btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表候補「00ジャパン」 静岡でトレーニングキャンプを開始

ニュース

U-16日本代表候補「00ジャパン」 静岡でトレーニングキャンプを開始

2016年02月12日

U-16日本代表候補「00ジャパン」 静岡でトレーニングキャンプを開始

今年初めての「00ジャパン」のトレーニングキャンプが静岡県藤枝市で始動しました。「00ジャパン」ことU-16日本代表は、今年9月にインドで開催されるAFC U-16選手権 インド 2016を勝ち抜いてFIFA U-17ワールドカップ2017に出場することを目指しています。

今回は2月末から続く海外遠征のためにコンディショニングの向上、およびチーム力の底上げ強化を目的としています。このトレーニングキャンプでは藤枝東高校、静岡学園高校、清水エスパルスユース、桐光学園高校と全国を代表する強豪チームと4連戦が予定されています。

2月11日(木・祝)の午前中に静岡県藤枝市へ集合した「00ジャパン」は、オープニングミーティングで森山佳郎監督から「AFC U-23選手権 カタール 2016でのU-23日本代表の活躍を見て刺激を受けない選手はいないと思う。この遠征で遠慮している選手は今後招集しない。日々の課題を意識して取り組んで来たか、サッカーと自分の行動に真剣に向き合い、自分の良さを積極的に発揮して欲しい」とアドバイスし、午後トレーニングに入りました。

小粥智浩、中馬健太郎コンディショニングコーチ2名が中心となって、ハートレートモニター(心拍計)を使用して脈拍を測り、自らのコンディションを確認するトレーニングから開始しました。その後、ボールを使ったパス練習、3対2、4対4+3フリーマンのトレーニングを実施。パスの精度やもらい方、攻守の切り替えを求めていきます。スタッフの指導にも熱が入り、初招集選手が戸惑った際には、プレーを何度も止めて理解するまで徹底的に指導していきます。その後は6対6、11対11と紅白戦に時間を割きました。所属チームの変更や受験などで普段トレーニングが十分できない選手もいる中で、選手たちは皆モチベーション高く、機敏かつ積極的なプレーを見せていました。

最後には体力強化の一環で筋力トレーニングも行いました。そこでも皆で声を掛け合い、良い雰囲気でトレーニングは終了しました。

夜には池川直志ドクターから食事や水分補給の摂取方法について学び、佐藤洋平GKコーチからAFC U-23選手権 カタール 2016での活動の報告がありました。選手たちは皆、U-23日本代表の活躍した映像を食い入るように見ていました。明日は午前・午後と2部トレーニングを予定しています。

*「00ジャパン」:2000年以降に生まれた選手たちで構成されたU-16日本代表チームの呼称

選手コメント

GK 高田侑真 選手(東山高)
過去の日本代表活動の遠征で1試合を通してプレーに関わり続けることを学びました。GKとして常にDFラインにコーチングし続けて、隙のない守備ができるように日々トレーニングしています。現前線への攻撃の組立に課題があるので、この遠征で一つ一つのプレーの質にこだわり、ファーストタッチの置き場やパスをもらう前の予測を意識して、課題を克服していきたいです。本日のトレーニングで積極的に課題にトライしたものの、納得したプレーは出せませんでした。気持ちを切り替え、取り組むべきことを整理して明日のトレーニングにポジティブに臨みたいと思います。

MF 粟野健翔 選手(ベガルタ仙台ジュニアユース)
今回の遠征で強豪チームと対戦できる機会があるので、自分のプレーの何が通用するのか、課題が何か見つけたいと思います。ここに招集されてきたチームメートは何かしら長所をもっているので、良いプレーを積極的に吸収していきたいと思います。本日のトレーニングでは自分の背後のスペースの意識が低かったので、明日のトレーニングでは視野をより広く、常に最適な判断ができるよう予測力を高めることを心掛けたいと思います。

MF 成瀬竣平 選手(名古屋グランパスU15)
AFC U-23選手権 カタール 2016の映像を見て、アジアのレベルの高さと球際や攻守の切り替えの早さを改めて感じました。今回の遠征ではゴール前で、攻守においてやり切ること、また、どんな相手に対しても1 対1で負けないことを学びたいです。初日からチームの雰囲気は良いです。明後日の試合に向けて、皆でコミュニケーションを多く取り、自分の特徴を発揮したいです。

FW 三国ケネディエブス 選手(青森山田中)
降雪の為、なかなか所属チームでは芝の上でプレーできていませんでしたが、筋力や走力トレーニングなどできることをしてきました。今回の遠征では自分の長所を発揮したいです。本日のトレーニングでは素早いプレスになかなかボールをキープできず慌ててしまう場面が多く反省しています。また、サイドバックが上がった際のクロスの受け方やタイミングはスタッフからアドバイスをもらったので、明日のトレーニングから積極的に実践していきます。ミスを恐れずにプレーしたいと思います。

スケジュール

2月11日(木・祝) PM トレーニング
2月12日(金) AM/PM トレーニング
2月13日(土) 9:30
15:00
練習試合  vs  藤枝東高校(藤枝東高校グラウンド)
練習試合  vs  静岡学園高校(藤枝東高校グラウンド)
2月14日(日) 10:30
14:00
練習試合  vs  清水エスパルスユース(裾野グラウンド)
練習試合  vs  桐光学園高校(裾野グラウンド)
2月15日(月) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

Official Partner

Official Supplier

Supporting Companies

JFA.jp SITEMAP