JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表 インターコンチネンタルカップ アメリカ代表戦

ニュース

ビーチサッカー日本代表 インターコンチネンタルカップ アメリカ代表戦

2014年11月07日

ビーチサッカー日本代表 インターコンチネンタルカップ アメリカ代表戦

ビーチサッカー日本代表 インターコンチネンタルカップ - 第3戦
2014年11月6日(水)   キックオフ16:15    試合時間  12分X3ピリオド
ドバイ・インターナショナル・マリン・クラブ(UAE/ドバイ)

ビーチサッカー日本代表   3-1(1st 2-0, 2nd 0-1, 3rd 1-0)   ビーチサッカーアメリカ代表

得点
3分    瀧口貴史 (日本)
7分    茂怜羅オズ (日本)
21分   失点 (アメリカ)
33分   後藤崇介 (日本)

スターティングメンバー
GK: 照喜名辰吾
FP:  當間正人、茂怜羅オズ、瀧口貴史、赤熊卓弥

サブメンバー
GK: 杉田哲司
FP:  牧野真二、後藤崇介、松尾那緒弥、大場崇晃

登録外メンバー
FP:尾田博文、原口翔太郎

マッチレポート

インターコンチネンタルカップも大会3日目を迎えました。グループステージ第3戦の相手はアメリカ。お互いにロシアとブラジルに敗れており、なんとしても1勝が欲しいチーム同士の対戦となりました。

マルセロ監督は試合前のミーティングで、「昨日はブラジルに敗れたわけじゃない。(5得点の)8番1人にやられた試合だった。実力を発揮すればブラジルとも互角に戦える力がある。」と選手たちが自信を持ってアメリカ戦に臨めるように話しました。

キックオフはこれまでの2試合より1時間15分早い16:15。陽はまだ高く、暑さと目に入る太陽光が気になる中、試合が始まりました。

試合が動いたのは開始わずか3分。GK照喜名辰吾選手が放ったシュートを瀧口貴史選手が胸で方向を変えて技ありのシュート。ロシア戦、ブラジル戦と出場機会のなかった瀧口選手のゴールで先制します。さらには茂怜羅オズ選手が長い距離のFKを見事に決めて2-0とし、リードして第1ピリオドを終えます。

しかし第2ピリオドはアメリカに1点を返され、2-1で最終第3ピリオドを迎えます。

第3ピリオドでは両チームともにチャンスを作るもののゴールが遠く、膠着状態が続きましたが、残り時間3分、GKとの1対1のチャンスに當間正人選手が落ち着いて放ったループシュートは惜しくもゴールバーを叩きますが、これを後藤崇介選手が押し込み試合を決定づける3点目を奪います。そして試合はこのまま終了。日本がグループステージ1勝をもぎ取りました。

グループBで3位となった日本は、明日グループA4位でホスト国のアラブ首長国連邦(UAE)と対戦します。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス 監督
今日の勝利を喜んでいます。この試合に関しては、選手たちを、特に若手選手を、勝利の義務感から開放し、のびのびとプレーさせるすることが重要でした。難しい試合でしたが、選手たちは2-0とした後、きっちりと試合をコントロールしてくれました。先の2試合に出場時間が少なかった選手たちにもプレーさせることができ、彼らのパフォーマンスにも満足しています。この大会、もちろん優勝を目指してやってきましたが、ロシアとブラジルに敗れて準決勝に進出できなかった以上、5位を目指すほかありません。その新たな目標に対し、選手たちは決意を新たに素晴らしいパフォーマンスを持って今日の試合結果を出してくれました。明日のUAE戦、選手たちにはビーチサッカーが本来持つ“楽しさ”を感じながらプレーしてもらいたいと思います。

杉田哲司 選手(湘南SPREAD1545)
第一戦、二戦と勝ちがない中で迎えたアメリカ戦でしたが、昨日のブラジル戦のあとから切り替えてチーム全体としてとして絶対に勝つ、勝てるという気持ちをもって試合に臨めたと思います。個人的には初めての国際大会の出場となりました。ピッチ上での時間は一分と短い時間でしたが、それ以上にビーチサッカーではベンチからの声かけやサポートが非常に重要になるのでピッチ外でもいかにチームのために動けるかを意識していました。残り二試合もチームとして勝ちを積み重ねていくために、プレーでも貢献できるように頑張っていきたいです。

大場崇晃 選手(ドルソーレ北九州)
今日のアメリカとの試合は、ロシア、ブラジル戦での守備の課題を修正しつつ、立ち上がりから日本らしいプレーができたと思います。ただ、個人として得点チャンスが非常に多かったにもかかわらずゴールを決めきることができずに3-1という結果になりました。もっとチャンスを確実に決めないと難しい試合になった時に勝利する事が出来ませんので、明日の試合では今日の試合で得た課題をしっかりと修正して、チームの勝利に貢献できるよう全力でプレーします。

スケジュール

11月2日(日) PM トレーニング
11月3日(月)   トレーニング
ビーチサッカーインターコンチネンタルカップ ドバイ2014
11月4日(火) 3-9 vs ロシア代表
11月5日(水) 4-7 vs ブラジル代表
11月6日(木) 3-1 vs アメリカ代表
11月7日(金) 18:45/20:00 準決勝
11月8日(土) 18:45/20:00 3位決定戦/決勝戦
11月9日(日)   トレーニング
11月10日(月) PM トレーニング
11月11日(火) PM トレーニング
11月12日(水)   トレーニング
第4回アジアビーチゲームズ
11月16日(日) 11:00 vs マレーシア代表(Saphan Hin Sports Center)
11月18日(火) 12:15 vs UAE代表(Saphan Hin Sports Center)
11月19日(水)   準々決勝(Saphan Hin Sports Center)
11月20日(木)   順位決定戦~準決勝(Saphan Hin Sports Center)
11月21日(金)   順位決定戦~3位決定戦~決勝戦(Saphan Hin Sports Center)
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー