JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > セレッソ大阪が新たな歴史を刻むためアルゼンチンの強豪に挑む ~スルガ銀行チャンピオンシップ2018 OSAKA~

ニュース

セレッソ大阪が新たな歴史を刻むためアルゼンチンの強豪に挑む ~スルガ銀行チャンピオンシップ2018 OSAKA~

2018年08月06日

セレッソ大阪が新たな歴史を刻むためアルゼンチンの強豪に挑む ~スルガ銀行チャンピオンシップ2018 OSAKA~

スルガ銀行チャンピオンシップ2018 OSAKAが8月8日(水)にヤンマースタジアム長居で開催されます。この大会でCONMEBOLスダメリカーナ2017の覇者であるインデペンディエンテと対戦するのは、2017JリーグYBCルヴァンカップを制したセレッソ大阪です。

尹晶煥新監督に率いられた昨シーズン、セレッソ大阪はルヴァンカップと第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の二冠を達成。これまであと一歩で届かなかったタイトルを一気に2つも獲得し、クラブとして新たな歴史を刻む1年となりました。

中でもルヴァンカップはクラブ史上初のタイトル。新体制の公式戦初勝利となった、横浜F・マリノスとのグループステージ第1節から、互いに勝てば初戴冠となった川崎フロンターレとの決勝まで13試合を無敗で駆け抜けました。

大会の山場となったのはガンバ大阪との準決勝でした。ホームで行われた第1戦を2-2で引き分けたC大阪は、アウェイでの第2戦、柿谷曜一朗選手のゴールで先制するも、後半、G大阪に追いつかれてしまいます。このまま試合が終わればアウェイゴール数の差で敗退が決まる。そんな追い詰められた状況の中、90+5分、木本恭生選手が劇的な決勝点を決めました。

勢いそのままに、川崎Fとの決勝では今大会初出場となる杉本健勇選手が開始1分に先制点。90+2分にソウザ選手が追加点を決め、C大阪のベンチとスタンドが歓喜に包まれました。リーグ戦とはメンバーを入れ替えながら戦ったこの大会に出場した選手は実に33人。まさにチーム全体でつかんだタイトルでした。

新シーズン到来を告げるFUJI XEROX SUPER CUPでは、リーグ王者の川崎Fに3-2で勝利し、新シーズンへの期待が膨らみました。しかし、4年ぶりに出場したAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では苦戦を強いられ、グループステージ敗退と悔しい結果となっています。

それでも、リーグ戦は逆転優勝の可能性を残しており、ルヴァンカップと天皇杯の連覇という目標もあります。“強者”としての地位を築くため、これからの一戦一戦が大切であり、勢いを付ける意味でも今回のスルガ銀行チャンピオンシップ2018 OSAKAは重要な一戦になるでしょう。

昨シーズンのルヴァンカップを制したことで出場権を得られた今大会は、クラブとして初挑戦となる大会。アルゼンチンの強豪、インデペンディエンテに胸を借りるつもりでぶつかり、今シーズン2冠目となる新たなタイトルを、その手に収めたいところです。

選手コメント

MF #6 山口蛍 選手
南米のクラブと対戦できる機会は限られていますし、本当に貴重な試合だと思います。チャレンジャーの気持ちで相手に挑み、勝てるように全員で最善の努力をしたいです。南米のチームはタフで力強く、日本にはない部分を持っているところもあるので、学べることもたくさんあると思います。チャレンジするところと相手から学ぶこと、両方できればいいと思います。全員でハードワークしてチーム一丸となって戦った結果、昨シーズンのルヴァンカップは優勝できたので、それをそのまま相手にぶつけたいです。

MF #15 木本恭生 選手
南米の強豪とやる機会はめったにないですし、高いレベルの相手と試合をして、そのレベルを体感できるのはうれしいです。ルヴァンカップで優勝したご褒美というか、試合が楽しみです。インデペンディエンテは個の能力が高いと思いますし、そういう相手に自分の力がどれくらい通用するのか。結果ももちろん大事ですけど、個の部分にとても興味があります。レベルの高いFWと対戦することで自分のレベルも上がると思うので、試合を楽しみにしています。

MF #17 福満隆貴 選手
アルゼンチンのクラブと対戦できる機会はなかなかありません。チームはいま、勝利から遠ざかっている状態での大会になりますけど、こういう強豪に勝てればまた勢いも取り戻せると思います。日本を代表して出る大会でもあるので、日本のレベルを示したいとも思います。アジアのクラブとはACLで戦うことができますけど、南米勢と試合ができるのは本当に貴重な経験だと思うので、自分たちがいま持っている力を全て出して、勝ちにこだわるとともに、見ている人たちに楽しんでもらえる試合をしたいです。

FW #9 杉本健勇 選手
初めて出る大会なので、楽しみですね。今まで、鹿島とか、違うチームが出ていたのを見てきたので、自分たちが出られることがすごくうれしいです。相手はアルゼンチンのチームなので、激しいというか、ずる賢い部分もあると思うけど、逆にそういうところを盗みたい。もちろん、僕たちも勝利を目指しますけど、実際に対戦して感じることも多いと思います。アルゼンチンのクラブと対戦することは今までなかったので、試合を楽しみにしています。

大会日程:2018年8月8日(水) 19:00キックオフ(予定)
大会会場:大阪/ヤンマースタジアム長居
大会・チケット情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

プレゼンティングスポンサー

  • スルガ銀行

協賛

  • プーマ ジャパン株式会社
  • ヤンマー株式会社

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー