JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン ラウンド16の開催地・バンクーバーへ移動、対戦相手はオランダに決定

ニュース

なでしこジャパン ラウンド16の開催地・バンクーバーへ移動、対戦相手はオランダに決定

2015年06月18日

なでしこジャパン ラウンド16の開催地・バンクーバーへ移動、対戦相手はオランダに決定

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015のグループステージ最終戦・対エクアドル戦から一夜明け、なでしこジャパンは17日(水)、ラウンド16の試合が行われるバンクーバーへと入りました。

チームは午前中、ウィニペグ市内で、試合出場の長かったメンバーと短かったメンバーに分かれてプールトレーニングやジョギングなどのメニューをこなし、午後、空路でバンクーバーへと移動しました。

この日は他会場でグループステージの残り4試合が行われ、ノックアウトステージ進出を決めたチームがすべて出揃いました。この結果、各グループの2位までと、各グループ3位のなかから、オランダ、スイス、スウェーデン、コロンビアがラウンド16に進出。日本の対戦相手は、グループAを3位で通過したオランダ女子代表に決定しました。

グループステージはいずれも中3日で行われてきた試合ですが、23日(火)に行われるオランダとの一戦は、中6日で迎えることになります。佐々木監督は「さらに気を引き締めて、チーム一丸で準備を進めたいと考えています。中6日あることを活用してもう一度整理すべきことを整理し、自分たちの足元をしっかりと見つめて、プレーの質を高めていきたい」とノックアウトステージを見据えて語っていました。

18日は心身のリフレッシュを目的としたオフに充て、19日からオランダ戦に向けたトレーニングを再開します。

監督コメント

佐々木則夫 監督
オランダは前線に個性のあるアタッカーを揃え、モダンなサッカーをする印象があります。欧米の新鋭として、質の高いチームです。我々も自分たちのサッカーを出して、次のステップへと進出し、勢いを出していきたいです。リハビリをしていた選手も含め、チームのコンディションは上がってきています。全勢力をかけて、チーム一丸となってノックアウトステージを戦い、一戦一戦ステージを上げていきたいと思います。

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015

決勝トーナメント  ラウンド16
なでしこジャパン(日本女子代表) vs オランダ
日本時間 6/24(水)11:00 キックオフ(予定)

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー