JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表 インターコンチネンタルカップ開幕 世界王者のロシア代表と対戦

ニュース

ビーチサッカー日本代表 インターコンチネンタルカップ開幕 世界王者のロシア代表と対戦

2014年11月05日

ビーチサッカー日本代表 インターコンチネンタルカップ開幕 世界王者のロシア代表と対戦

ビーチサッカーインターコンチネンタルカップ ドバイ2014 第1戦
2014年11月4日(月)    キックオフ17:30試合時間    12分x3ピリオド
ドバイ・インターナショナル・マリン・クラブ(UAE/ドバイ)

ビーチサッカー日本代表   3-9(1st 1-5、2nd 2-2、3rd 0-2)   ビーチサッカーロシア代表

得点
4分    失点(ロシア代表)
8分    失点(ロシア代表)
9分    失点(ロシア代表)
9分    失点(ロシア代表)
9分    當間正人(日本代表)
9分    失点(ロシア代表)
14分   失点(ロシア代表)
18分   後藤崇介(日本代表)
18分   失点(ロシア代表)
20分   原口翔太郎(日本代表)
32分   失点(ロシア代表)
36分   失点(ロシア代表)

スターティングメンバー
GK:照喜名辰吾
FP:尾田博文、後藤崇介、茂怜羅オズ、原口翔太郎

サブメンバー
GK:杉田哲司
FP:牧野真二、當間正人、赤熊卓弥、大場崇晃

登録外メンバー
FP:瀧口貴史、松尾那緒弥

マッチレポート

ビーチサッカー日本代表は4日(火)、インターコンチネンタルカップの初戦をいよいよ迎えました。対戦相手は前回のワールドカップ王者で現在世界ランキング1位のロシア代表です。

昼食前に行ったミーティングでマルセロ監督は、「ロシア、ブラジルという強豪国と同じグループになったことを幸運だと思っている。なぜなら我々に必要なのはこうしたレベルの高いチームとの凌ぎ合いだからだ。」「日本代表も彼らと戦うに値する素晴らしいチームになってきている。」と選手たちを鼓舞します。ミーティングではロシア代表の特徴や、強豪国を相手に注意すべき点が話されました。

キックオフは17:30、スタジアムの周りにも影が目立ち始める時間です。

開始4分、いきなり試合が動きます。地力で勝る相手に一番やってはいけないのは“ミス”。それも自陣ゴール前で連携ミスを犯し、これを相手に決められて失点すると、8分、9分、9分とさらに立て続けて3失点してしまいます。第1ピリオドは當間正人選手のゴールで1点を返すにとどまり、1-5と大きくリードを許して第2ピリオドに臨みます。

第2ピリオドは、後藤崇介選手と原口翔太郎選手の見事なゴールで2-2と互角に渡り合うものの、ロシアの1点はこちらのミスを決められたものだっただけに悔やまれるピリオドになりました。

最終第3ピリオドも日本はまたもミスから失点し、終わってみれば3-9というスコアで、大きく水をあけられて敗れました。

思わぬ大敗に多くの選手が下を向くロッカールームでマルセロ監督は、「これまでやってきたことを思い出して戦え!持っている本当の力を見せてみろ!明日はこのままじゃないぞ!」と選手たちに檄を飛ばし気持ちを切り替えさせていました。

明日5日(水)はブラジル代表との試合に臨みます。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス監督
正直に言っていい試合ではありませんでした。パフォーマンスは低調と言わざるを得ません、もっともっと出来るはずです。序盤の4失点でこちらの戦略は打ち砕かれ、翻ってロシアはゲームをコントロールすることに神経を使えていました。今夜はゆっくり休んで明日のためにエネルギーを充填し、もう一度自信を取り戻し今日以上のパフォーマンスを見せてブラジルと戦いたいと思います。

茂怜羅オズ 選手(東京レキオスBS)
今日のロシア戦ではチーム全体のゲームの入り方が本当に最悪でした。いつもの日本代表のスピーディなサッカーをする事が出来ませんでした。今日のような相手、世界一のロシアでは自分たちのサッカーが出来ず…自分たちのミスから多くの点を取られてしまいました。1本目から立て続けに点を取られてしまい、2本目も3本目も先手を取られ相手を追いかける展開になってしまいました。明日も強い相手のブラジル戦があります。今日の試合の内容をしっかり反省し、明日に向けて、もう一度監督の指示をみんなで理解して、試合に臨みたいと思っています。

後藤崇介 選手(東京レキオスBS)
この時期に世界チャンピオンのロシアと公式試合を出来た事はとても良かったです。ただ自分達チームは、前回7月に行ったポルトガル戦の課題を何も改善できていませんでした。自分達のミスからの失点がほとんどでしたが、相手のミスを絶対に決めるロシアの決定力はさすが世界チャンピオンだと感じました。一方でチームは正直バラバラだと感じました。試合前や練習、ホテルでのチームの雰囲気はとても良いのですが、いざ試合になるとバラバラになり、意思疎通ができていませんでした。毎日練習している所属チームと違って日本代表は集まる時間が限られてます。でもその中でやるしかないのです。どんどん試合をこなしてコミュニケーションをとって、今日より明日、明日より明後日と常に成長していかなければなりません。だから本当に一つ一つの試合が大切です。明日はブラジル戦、チームが大きく成長できるチャンスです。もちろんゴールを決めて勝ちにいきます。

スケジュール

11月2日(日) PM トレーニング
11月3日(月)   トレーニング
ビーチサッカーインターコンチネンタルカップ ドバイ2014
11月4日(火) 3-9 vs ロシア代表
11月5日(水) 17:30 vs ブラジル代表
11月6日(木) 16:15 vs アメリカ代表
11月7日(金) 18:45/20:00 準決勝
11月8日(土) 18:45/20:00 3位決定戦/決勝戦
11月9日(日)   トレーニング
11月10日(月) PM トレーニング
11月11日(火) PM トレーニング
11月12日(水)   トレーニング
第4回アジアビーチゲームズ
11月16日(日) 11:00 vs マレーシア代表(Saphan Hin Sports Center)
11月18日(火) 12:15 vs UAE代表(Saphan Hin Sports Center)
11月19日(水)   準々決勝(Saphan Hin Sports Center)
11月20日(木)   順位決定戦~準決勝(Saphan Hin Sports Center)
11月21日(金)   順位決定戦~3位決定戦~決勝戦(Saphan Hin Sports Center)
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー