JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表 ブラジル遠征 活動レポート(3/22)

ニュース

ビーチサッカー日本代表 ブラジル遠征 活動レポート(3/22)

2016年03月23日

ビーチサッカー日本代表 ブラジル遠征 活動レポート(3/22)

ビーチサッカー日本代表ブラジル遠征は5日目を迎え、昨日に引き続き午前と午後の2部練習を行いました。
これまでは午前中にフィジカルトレーニング中心のメニューで、午後に戦術的なトレーニングを行ってきましたが、今日は午前中から戦術的なトレーニングに多くの時間を費やしました。フィジカル的な負荷は前日までと比べ高くなかったのですが、システムの変更によってどのように攻撃していくのかといった、今度は頭の負荷が高いトレーニングを数多く行いました。

午後は、明日のフラメンゴ戦に向けて、キックオフ時やCKなど実際の試合の場面を切り取ったトレーニングで、チームの約束事やグループでのコンビネーションを確認しました。

この遠征も明日から後半に入り、強豪チームとの試合が多く組まれています。結果はもちろんですが、内容にもこだわって、今年のアジアビーチゲームズに良い形で繋げていきたいと思います。

選手コメント

齋藤正紀 選手(Vamos a la Casa)
まずこの遠征に快く送り出してくれた勤務先である学校と、JFAを始めこの遠征に関わっていただいた方々に感謝します。
初めてのブラジル遠征なので、この素晴らしい環境でプレーできることに喜びと、日本代表としての誇りを感じます。また素晴らしいチームメイトやスタッフとこの遠征を行えることに幸せを感じます。
今日で5日目を終えましたが、最後のブラジル代表戦に向けて、監督の考えやパウロGKコーチの指導をしっかり体現できるようにトレーニングを積み重ねていきたいと思います。また自分のストロングポイントである高さを活かした守備範囲の広さをアピールしていきたいです。

後藤将斗 選手(ドルソーレ北九州)
マルセロ監督になってから初めて代表に招集されたので良い緊張感を持ってブラジルに入りました。
ブラジルの環境は完璧でパウロGKコーチの元、自分のビーチサッカー選手としてのレベルをより高めていけると確信し、厳しい練習に取り組んでいます。代表としてのやり方や求めていることをしっかりと吸収し、チームに貢献してブラジル代表との試合に勝利したいと思います。

スケジュール

3月18日(金) PM トレーニング
3月19日(土) AM/PM トレーニング
3月20日(日) 4-2 トレーニングマッチ vs セントラルクラブ(コパカバーナ)
3月21日(月) AM/PM トレーニング
3月22日(火) AM/PM トレーニング
3月23日(水) AM トレーニングマッチ vs フラメンゴ(コパカバーナ)/PMトレーニング
3月24日(木) AM/PM トレーニング
3月25日(金) AM トレーニングマッチ vs ブラジル代表(コパカバーナ)
3月26日(土) AM トレーニングマッチ vs ブラジル代表(サン・ペドロ・ダ・アルデイア)
3月27日(日) AM トレーニングマッチ vs リオデジャネイロ州選抜(コパカバーナ)

※時間は全て現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー