JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > フットサル 2018年 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 ドイツ相手に2-0で勝利を飾る!~欧州遠征(10/21 - 26@ドイツ/デュッセルドルフ 10/27 - 11/2@ポルトガル/リスボン)~

ニュース

フットサル日本代表 ドイツ相手に2-0で勝利を飾る!~欧州遠征(10/21 - 26@ドイツ/デュッセルドルフ 10/27 - 11/2@ポルトガル/リスボン)~

2018年10月27日

フットサル日本代表 ドイツ相手に2-0で勝利を飾る!~欧州遠征(10/21 - 26@ドイツ/デュッセルドルフ 10/27 - 11/2@ポルトガル/リスボン)~

国際親善試合 vs フットサルドイツ代表
2018年10月26日(金) キックオフ時間17:00 (現地時間) 試合時間40分(前後半各20分)
Castello Dusseldorf(ドイツ/デュッセルドルフ)

フットサル日本代表 2-0(前半1-0、後半1-0)フットサルドイツ代表

得点
2分 皆本晃(フットサル日本代表)
28分 西谷良介(フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:ピレス・イゴール
FP:皆本晃、吉川智貴、星翔太、西谷良介

サブメンバー
GK:関口優志
FP:内村俊太、安藤良平、滝田学、小門勇太、室田祐希、森村孝志、加藤未渚実、堀内迪弥

マッチレポート

フットサル日本代表は10月26日(金)、Castello Dusseldorfにてフットサルドイツ代表との国際親善試合第2戦を行いました。試合前日の25日(木)にはデュッセルドルフ日本人学校を訪問し、81名の中学生を対象に約1時間、フットサルを通して触れ合うことができました。ここに参加した多くの子どもたちが試合観戦に訪れ、選手たちを応戦してくれました。

そんな子どもたちの声援に応えたい日本代表は前半開始から、浮足立つドイツ代表の隙を見逃さず、皆本晃選手がゴール前で積極的に相手ボールを奪い、そこで得たこぼれ球からシュートを放ってコーナキックのチャンスを得ます。左コーナキックから吉川智貴選手が中央へ浮き球を送り、それを皆本選手が右足のダイレクトボレーで相手ゴールネットを揺らし、開始2分で先制点を奪います。その後、日本のリズムで試合全体をコントロールし、ゲームの流れを掴むも、ドイツ代表の体を活かした守備からのカウンター攻撃にチャンスを許す場面も見られます。日本はピレス・イゴール選手を中心に、集中した守備で失点を許しません。後半、ギアを入れ直した日本がテンポよくボールを回し、戦術的にも相手にチャンスを与えずゲームをコントロールしていきます。すると28分、左サイドでセットプレーのチャンスを得た日本は、吉川選手のパスから西谷良介選手が左足一閃、グラウンダーのシュートでゴールネットを突き刺し2点目を奪います。

対するドイツも得点を奪いにゴール前への圧力をかけてきますが、日本は落ち着いて対処し失点を許さずこのまま2-0で試合は終了。ドイツとの第1戦で無得点に終わった課題を克服し、決定力を見せた日本が勝利を飾りました。

試合には1,826名の観客が訪れ、会場は熱気に溢れていました。日本代表はこの後リスボンへ移動し、30日(火)、31日(水)とポルトガル代表と親善試合2試合を行います。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
ドイツ代表との2試合は非常に実りある試合になりました。相手はフットサルに取り組み始めたばかりのチームでしたが、コンペティティブで非常に組織された好チームでした。日本との体格差、個の能力の高さがあることは分かっていましたが、日本代表は試合を支配しながらゲームを推し進め、勝利を飾ることができました。特に今日の試合では戦術的にも相手より優れた内容ではあったと評価しています。翌日からポルトガルへ向かいますが、現ヨーロッパチャンピオンと勝負することができます。非常に緻密で精度の高いチームとの対戦になります。我々にとってもこれまで以上に要求レベルが高い試合が繰り広げられるはずで、良い機会になるよう取り組んでいきたいと思います。

GK #2 ピレス・イゴール 選手(ペスカドーラ町田)
今日のドイツとの試合は2-0で勝つことができました。前回は決定力が課題でしたが、しっかり決めて勝てたことはチームにとってとても良かったです。現地の多くの日本人の方々が応援に来てくれて、すごくパワーをもらえました!本当にありがとうございました!

FP #5 皆本晃 選手(立川・府中アスレティックFC)
相手も我々のスタイルに慣れてきて、第1戦より難しい試合になりました。そんな中でもアウェーでしっかり勝てたことは大きかったと思います。個人的にも今季から取り組んでいるセットプレーからのボレーシュートで勝利に貢献できて良かったです。ただ流れの中から得点が取れていないので、そこも改善できるように取り組んでいきたいと思っています。現地の日本人の方がたくさん応援に来てくれて大きな力になりました。本当にありがとうございました。

FP #14 西谷良介 選手(名古屋オーシャンズ)
ドイツ代表との1試合目で出た課題を修正しつつ、良かった部分は継続すること、そして絶対に勝利を掴み取ろうとチームで結束を固めて挑みました。結果、勝利できたことは良かったと思います。自分自身も1得点することができましたが、チャンスはその他にもあり、決め切ることができませんでした。悔しさが残ります。会場には、現地在住の日本人の方々がたくさん応援に来て下さいました。非常に自分たちの力になり心強かったです。勝利をお届けすることができて良かったです。

スケジュール

10月22日(月) AM/PM トレーニング
10月23日(火) AM/PM トレーニング
10月24日(水) 0-0 国際親善試合 vs. フットサルドイツ代表 ※一般非公開
10月25日(木) AM トレーニング
10月26日(金) AM トレーニング
2-0 国際親善試合 vs. フットサルドイツ代表(Castello Dusseldorf)
10月28日(日) AM/PM トレーニング
10月29日(月) AM/PM トレーニング
10月30日(火) AM トレーニング
19:00 国際親善試合 vs. フットサルポルトガル代表(Hall Torre da Marinha)
10月31日(水) AM トレーニング
19:00 国際親善試合 vs. フットサルポルトガル代表(Hall Torre da Marinha)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー