btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > セスノックでのトレーニング3日目 SAMURAI BLUE(日本代表)

ニュース

セスノックでのトレーニング3日目 SAMURAI BLUE(日本代表)

2015年01月06日

セスノックでのトレーニング3日目 SAMURAI BLUE(日本代表)

AFCアジアカップオーストラリア2015を控え、オーストラリア・セスノックにて最終調整しているSAMURAI BLUE。セスノックでのトレーニングも3日目を迎えました。

この日も地元クラブのLambton Jaffasの協力を得て、試合形式(30分×2)のトレーニングを行いました。

SAMURAI BLUEはGK西川周作選手、最終ラインに植田直通選手、吉田麻也選手、昌子源選手、太田宏介選手、中盤に今野泰幸選手、遠藤保仁選手、香川真司選手、前線は右に小林悠選手、左に清武弘嗣選手、中央に武藤嘉紀選手という布陣で臨みました。
序盤からボールを支配し、主導権を握るSAMURAI BLUE。しかし、相手守備陣の体を張ったプレーになかなかゴールを奪うことができません。19分、裏のスペースへ抜け出した武藤選手に最終ラインからのロングパスがつながり、そのままペナルティエリアへ侵入。武藤選手がシュートへと持ち込もうとしたところを相手選手に後方から倒され、PKの判定。これを遠藤選手が確実に決めて、先制点を奪い、1-0で試合を折り返します。

後半から遠藤選手に代わって中島翔哉選手、香川選手に代わって乾貴士選手がピッチへ。開始直後に中島選手のドリブルからのシュートで追加点を挙げると、それを皮切りに昌子選手、清武選手、乾選手、小林選手と立て続けにゴールを奪い、最後は再び乾選手がペナルティエリア左をドリブルで突破してゴールを奪い、これでタイムアップ。7-0で試合を終えました。

12月29日からここまでトレーニングを重ねてきましたが、明日6日は一日体を休め、回復に充てるようにとスタッフより指示があり、オフに変更となりました。選手たちは1日体を休め、また7日よりトレーニングを再開します。

選手コメント

今野泰幸 選手 (ガンバ大阪)
まだ4-3-3の戦い方を完璧に理解していませんが、これからすりあわせていきます。コンディション、気持ち、いずれもこれから更に高めて、大会に臨みたいと思います。

小林悠 選手 (川崎フロンターレ)
オーストラリアに入って、徐々にアジアカップを実感してきています。今日は自分の得意な形でゴールを取ることができてよかったです。みんなと話をしながら、自分の良さを分かってもらいたいと思います。違った色を出すことができれば、チームにとっても良いアクセントになれると思います。暑さに順応し、しっかりと準備をして大会に臨みたいです。

武藤嘉紀 選手 (FC東京)
まだ暑さに慣れていないので、早くコンディションを良い状態にしたいです。普段とは違うポジションでのプレーでも与えられた場所で力を出せるようにしたいです。試合に出場した際は、ゴールやアシストという形で結果を残し、チームの勝利に貢献したいと思います。  

JFA-TV

  • 1/5 今野泰幸 選手 インタビュー

  • 1/5 小林悠 選手 インタビュー

  • 1/5 武藤嘉紀 選手 インタビュー

フォトギャラリーはこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP