、萩原真夏、本石猛裕、山田凱斗、大塚尋斗、橋本澪良、井口凛太郎

マッチレポート

12月3日(月)、U-19フットサル日本代表は、AFC U-20フットサル選手権2019予選の第2戦、U-19フットサル香港代表との一戦に臨みました。

初戦、マカオ代表に勝利した日本は、引き分け以上で予選突破を決められる状況ではあるものの、鈴木監督は「今日は相手の時間帯もきっとあるだろうが焦れずに我慢するところは我慢して、チャンスを伺おう。絶対に香港に勝って、予選突破を決めよう。」と選手をピッチへ送り出します。

前半、早い時間帯で先制点が欲しい日本でしたが、前日マカオに大勝した香港が気持ちを前面に出したプレーを見せ、なかなかシュートまで組み立てられません。苦しい時間帯が続く中、7分日本にチャンスが巡ってきます。初戦でハットトリックを達成した大塚尋斗選手がゴール前の混戦の中、貴重な先制点を奪います。その後は追加点を取らせまいとする香港のディフェンスに苦戦し、日本は攻めあぐねますが前半終了間際、こちらも初戦ハットトリックの山田慈英選手が追加点を奪い2-0で前半を折り返します。

後半、予選突破に向けて日本に勝つしかない香港が猛攻を仕掛けます。後半開始早々、相手に与えたフリーキックから失点を許すと、勢いに乗った香港は更に日本ゴールに迫り、その5分後に失点。2-2の同点に追いつかれます。

2点差に追いついた香港サイドは喜びを爆発させ、逆転を狙いますが日本は動じません。失点から1分後、大塚尋斗選手がこの日2点目となる貴重な勝ち越し弾をゴールネットに突き刺し、日本の勝利を大きく手繰り寄せます。そこからは互いに一歩も譲らない手に汗を握る展開が続きますが、後の無い香港に焦りが出始め、ミスが目立つようになります。相手ゴールキーパーが4秒ルールを取られ日本にチャンスが巡ってきます。そこで得た間接フリーキックの場面で山田慈英選手がダメ押しとなる4点目を奪い、試合を決定づけます。間もなくアリーナ内に試合終了を告げるブザーが鳴り響き、日本はAFC U-20フットサル選手権2019の出場権を獲得しました。

アジアの舞台でプレッシャーを跳ね除け、予選突破という目標を見事達成した日本代表に会場からは拍手が送られました。

監督・選手コメント

鈴木隆二 監督
AFC U-20フットサル選手権2019の出場権を獲得する事ができました。選手・スタッフ、またU-19フットサル日本代表を応援して下さった皆様に、心から感謝を申し上げます。来年6月に向けてまた準備をしたいと思います。

FP #8 橋本澪良 選手(岡山県作陽高)
今日香港に勝利して本戦への出場を決めることができました。本戦までの時間が限られているので、その中で自分の課題に取り組んだり、良い部分を伸ばしてまた代表メンバーに入れるようにしっかりと良い準備をしていきたいです。

FP #10 山田凱斗 選手(アグレミーナ浜松)
2連勝し本戦出場権を獲得できてホッとしています。苦しい時間帯もありましたが、全員が戦う気持ちを常に前のめりで戦えた結果が勝利に繋がったと思います。本戦までの期間、個人としてもより高いレベルに成長してまた選ばれるように頑張ります。現地まで来てくださった方々、また日本から応援してくださった方々本当にありがとうございました。

FP #12 木村優太 選手(エスポラーダ北海道)
今日の香港戦に勝利し本大会の出場を決めることができました。皆さん応援ありがとうございました。今日の試合は前日の試合とは違い、相手のペースになる事もありましたが我慢強く守ることができたのが、今日の試合の勝因だと思います。本大会でも代表に選ばれるようにチームに戻ってから頑張りたいと思います。

FP #13 大塚尋斗 選手(矢板中央高)
とても厳しい試合展開でしたが、チームがひとつにまとまって勝てたことはよかったです。一方でチームに課題はありますし、どの選手にも課題があると思うので、自分含め帰国後に各々がトレーニングを積んで、また本戦に呼ばれるように頑張りたいと思います。

FP #14 山田慈英 選手(Lido di Ostia/イタリア)
香港戦を終えて、試合展開としては苦しい時間帯がある中、しっかり戦いきることができ、予選を突破できたことを嬉しく思います。イタリアに戻り、また代表メンバーに招集されるようしっかりトレーニングを積んで準備しようと思います。

スケジュール

AFC U-20フットサル選手権2019予選
12月1日(土) 18-0 第1戦 vs. U-19フットサルマカオ代表
(Buyant Ukhaa Sport Complex)
12月2日(日) TBC トレーニング 
12月3日(月) 4-2 第2戦 vs. U-19フットサル香港代表
(Buyant Ukhaa Sport Complex)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー