JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 2019 SheBelieves Cup TOP > 最新ニュース一覧 > 大会2試合目の開催地、テネシー州ナッシュビルに到着 ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

ニュース

大会2試合目の開催地、テネシー州ナッシュビルに到着 ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

2019年03月01日

大会2試合目の開催地、テネシー州ナッシュビルに到着 ~なでしこジャパン 2019 SheBelieves Cup(2/27-3/5@アメリカ)

2019 SheBelieves Cupに出場しているなでしこジャパンは、28日(木)、午前にジムでリカバリートレーニングを行った後にテネシー州ナッシュビルに移動しました。

前日の27日(水)に行われた大会初戦のアメリカ女子代表戦で2-2と引き分けたなでしこジャパンは中2日で第2戦のブラジル女子代表戦に臨むこともあり、この日は移動を前に疲労回復に時間を割きました。先発メンバーや途中交代で出場した選手はトレッドミルやバイクを使って体を動かし、他のメンバーも軽く汗をかく程度に動きました。

チームは昼食後に空港に移動し、飛行機で2時間半ほど南下、ブラジル女子代戦の開催地であるアメリカ南部の街・テネシー州ナッシュビルに到着しました。選手・スタッフが日々「寒い」と口にしていた極寒のフィラデルフィアから寒さも和らぐこの街は、音楽業界の中心地として知られ、「ミュージック・シティ」というニックネームの通り、空港では数多くのギターが訪問者を出迎えていました。

ホテルにチェックインして夕食後にはアメリカ女子代表戦を振り返るミーティングを行いました。失点した場面を映像で見ながら、高倉麻子監督は選手たちに、その時何をすべきだったか問います。選手たちは自分のプレーを振り返り、「コミュニケーションで解決できたかもしれない」「ポジショニングが中途半端だった」「守り方をもっと共有したい」など、具体的にそのシーンを分析して課題の解決策を探ります。アメリカのような強豪を相手にエラーが重なると失点につながることを心に留めながら、次戦でいかにエラーを減らすか、チーム全体で課題を共有する時間となりました。

2019 SheBelieves Cup第2戦ブラジル女子代表戦は3月2日(土)13:00(日本時間翌3日(日)4:00)キックオフ予定で、BSフジで生中継されます。

選手コメント

DF #12 大賀理紗子 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
(なでしこジャパン初出場の試合を振り返り、)最初はとても緊張していました。海外勢と戦った経験もほぼなく、アメリカ戦で感じたスピードや当たりの強さは思っていた以上でした。しかし、プレーを続けていくうちに我に返ると、自分が試合を楽しんでいることにも気付きました。左サイドバックで途中出場しましたが、このポジションは高校の時に経験があるものの、当時は右だったので、すべてが逆で少し戸惑いもありました。まずは守備を頑張ろうと思い入りましたが、相手の23番が衝撃的に速く、一瞬のスピードがこれまで経験したことないほど違いました。試合中に何回もやられてしまいましたが、1対1で対応できた場面もあり、そこは手応えを感じられた部分でもありました。この後にブラジル戦、イングランド戦と続きますが、アメリカ戦で多少つかめた感覚や間合いもあるので、同じような場面が来た時に対応できるようにチャレンジして先につなげていきたいと思います。

FW #11 小林里歌子 選手(日テレ・ベレーザ)
アメリカは対戦していて、圧がすごかったです。試合中に自分で相手の圧を感じてしまっていた部分があったので、もう少しボールに数多く触って自分の中でリズム作れればもっと出来たかなと思います。試合中はボールの引き出し方や受けるタイミングなど、普段通りに出来なかったのですが、映像で見てみて、ボールをもっと動かしてタイミングを取りながら攻撃することができればよかったと思います。後2試合ありますので、アメリカ戦で感じたことを改善して、いい流れの中で得点できればと思います。

FW #13 池尻茉由 選手(水原WFC/KOR)
なでしこジャパンでの初めての試合は、純粋に楽しかったです。完全アウェイの中、数多くの観客など試合の雰囲気がとても良かったです。試合に出れるかなと思っていましたが、実際に声がかかった時は「よし」と思いました。世界一のアメリカと戦ってみて、スピードもあるし、フィジカルも強いし、普段守備してる時に奪えているようなボールも奪えなかったりなど、普段感じないレベルでした。シュートの場面で、焦ってしまって少し早く打ってしまったことを後悔しています。巡ってきた数少ないチャンスを決めていれば勝てたかもしれない試合でしたので、FWとして責任を感じています。福島でのトレーニングからボールの引き出し方やクロスの対応に取り組んできて、そこをうまく実践できれば得点も取れるし攻撃の起点になれると思うので、次の試合こそは確実にゴールを奪って結果を残したいです。

スケジュール

2019 SheBelieves Cup
2月27日(水) 2-2 第1戦 vs. アメリカ女子代表(Talen Energy Stadium)
2月28日(木) AM トレーニング
3月1日(金) PM 公式練習
3月2日(土) 13:00 第2戦 vs. ブラジル女子代表(Nissan Stadium)
3月4日(月) PM 公式練習
3月5日(火) 17:25 第3戦 vs. イングランド女子代表(Raymond James Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

2019 SheBelieves Cup

大会期間:2019年2月27日(水)~2019年3月5日(火)
日本戦全3試合をBSフジにて生中継予定
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー