btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > プレミアリーグ > 最新ニュース一覧 > 清水と青森山田の首位攻防戦は打ち合いの末に勝点を分け合う 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 第17節

ニュース

清水と青森山田の首位攻防戦は打ち合いの末に勝点を分け合う 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 第17節

2017年12月04日

清水と青森山田の首位攻防戦は打ち合いの末に勝点を分け合う 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST 第17節

ピックアップマッチ

清水エスパルスユース 4-4(前半3-1、後半1-3)青森山田高校

高円宮杯U-18プレミアリーグEASTは12月2日(土)と3日(日)に第17節を開催し、首位を走る清水エスパルスユース(静岡)は2位の青森山田高校(青森)と対戦しました。

トップチームが使用するIAIスタジアム日本平での開催となったこの首位攻防戦。選手たちには入場前から緊張した様子もあり、両監督が口をそろえて「想定していなかった」と語る激しい乱打戦となりました。

最初の決定機、そして最初のゴールを奪ったのは青森山田でした。スローインの流れから右サイドを崩すと、MF佐々木友選手(#9)の折り返しからMF檀崎竜孔選手(#7)が流し込んで早くも先制点を奪い取ります。その勢いのままに、ハイプレスと素早い攻守の切り替えから優勢に立ちます。

しかし、ホームの熱い声援を受ける清水も徐々に盛り返し、相手のプレスが弱まってきた15分過ぎから試合の主導権を奪い取ります。26分にはDF伊藤駿光選手(#5)のクロスをファーサイドでDF伊藤研太選手(#3)が折り返し、中央に詰めていたFW鈴木魁人選手(#10)が押し込んで同点に追い付きます。このゴールで試合の流れは完全に清水に傾き、33分にFW齊藤聖七選手(#25)、さらに前半終了間際の45分には鈴木選手が再びゴールを奪い、リードを2点差に広げて前半を終えました。

ところが、このハーフタイムから流れは再び反転します。黒田剛監督の厳しい一喝を受けてきた青森山田は、「前半からハイペースでいっていたので、落ちるかなと思ったら、案の定落ちてしまった」(平岡監督)という清水の運動量低下につけ込む形で攻勢に出ます。55分にはMF田中凌汰選手(#20)のダイビングヘッドが決まって1点差に詰め寄ると、79分には田中選手のクロスからMF郷家友太選手(#10)が同点ゴール。試合を振り出しに戻します。しかし84分、今度は清水の新関成弥選手(#14)が青森山田の隙を突くヘディングシュートを叩き込み、再び勝ち越します。

そして、首位攻防戦はこのゴールでは終わりませんでした。アディショナルタイムに入った90+2分。左サイドのゴールから遠い位置でFKを得た青森山田。途中出場のMF住田将選手(#6)がゴール方向へ強く蹴り込んだボールを郷家選手と清水GK天野友心選手(#21)が競り合うと、どちらも触れぬままにボールはゴールへ吸い込まれます。まさかの形で同点ゴールが決まり、試合はこのまま終了。優勝の行方はFC東京U-18を含めた3チームに可能性を残したまま、12月10日(日)の最終節へ持ち越しとなりました。

監督・選手コメント

平岡宏章 監督(清水エスパルスユース)
キックオフ前のウォーミングアップから少し浮き足立っているところがあるかなと思ってはいました。案の定、立ち上がりに失点して難しい試合にしてしまったのは反省点です。ただ、多くの人たちが応援に来てくださって素晴らしい雰囲気があり、それに押されるように選手たちはものすごくハイペースに戦って、勢いに乗れて逆転ができました。最後の時間帯では「無駄なファウルはするな」と言っていたのですが、そこから(FKを与えて)失点してしまいました。しかし、まだ僕らしか自力優勝がない状況ですから、最終節に向けてまた頑張ります。

FW #10 鈴木魁人 選手(清水エスパルスユース)
ここまでリーグ戦でなかなか点が取れていなくて少し焦る気持ちもあったのですが、「いつか取れる。いつか取れる」と思ってやってきました。(1点目が決まったときは)「ああ、やっと入った」という気持ちでした。この試合に向けて優勝争いのプレッシャーはあったんですけれど、こういう(優勝を争うような)試合ができるんだという楽しさが上回っていました。最終節の相手である柏レイソルU-18はパス回しがすごく上手くて手強いチームだと思いますが、決めるべきところをしっかり決めさえすれば、絶対に勝てると思っています。

黒田剛 監督(青森山田高校)
1-0とか1-1とか、もっと地味な試合になるものと思っていました。前半は間延びしてしまったので、後半はもっと前から行こうということを言って、(途中交代で)活動的な選手を入れる中で巻き返すことができたと思います。最後は住田将選手(MF #6)がライナー性の良いボールを(FKから)蹴ってくれて同点に追い付くことができて、何とか首の皮一枚つながりました。3年連続でこうやって最終節まで優勝を争うという経験ができるチームはなかなかないでしょうから、最終節も勝って終われるようにまた頑張ります。

MF #10 郷家友太 選手(青森山田高校)
先に1点を取ったことで心に油断ができて、立て続けに3失点したところは本当に反省しないといけないと思っています。前半はふがいないサッカーをしてしまって、ハーフタイムに黒田監督から喝を入れられて、そこでやっと火が付いた。もっと早く自分たちのサッカーをしないといけなかったんですけれど、後半は早く立て直して、山田らしいサッカーができたと思います。(得点は)田中凌汰選手(MF #20)がうまくカットインして自分と目が合ったので、来るということを信じて、ゴール前に飛び込みました。良いボールが来ました。

その他の試合結果

横浜F・マリノスユース 1-4(前半0-3、後半1-1)浦和レッドダイヤモンズユース
鹿島アントラーズユース 0-0(前半0-0、後半0-0)FC東京U-18
柏レイソルU-18 1-0(前半0-0、後半1-0)大宮アルディージャユース
京都サンガF.C. U-18 1-1(前半0-0、後半1-1)市立船橋高校

清水エスパルスユース(静岡)を勝点1差で追うFC東京U-18(東京)は、鹿島アントラーズユース(茨城)と対戦。スコアレスドローで勝点1を加算し2位をキープしました。降格の可能性がある市立船橋高校(千葉)は、京都サンガF.C. U-18(京都)に先制されますが、78分に郡司篤也選手(MF #10)が同点ゴール。勝点1を積み上げ、プレミアリーグ残留を決めました。残留のために勝点がほしい大宮アルディージャユース(埼玉)は柏レイソルU-18(千葉)戦に臨みました。粘り強い守備で無失点のまま試合を進めましたが、81分に柏の加藤匠人選手(MF #6)にゴールを許し0-1で敗れました。横浜F・マリノスユース(神奈川)と浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)の一戦は、浦和が橋岡大樹選手(DF #4)のゴールで先制すると、その後も得点を重ねます。横浜FMも81分に棚橋尭士選手(FW #26)のゴールで追い上げますが、1-4で敗戦。横浜FMのプリンスリーグ降格が決まりました。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグEAST 次節 第18節

2017年12月10日(日)
13:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 鹿島アントラーズユース(浦和駒場スタジアム)
13:00 大宮アルディージャユース vs 京都サンガF.C. U-18(東洋大学朝霞キャンパスグランド)
13:00 市立船橋高校 vs 横浜F・マリノスユース(船橋市法典公園(グラスポ)球技場)
13:00 FC東京U-18 vs 青森山田高校(東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝))
13:00 清水エスパルスユース vs 柏レイソルU-18(清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP))

その他日程など大会情報はこちら

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ

全国を東西各10チームずつのブロックに分け、年間を通しホーム&アウェイ形式で合計18試合を戦い東西の王者を決定する。両者が相撃つチャンピオンシップで真のU-18年代王者を決定する大会。

大会期間:2017年4月8日(土)~2017年12月10日(日)
日程・結果、順位表など大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP