btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 > 最新ニュース一覧 > 第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 激戦の末、ベスト4進出チームが出そろう

ニュース

第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 激戦の末、ベスト4進出チームが出そろう

2017年11月20日

第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 激戦の末、ベスト4進出チームが出そろう

第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会は11月19日(日)にユアテックスタジアム仙台で準々決勝の残り2試合を行い、ベスト4進出チームが決まりました。

ピックアップマッチ1

ノジマステラ神奈川相模原(なでしこ1部/神奈川) 4-3(前半3-1、後半1-2)早稲田大学(関東/東京)

ユアテックスタジアム仙台での第1試合では、なでしこリーグ1部のノジマステラ神奈川相模原と、INAC神戸レオネッサ(なでしこ1部/兵庫)の3連覇を阻止した早稲田大学が対戦しました。14分、中井仁美選手からパスを受けた村上真帆選手のシュートがゴール右下に突き刺さり早稲田大が先制します。攻めながら先制を許したノジマは20分に川島はるな選手のクロスボールを吉見夏稀選手がゴールに押し込み、同点に追いつきます。さらに38分、ノジマは平野優花選手がゴール前で相手DFのクリアボールを拾い、パスを受けた南野亜里沙選手が冷静にシュートを決め逆転。勢いに乗るノジマは直後の39分に石田みなみ選手がミドルシュートを決め、リードを広げて前半を3-1で終えました。

後半、ノジマは62分に石田選手のクロスボールから再び南野選手がヘディングシュートを決めてリードを広げますが、ここから早稲田大が怒とうの反撃が始まります。70分、熊谷汐華選手のクロスボールから河野朱里選手がゴールを決め、さらに71分には河野選手の縦パスを受けた中村みづき選手のシュートがゴールへ吸い込まれ、1点差に詰め寄りました。

しかし、ノジマはなでしこリーグ1部の意地を見せ、その後は早稲田大の反撃をしのぎ、4-3で勝利しました。敗れた早稲田大も皇后杯と大学の試合を並行でこなす中で健闘を見せ「早稲田は厳しい日程の中、よく戦っていた」とノジマの菅野将晃監督も称賛の声を送りました。

試合詳細はこちら

ピックアップマッチ2

浦和レッズレディース(なでしこ1部/埼玉) 1-1(前半0-0、後半1-1、延長前半0-0、延長後半0-0、PK5-3)マイナビベガルタ仙台レディース(なでしこ1部/宮城)

第2試合は、共になでしこリーグ1部同士の浦和レッズレディースとマイナビベガルタ仙台レディースとの一戦が行われました。前半、浦和は猶本光選手のゲームメイクから決定機を生み出し、仙台は相手のDFライン背後を突いて決定機をつくりましたが、互いに守備陣が踏ん張り、前半を0-0で終えました。

後半に入ると試合は大きく動きます。53分、仙台はケイトリン・フォード選手が2回目の警告を受け退場となります。数的優位の浦和は66分、猶本選手のFKから、交代でピッチに入ったばかりでファーサイドにいた菅澤優衣香選手が右足でシュートを決め、先制します。このまま浦和が逃げ切るかと思われた試合終盤、仙台はFK後の混戦から安本紗和子選手がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。90+1分に安本選手がPKを決めて同点に追いつき、1-1で延長戦にもつれ込みました。

延長戦はゴールが生まれず、勝負の行方はPK戦へ。仙台は3人目の西川明花選手のPKが左ポストをたたき、5人全員成功させた浦和が5-3でPK戦を制し、準決勝進出を決めました。敗れた仙台は「今日はみんな一つになって戦えました」(安本選手)と数的不利でも諦めない戦いを見せ、地元サポーターから試合後大きな声援が送られました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

南野亜里沙 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
立ち上がりから自分のプレーがうまくできていなくて、どうにか得点で勝利に貢献することを意識していました。絶対に勝とうと思っていましたし、なでしこ1部でやっている自覚を持って戦おうというところはブレずに戦いました。ゴールは2つとも合わせるだけのもので、チームで取ったものですが、得点が取れて良かったです。ステラ初めてのベスト4なので、どんどん歴史を塗り替えられるよう、優勝目指して頑張っていきたいです。

村上真帆 選手(早稲田大学)
真ん中を崩すのは厳しいと思い、サイドに速い選手がいるので、相手のサイドバックの背後を狙おうと思っていました。シュートの跳ね返りをもう一回トラップして打ったのですが、ゴールの右が空いていたので狙おうと思ったら、外に逃げるような回転がかかって入って良かったです。後半1点差に詰め寄り行けるぞと思いましたが、自分もシュートを外してしまったので、個人もチームも最後決めきる力を改善していきたいです。

石原孝尚 監督(浦和レッズレディース)
タフな試合ができる自信はありましたが、仙台も負けたくない気持ちを持っていたので、難しかったです。選手たちが落ち着いてゲームコントロールしながらやってくれて、気持ちで勝利をもぎ取れたのは成長の証だと思います。投入したばかりの菅澤が点を取ってくれましたが、彼女が良い準備をしてくれていました。選手たちは120分しっかり頑張っていましたので、PK戦は笑顔で行こうと話したら、気持ちで持って行ってくれました。

安本紗和子 選手(マイナビベガルタ仙台レディース)
皇后杯は優勝を狙っていたので率直に悔しいです。前からプレッシャーをかけながらカウンターという形はできていました。10人になって厳しい時間帯が続きましたが、チーム一丸となって強い気持ちで戦えました。得点の場面は時間も無く絶対決めて延長戦まで持って行こうと思って蹴ったPKが入って、正直ホッとしました。優勝を狙うには一人一人のスキルアップが必要なので、来季はさらにレベルを上げていきたいと思います。

開催期間:2017/10/28(土)~2017/12/24(日)
1回戦 10月28日(土)、29日(日)
2回戦 11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)
3回戦 11月11日(土)、12日(日)
準々決勝 11月18日(土)、19日(日)
準決勝 12月21日(木)
決勝 12月24日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP