JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2018年 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表、ハンガリーで活動を開始~バラトンビーチサッカーカップ2018~

ニュース

ビーチサッカー日本代表、ハンガリーで活動を開始~バラトンビーチサッカーカップ2018~

2018年08月16日

ビーチサッカー日本代表、ハンガリーで活動を開始~バラトンビーチサッカーカップ2018~

ハンガリーにある中央ヨーロッパ最大の湖・バラトン湖畔で開催されるバラトンビーチサッカーカップ2018に出場するビーチサッカー日本代表は、8月13日(月)の深夜に羽田空港を出発し、ドーハ経由で現地時間の14日(火)昼にハンガリーの首都ブタペストに到着しました。

ブタペスト空港からバスで1時間半ほどかけて開催都市であるシオフォクのホテルに到着後軽食をとり、早速試合会場で今回の遠征初のトレーニングを実施しました。

はじめにラモス瑠偉監督から「前回のポルトガル遠征では初戦の入り方が良くなかったので、その反省を活かすためにも初日からしっかりコンディションを調整していこう」と話があり、トレーニングに入りました。最初は長距離移動の疲れをほぐすためにも軽いジョギングやストレッチ、ボールフィーリング等でウォーミングアップをし、最後にシュート練習を行って、約1時間のトレーニングを終えました。

翌15日(水)は、今回唯一の二部練習を実施しました。午前中のトレーニングでは、シュート練習を行ったあとは、5分×3本の短い紅白戦で実践練習を行いました。

午後のトレーニングは、午前同様にウォーミングアップの後にシュート練習を行い、最後に5分×4本の紅白戦を実施しコンビネーションやチームとしての戦術を確認しました。

16日(木)は公式練習を行い、17日(金)のアメリカ代表戦に向けて準備を行います。

選手コメント

GK #1 河合雄介 選手(東京ヴェルディBS)
今日のトレーニングが始まる前に、監督とコーチから海外での合宿中に試合をするという感覚ではなく、試合に勝つために遠征に来ていることをチーム全員で再確認しました。午前と午後に紅白戦をしましたが、短い時間の中で選手間のコミュニケーションをとりながらプレーをし、明後日の試合に向けて良い形を作ろうとしていました。アメリカとハンガリーは以前試合をしたことがありますが、チェコと試合をした経験はないので未知の部分はありますが、しっかり自分たちのやりたい戦術を実行して全勝して帰れるように頑張りたいと思います。

FP #2 坪谷亮太 選手(ソーマプライア沖縄)
ハンガリーに着いて長距離移動だったため時差ボケも疲れもありましたが、1日目、2日目とトレーニングを積んで、コンディションが上がってきました。海外でのトレーニングや大会は初めてなので、わからないことだらけでしたが、チームメイトやスタッフの方々に気にかけていただき、雰囲気にもだいぶ慣れてきました。トレーニングでは遠慮して自分のプレーが出来ていない部分が多くあったので、自分から積極的にプレーすると共にチームメイトとのコミュケーションを取っていきたいです。今大会、優勝するにも自分が出来ることを精一杯やってチームに貢献できるよう頑張りたいと思います。

スケジュール

8月14日(火) PM トレーニング(TBC)
8月15日(水) AM/PM トレーニング(TBC)
8月16日(木) PM 公式トレーニング(シオ―フォク)
バラトンビーチサッカーカップ2018
8月17日(金) 13:30 第1戦 vs アメリカ代表(シオ―フォク)
8月18日(土) 13:30 第2戦 vs チェコ代表(シオ―フォク)
8月19日(日) 16:15 第3戦 vs ハンガリー代表(シオ―フォク)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

バラトン ビーチサッカー カップ 2018

大会期間:2018/8/17(金)~2018/8/19(日)

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー