btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > プレミアリーグ > 最新ニュース一覧 > 神戸が首位の座を守り、4年ぶりの優勝! 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 第18節

ニュース

神戸が首位の座を守り、4年ぶりの優勝! 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 第18節

2017年12月11日

神戸が首位の座を守り、4年ぶりの優勝! 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST 第18節

ピックアップマッチ

阪南大学高校 0-1(前半0-0、後半0-1)ヴィッセル神戸U-18

高円宮杯U-18プレミアリーグWESTの最終戦が12月10日(日) に一斉開催。勝点で並び、得失点差1で首位に立つヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、6位の阪南大学高校(大阪)と対戦しました。

多くの観客が見守る中で行なわれた最終戦。序盤から主導権を握ったのは、「WESTの主役になろう」と野田知監督に鼓舞された神戸でした。「守備のバランスを崩さず、得点を取りにいく」というプラン通り、テンポ良くパスを回しながら、FWとサイドを起点にゴール前に攻め込みます。

35分には混戦から船越大夢選手(MF #8)が倒れ込みながらシュートを打ちますが、阪南大高GK太田航生選手(#21)がキャッチ。40分には佐々木大樹選手(MF #13)が180cmの長身を生かした打点の高いヘディングを放ちますが、枠を捉えることができません。

一方の阪南大高は人数をかけて中央を固め、体を張って跳ね返します。クリアボールには前線の和田育選手(FW #23)、福羅光希選手(FW #9)が走り込み得点を狙います。

互いに攻撃の持ち味を出しますが、両チームともに守備陣が高い集中力を保ちスコアレスで前半を折り返します。

先に動いたのは神戸でした。後半頭から切り札である秋山駿選手(FW #9)を投入し、攻撃を活性化させます。しかし「後半の立ち上がりは少し浮ついたところを感じた」(野田監督)と阪南大に速攻からチャンスをつくられます。

「前にうまく蹴り出せなかったのがピンチを招いた原因。でもそこでも落ち着いて失点しなかったことが結果につながりました」と前川智敬選手(DF #2)が語った通り、続けざまのピンチをしのいだ神戸に、84分、待望の先制点が生まれます。

CKの跳ね返りを、船越選手が素早く中に蹴り入れると、佐々木選手と前川選手が相手DFと競り合いながらゴール前に飛び込みます。「佐々木選手とかぶっていたのですが、いいところにボールが来ました。今季は1点も取れていなかったので、気持ちで頭を押し込みました」と振り返る前川選手のヘディングシュートがゴールに吸い込まれました。

「1点じゃ足りない。喜んでいる暇はない」(前川選手)と、その後も神戸は攻撃の手を緩めることなく追加点を狙いにいきます。しかし、アディショナルタイムに入り、2位のサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)の試合が1-0で終わったことを受け、野田監督は逃げ切りを指示。落ち着いて時計の針を進めて、1-0で完封。神戸が4年ぶりに“WESTの主役”の座を射止めました。

この結果、優勝した神戸は12月17日(日)に「高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 チャンピオンシップ」で、日本一の座を懸けてEASTを制したFC東京U-18と対戦します。前川選手は「FC東京は中学の高円宮杯でも、今年のJユースでも負けている。3年間ずっと勝ちたいと思っていた相手がCSに来てくれた」と雪辱を誓いました。

監督・選手コメント

濵田豪 監督(阪南大学高校)
勝てるチャンスがあったので残念ですが、最後にこうしてホームで、緊張感がある中でサッカーができるのは幸せなことです。それをいい方向にとらえてプレーできたと思います。相手にプレッシャーがかかっている中、時間が経てば経つほどチャンスがありましたが、そこで決めきれないのが今年のこの選手たちの課題でもあります。守備では、最後は足がつって大変でしたが、選手がしっかり頑張りました。攻撃面でも割り切って、前線の選手の良さが出せたと思います。

DF #4 吉田伸弘 選手(阪南大学高校)
ホームで優勝を決められるのは嫌でしたし、僕たちは選手権(全国高等学校サッカー選手権大会)に出られず今日が最後の試合なので、絶対に勝って終わろうと話をしていました。前期は1試合も勝てず苦しかったですが、インターハイ(全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会)で全国大会に行ってからはチームとして何をすべきか明確に見えてきて、それが後期になってやっとできるようになりました。昨年の3年生にプレミアリーグに上げてもらったので、プレミアという場を今の1、2年生に残せたことはうれしいですし、最低限の責任は果たせたかなと思います。

野田知 監督(ヴィッセル神戸U-18)
阪南大高校に上手く守られ、ゴールを割るのは難しいかなという展開でしたが、ゴールが生まれ、優勝できてホッとしています。広島がリードしているのは知っていたので、何とか1点取って上回らないと心の中では思っていましたが、選手を動揺させないよう冷静なふりをしていました。今年のチームはテクニカルな選手よりもフィジカルな部分や気持ちを出せる選手が多いのですが、1試合1試合成長する中で、技術的な部分もついてきたという感じがしています。選手たちがひたむきに一生懸命やってくれた結果なので、褒めてあげたいです。ただもう1試合あるので、浮ついた気分にさせないように締めながら、1週間しっかり準備をしたいです。4年前はPKで敗れているので、今回は日本一を狙っていきたいと思います。

DF #6 谷川勇磨 選手(ヴィッセル神戸U-18)
後ろの選手は必ず失点をせず守ってくれる、前の選手も必ず点を取ってくれると信じていたので、何の迷いもなくプレーすることができました。優勝が決まった瞬間は、ここまで自分たちを成長させてくださった指導者の方、支えてくれた家族、メンバーに入れなかった選手への感謝の気持ちが思い浮かびました。今年は才能豊かな選手が多く、自分はキャプテンとしてコーチングやポジショニングでうまくバランスを取りながら、チームの力を最大限に引き出すことに徹してきました。それが、残留が目標と言われたチームが、チーム史上最多勝点で優勝できた要因だと思います。苦しいスタートでしたし、自分自身もうまくいかないことが多くありましたが、最後に優勝という結果を手に入れることができ、努力は裏切らないんだとあらためて感じました。

その他の試合結果

ガンバ大阪ユース 1-0(前半1-0、後半0-0)米子北高校
サンフレッチェ広島F.Cユース 1-0(前半0-0、後半1-0)神戸弘陵学園高校
アビスパ福岡U-18 5-1(前半1-0、後半4-1)大津高校
東福岡高校 2-0(前半1-0、後半1-0)セレッソ大阪U-18

ガンバ大阪ユース(大阪)は宮脇和輝選手(MF #11)の得点で米子北高校(鳥取)を撃破。東福岡高校(福岡)は西田翔央選手(DF #15)中村拓也選手(MF #16)の2年生コンビによる得点でセレッソ大阪U-18(大阪)から白星をつかみました。サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)と神戸弘陵学園高校(兵庫)による一戦は、68分に明比友宏選手(FW #11)のゴールで広島が勝利しますが、優勝には一歩届かず。一方敗れた神戸弘陵はプリンスリーグ降格が決まりました。9位の大津高校(熊本)と対戦した10位のアビスパ福岡U-18(福岡)は1点をリードして後半を迎えると、47分の松田知己選手(MF #33)のゴールを皮切りに4点を追加。5-1で快勝し、逆転でプレミアリーグ残留を決めました。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017

プレミアリーグ
全国を東西各10チームずつのブロックに分け、年間を通しホーム&アウェイ形式で合計18試合を戦い東西の王者を決定する。両者が相撃つチャンピオンシップで真のU-18年代王者を決定する大会。
大会期間:2017年4月8日(土)~2017年12月10日(日)
日程・結果、順位表など大会情報はこちら

チャンピオンシップ
4月から12月で行ったプレミアリーグのEAST優勝チームとWEST優勝チームの2チームでのワンマッチによるノックアウト方式で行います。
大会日程:2017年12月17日(日) 13:00キックオフ(予定)
会場:埼玉スタジアム2002(埼玉県さいたま市)
チケットやイベントなど大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP