JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2016年 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表 ブラジル遠征 フラメンゴとの練習試合に勝利

ニュース

ビーチサッカー日本代表 ブラジル遠征 フラメンゴとの練習試合に勝利

2016年03月25日

ビーチサッカー日本代表 ブラジル遠征 フラメンゴとの練習試合に勝利

練習試合 vs フラメンゴ
2016年3月23日(水) キックオフ時間 9:00 試合時間 15分×3(延長3分×1、PK戦 )
コパカバーナビーチ(ブラジル/リオデジャネイロ)

ビーチサッカー日本代表 5-5(1本目2-1、2本目2-2、3本目1-2、延長0-0、PK2-0)フラメンゴ

得点
1分 大場崇晃(ビーチサッカー日本代表)
11分 失点(フラメンゴ)
14分 赤熊卓哉(ビーチサッカー日本代表)
19分 後藤崇介(ビーチサッカー日本代表)
22分 失点(フラメンゴ)
25分 赤熊卓哉(ビーチサッカー日本代表)
28分 失点(フラメンゴ)
40分 失点(フラメンゴ)
43分 失点(フラメンゴ)
45分 大場崇晃(ビーチサッカー日本代表)

スターティングメンバー
GK:照喜名辰吾
FP:茂怜羅オズ、田畑輝樹、後藤崇介、大場崇晃

サブメンバー
GK:後藤将人、齋藤正紀
FP:當間正人、奥山正憲、松尾那緒弥、赤熊卓哉、西口佳祐、中原勇貴

マッチレポート

ブラジル遠征6日目を迎えたビーチサッカー日本代表は現地時間の23日、フラメンゴと練習試合を行い、延長戦まで戦って5-5の同点で勝負がつかず、PK戦で勝利しました。

試合は第1ピリオドのキックオフから動きます。試合開始のホイッスルが鳴った直後、茂怜羅オズ選手のパスに走り込んだ大場崇晃選手が1タッチで右足を振り抜くとボールはそのままゴールへ吸い込まれ、いきなり日本が先制します。その後も日本ペースで試合が進み、チャンスも多く作っていましたが、相手のFKから同点にされてしまいます。しかし日本は第1ピリオド終了間際にGK照喜名辰吾選手のシュートを赤熊卓弥選手が頭でコースを変え、勝ち越しに成功します。

第2ピリオドに入っても日本のペースは変わらず、前日までのトレーニングで繰り返し行ってきたコンビネーションやセットプレーで数多くのチャンスを作ります。そして4分には後藤崇介選手がPKを落ち着いて決めリードしますが、その直後に相手のミドルシュートがイレギュラーして決められてしまいます。その後も両チーム1点ずつ決め一進一退の試合が続きます。

第3ピリオドでは相手に一時勝ち越しを許しますが、大場選手の見事なオーバーヘッドシュートで同点にして、同点のまま試合は延長戦に突入します。

しかし3分間の延長戦では、お互いにチャンスを作れず、PK戦へと進みます。

先行のフラメンゴは1人目のキッカーをGK後藤将斗選手がシュートコースを読みセーブし、2人目は相手が枠を外したのに対して、日本は2人とも落ち着いて決め、PK戦を2-0で制しました。

今日の試合もチャンスを多く作っていましたが、まだまだゴールを決めきれていない場面が多くありました。今日出た課題を明日のトレーニングで修正し、明後日25日からブラジル代表との2連戦に臨みます。

監督・選手コメント

マルセロ・メンデス 監督
今日は前回よりも強い相手でしたので、簡単な試合ではありませんでした。選手たちはチームの戦術を理解し、試合をコントロール出来ていましたし、第2ピリオドまでスコアは常に相手をリードしていました。しかし第3ピリオドでは自分たちのミスで相手にチャンスを与えてしまいました。その中でも良かったことは、相手にリードされながらもよく集中して同点に追いついたことだと思います。私たちは守備の修正をしなければいけませんし、簡単に決められるチャンスを確実にものにしなければいけません。それが修正できればもっと簡単に試合を進められると思います。今日の相手であるフラメンゴはブラジル代表選手や世界チャンピオン経験者がいる素晴らしいチームです。今日はとても貴重なテストとなりました。

田畑輝樹 選手(東京レキオスBS)
今日の試合は勝利しましたが、1試合目と同様に得点チャンスを確実に決められなかった点は改善しなければいけません。相手が強くなればなるほどチャンスが少なくなるので、確実に決められるように一人ひとりが意識を持ってやっていけたらと思います。明後日からのブラジル代表戦に向けてしっかり準備し、結果にこだわっていきたいです。

松尾那緒弥 選手(アヴェルダージ熊本BS)
今日の試合は練習してきたキックオフからの得点で立ち上がりから良いペースで試合を運ぶことが出来ました。全体的にもボールを動かしながら常に日本のリズムでプレー出来たと思います。しかし、ビーチサッカー特有のフリーキックでの失点が多く、海外選手のフリーキックの精度の高さを痛感した試合でした。しかし、この練習試合で改めてファールを与えてはいけない事を再確認できました。次のブラジル戦ではその課題を修正してしっかり勝ちたいと思います。

スケジュール

3月18日(金) PM トレーニング
3月19日(土) AM/PM トレーニング
3月20日(日) 4-2 トレーニングマッチ vs セントラルクラブ(コパカバーナ)
3月21日(月) AM/PM トレーニング
3月22日(火) AM/PM トレーニング
3月23日(水) 5-5
(PK:2-0)
トレーニングマッチ vs フラメンゴ(コパカバーナ)/PMトレーニング
3月24日(木) AM/PM トレーニング
3月25日(金) AM トレーニングマッチ vs ブラジル代表(コパカバーナ)
3月26日(土) AM トレーニングマッチ vs ブラジル代表(サン・ペドロ・ダ・アルデイア)
3月27日(日) AM トレーニングマッチ vs リオデジャネイロ州選抜(コパカバーナ)

※時間は全て現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー