JFA.jp

JFA.jp

EN
  • 伊賀フットボールクラブ くノ一
  • ヴィアティン三重
  • 鈴鹿ポイントゲッターズ
  • FC.ISE-SHIMA
  • みえ高田FC
  • 伊勢YAMATO倶楽部
  • ルートインホテルズ
  • おざき鍼灸接骨院
  • ヴィアティン三重ビーチサッカー
  • サッカーゴールショップ・Fungoal
  • ロータスクラブ 三重
  • Hibrid-Turf 住友ゴム工業(株)/(株)住ゴム産業
  • 三重県営 サンアリーナ
  • 株式会社日本グリーン
  • 株式会社アストロ(三菱ケミカルグループ)
  • 伊勢新聞
  • 株式会社エイティ-
  • ヴィアティン三重レディース
  • 株式会社 山川測量設計コンサル
  • ハヤシ住宅株式会社
  • 株式会社一十
  • エス・エヌ・ケー・テクノ株式会社
  • 新日本技研株式会社
  • 税理士法人Mパートナーズ
  • 株式会社ヨシザワ
  • (株)髙伸サービス
2018年度 三重県シニアサッカーリーグ戦
2018年度 三重県シニアサッカーリーグ
2018/4/15(日)~2018/12/2(日)

大会要項

大会名

三重県シニアサッカーリーグ戦

主催

三重県サッカー協会シニア委員会

主管

シニア委員会県リーグ運営理事会

運営方法

・40リーグ

前期リーグ:2ブロックに分けリーグ戦を実施する
後期リーグ:上位・下位のリーグ戦を実施する

・50リーグ

2回戦総当り

・60対抗戦

3回戦

・リーグ戦の勝ち点

勝ち:3点 引き分け:1点 負け:0点

・リーグ戦の順位決定方法

40リーグ
・前期リーグ順位決定方法
 ① 勝ち点
 ② リーグ戦全試合の得失点差
 ③ リーグ戦全試合の総得点数
 ④ 当該チーム間の対戦成績
 ⑤ 抽選
・4位のチームの上位下位決定方法
 ① 勝ち点
 ② 前期リーグ戦全試合の得失点差
 ③ 前期リーグ戦全試合の総得点数
 ④ 抽選
・後期リーグ順位決定方法
 ① 後期リーグの勝ち点+前期リーグの勝ち点
 ② 後期リーグ戦全試合の得失点差
 ③ 後期リーグ戦全試合の総得点数
 ④ 対戦成績でも順位が決まらない場合は、同順位とする
注)下位リーグの勝ち点が上位リーグの勝ち点を上回る事が発生しても順位はかわらない

50リーグ・60対抗戦
 ① 勝ち点の多い順
 ② 得失点差の多い順
 ③ 総得点の多い順
 ④ 対戦成績で勝チーム
 ⑤ 対戦成績でも順位が決まらない場合は、同順位とする

競技規則

公益財団法人日本サッカー協会の競技規則による

1. 試合時間

・40リーグ 50分<25-5-25>ゲームとする
・50リーグ 50分<25-5-25>ゲームとする
・60リーグ 50分<25-5-25>ゲームとする

2. 選手交代

交代の人数制限は無い(一度退いた競技者も再び出場できる)

3. 反則行為
  • ・退場(レッドカード)を命じられた選手は、次の1試合に出場する事が出来ない
    それ以降の処置についてはリーグ運営理事会規律委員会で決定する
  • ・同一試合で2回警告を受けた選手は、次の1試合に出場する事が出来ない
    (累積管理はしない)

参加資格

・40リーグ

40歳以上(当該登録年度最終日(3月31日)現在の年齢となる)
但し36歳~38歳についてはリーグ運営理事会で登録が 認められた場合、参加できる(試合当日現在の年齢とする) 1種登録者については出場可とする

・50リーグ

50歳以上(当該登録年度最終日(3月31日)現在の年齢となる)
但し48歳についてはリーグ運営理事会で登録が認められた場合、参加できる(試合当日現在の年齢とする)

・60リーグ

60歳以上(当該登録年度最終日(3月31日)現在の年齢となる) 但し58歳についてはリーグ運営理事会で登録が認められた場合、参加できる(試合当日現在の年齢とする)

・規程年齢に達しない選手について試合に出場可能なのは3人までとする

選手登録

  • 1. シーズン中の追加登録については、リーグ運営理事会(理事長)に報告した時点から選手として活動できる
  • 2. シーズン中の選手移籍については、当該チーム代表者の了解した旨の書面を添付しリーグ運営理事会に報告した時点から選手として活動できる

表彰

・40リーグ 優勝・準優勝・3位を表彰する 下位リーグ1位を表彰する
・50リーグ 優勝・準優勝を表彰する
・60リーグ 優勝を表彰する

審判

・審判は資格保有者もしくは認定審判員がすること

その他

  • 1. 落雷の恐れがある場合は即刻試合を中断し安全な場所へ避難する
    会場当番は審判と協議し試合開始時間の変更または中止を決定する
    (試合の成立は前半終了時点とする)
  • 2. 夏場熱中症の恐れがある気温の場合、会場当番が各チーム代表を招集し注意を喚起する事
  • 3. 給水タイムについては、天候の状況を見て審判と会場当番で協議し決定する
  • 4. リーグ戦に参加する者は、スポーツ傷害保険に加入していること
    また試合中の障害等に対する責務は一切負わない
  • 5. 加盟チームが規約・要項に違反した場合はリーグ運営理事会で審議裁定する
  • 6. 試合を人数不足等により 棄権する場合は0対11で負けとする
    但し試合を棄権しても審判としての割り当て試合は行う事とする
    棄権についての処罰(リーグ戦最下位等)は課さないが棄権が複数日になると規律委員会で審議裁定する
  • 7. リーグ戦参加チームは年間試合計画の中で県リーグを最優先にすること

(付則)この要項は平成29年4月1日より施行する

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー