JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会 > 最新ニュース一覧 > 皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会が開幕! JFAアカデミー福島、藤枝順心高校が初戦突破を決める

ニュース

皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会が開幕! JFAアカデミー福島、藤枝順心高校が初戦突破を決める

2018年11月04日

皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会が開幕! JFAアカデミー福島、藤枝順心高校が初戦突破を決める

皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会が11月3日(土・祝)に開幕し、各地で1回戦の8試合が行われました。

ピックアップマッチ1

JFAアカデミー福島(東海/静岡) 1-0(前半1-0、後半0-0)ちふれASエルフェン埼玉(なでしこ2部/埼玉)

藤枝総合運動公園陸上競技場で行われた第1試合は、序盤からなでしこリーグ2部に所属するちふれASエルフェン埼玉がボールを保持して押し気味に試合を進めます。JFAアカデミー福島も長身FWの城和怜奈選手を起点に、格上の相手からゴールを狙います。

スコアが動いたのは33分でした。中盤でボールを受けた城和選手が前方にスルーパスを送ると、抜け出したのは遠藤純選手。冷静に相手GKをかわし、左足でゴールネットを揺らします。

後半はASエルフェンがより一層攻勢を強めます。しかし、サイドを中心にJFAアカデミー福島の守備陣を崩しますが、クロスやシュートの精度を欠き、もどかしい展開が続きます。69分には人数をかけてペナルティーエリア内に進入、田嶋みのり選手が二度シュートに持ち込みますが、いずれも相手DFに阻まれます。続くCKでは、荒川恵理子選手がすらしたボールを松岡沙由理選手がダイビングヘッドで枠内にシュートを飛ばしましたが、これはJFAアカデミー福島の伊藤めぐみ選手に水際でブロックされてしまいます。

4選手をFIFA U-17女子ワールドカップウルグアイ2018で欠く中、「ゴールをさせないというたくましさが出た」(賀谷英司監督)と体を張った守備でASエルフェンの猛攻をしのいだJFAアカデミー福島。1-0で試合終了を迎え、3大会連続で初戦突破を決めました。

試合詳細はこちら

ピックアップマッチ2

藤枝順心高校(東海/静岡) 4-0(前半2-0、後半2-0)岡山県作陽高校(中国/岡山)

前回の全日本高等学校女子サッカー選手権大会決勝と同じ顔合わせとなった第2試合は、リベンジを狙う岡山県作陽高校が勢い良く藤枝順心高校のゴールに迫りました。

4分に宅野萌奈美選手が放ったミドルシュート、11分の荒川くるみ選手のシュートはクロスバーに跳ね返されます。14分には後方からのスルーパスに抜け出した1年生ドリブラーの岡本亜子選手が相手GKと一対一の場面を迎えますが、間合いを詰められてブロックされてしまいます。15分には宅野選手の左足シュートがポストをたたき、わずかにゴールネットを揺らすことができません。

作陽高が先制点を奪うのは時間の問題かと思われましたが、25分にスコアを動かしたのは藤枝順心高でした。右サイドの池口響子選手のアーリークロスを小原蘭菜選手が頭で合わせ、最初のチャンスで鮮やかにゴールを奪いました。38分には池口選手のクロスから金子麻優が追加点を挙げ、藤枝順心高が2-0で試合を折り返します。

後半は主導権を握った藤枝順心高が落ち着いてゲームを進めます。すると84分にゴール前の混戦から、86分に柳瀬楓菜選手のグラウンダーパスを右足で合わせた野嶋彩未選手が立て続けにゴールを挙げ、作陽高を突き離します。作陽高は88分に伊勢さつき選手が放ったシュートもクロスバーに阻まれ、万事休す。地元の応援に後押しされた藤枝順心高が4-0で勝利し、ノジマステラ神奈川相模原(なでしこ1部/神奈川)が待つ2回戦へと駒を進めました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

遠藤純 選手(JFAアカデミー福島)
得点の前に城和選手からのクロスを決めきれなかったのが悔しくて、その城和選手からパスがきて、得点のシーンは自分の得意な形だったので、絶対に決めようと思いました。世界で戦って優勝してきたということは自分の中でも誇りです。いい結果だと思いますが、天狗にならずに、また一からスタートできたのは良かったです。再来週の2回戦は自分が目指すべき日テレ・ベレーザとの試合です。昨年も戦ってすごく悔しい結果に終わりましたが、今年は自分たちのプレーで負けずに戦っていきたいです。

荒川恵理子 選手(ちふれASエルフェン埼玉)
大会の1回戦は特有の難しさがあると十分に分かっている中で、失点してしまいました。いいリズムのときに得点が取れず、そのままずるずるいってしまった。相手は高校生のチームでしたが、個人的にはやりづらいという感じはありませんでした。チームとしてサイドからの攻撃が多く、チャンスをつくれていたのですが、1点が遠かった。力がなかったということかもしれません。また来年も頑張ります。

小原蘭菜 選手(藤枝順心高校)
先制点は(池口)響子と目が合った気がして、クロスが上がってくるなとゴール前に入っていったらいいボールがきたので、当てるだけでした。アーリークロスはずっと練習してきた形だったので試合で出せてよかったです。作陽高校は高校選手権でも対戦する可能性がありますし、同じ高校生として負けたくなかったです。伊勢での大会で負けていたので、リベンジできてよかったです。

池田浩子 監督(岡山県作陽高校)
自分たちが受け身になる試合展開になると思っていましたが、決めきれない部分は弱さがあって、シュートを打てればオーケーということも少なからずあったのかなと思います。最後まで数的優位をつくって、選択肢がつくれるような状況ができれば、一つ決まってこちらに結果が転がってきたかもしれません。得点を取りにいったときに守備が薄くなるのは致し方ない部分はありますが、3点目、4点目は少しもったいない失点でした。高校選手権という次の目標がありますので、そこにつながっていく指導をしていきたいと思います。

開催期間:2018年11月3日(土・祝)~2019年1月1日(火・祝)
【1回戦】 2018年11月3日(土・祝)・4日(日)
【2回戦】 2018年11月24日(土)・25日(日)
【3回戦】 2018年12月1(土)・2日(日)
【準々決勝】 2018年12月22日(土)
【準決勝】 2018年12月29日(土)
【決勝】 2019年1月1日(火・祝)

大会情報はこちら
1回戦(11/3、11/4)全試合をインターネットライブ配信

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー