JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 > 最新ニュース一覧 > 土壇場で追いついたC大阪が神戸を下し、元日決勝へ 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会

ニュース

土壇場で追いついたC大阪が神戸を下し、元日決勝へ 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会

2017年12月24日

土壇場で追いついたC大阪が神戸を下し、元日決勝へ 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会は12月23日(土)、準決勝2試合が行われました。

ヴィッセル神戸(J1) 1-3(前半0-0、後半1-1、延長前半0-1、延長後半0-1)セレッソ大阪(J1)

ヤンマースタジアム長居で行われたヴィッセル神戸(J1)とセレッソ大阪(J1)の一戦は序盤、C大阪のペースで試合が進みました。ソウザ選手を中心に丁寧なパス回しから、機を見て中央の福満隆貴選手が右サイドに流れ、好機をつくります。8分には福満選手が右サイドの飛び出しから松田陸選手につなぎ、松田選手がクロスを上げましたが、ゴール前に飛び込んだ山村和也選手とわずかに合いません。

対する神戸は、高い位置でのボール奪取から、カウンターを仕掛け、先制点を狙います。12分に高橋秀人選手が、相手ペナルティーエリア内でボールを奪うと、藤田直之選手、渡邉千真選手とつなぎましたが、シュートは打てません。13分にも、左サイドから入れた藤田選手のロングスローのこぼれ球を渡邉選手が狙いましたが、シュートはGKの正面。両者スコアレスで前半を終えました。

ハーフタイムに、尹晶煥監督から「攻撃時はアイデアを持っていこう。もう少し落ち着いてプレーをしよう」と指示を受けたC大阪は、後半開始と共に左サイドからの崩しを増やし、再び攻撃を活性化させます。54分には、左サイドを丸橋祐介選手、清武弘嗣選手とつなぎ、ゴール前にマイナスのパスが通ると、後方から上がったソウザ選手がダイレクトで合わせましたが、ボールは枠を捉えることができません。以降も、攻撃の手を緩めずC大阪が押し込みましたが、神戸の守備を攻略できないまま、試合終盤を迎えました。

試合が動いたのは、90分でした。後半は耐える時間が続いた神戸が厚みのある攻撃を仕掛けると、大森晃太郎選手が左サイドから上げたクロスが直接ゴールに吸い込まれ、神戸が均衡を破りました。しかし、直後の90+1分にはキックオフからC大阪が前線にロングボールを入れると、山村選手が競り合ったボールを神戸GKキム・スンギュ選手がクリアするも、こぼれ球が「キックオフの瞬間にボールが来るかも思った」と振り返る水沼宏太選手のもとへ。水沼選手は右足のボレーで豪快にたたき込み、試合を振り出しに戻しました。

「あの時間帯で得点したにも関わらず、すぐ失点してしまったのが全てだった」(渡邉選手)と肩を落とした神戸に対し、起死回生の同点弾で勢いに乗ったC大阪は、延長戦で再び攻勢を強めます。98分には、右サイドから入れた丸橋選手のクロスが相手選手のハンドを誘発し、PKを獲得。柿谷曜一朗選手のキックはGKに阻まれましたが、こぼれ球を自らがダイビングヘッドで押し込み、勝ち越します。延長後半は、C大阪が守備の枚数を増やして、神戸のパワープレーを跳ね返すと、114分にソウザ選手がダメ押しとなる3点目を奪い、タイムアップ。3-1で勝利したセレッソ大阪が、ヤンマー時代の1974年以来となる天皇杯優勝に王手をかけました。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

吉田孝行 監督(ヴィッセル神戸)
多少、守備的になりましたが、選手はプラン通りのサッカーを実行してくれました。互いにロングボールを入れた後のセカンドボールを拾い、試合の主導権を握ろうとする中で、ピンチも何度かありましたが、カウンターでチャンスをつくることもできました。どちらに転がるか分からないゲームでしたが、PKで2点目を与えたのが、選手たちのダメージになったように思います。試合後に選手皆が泣いていたのはこの試合に懸けていたからで、気持ちを出すことができました。(90分の先制ゴールの後、アディショナルタイムを含め)ラスト4分で勝ちを逃したのは、大きな壁。これを乗り越えるためにヴィッセル神戸は変わっていかなければいけません。

MF #23 松下佳貴 選手(ヴィッセル神戸)
相手にボールを持たれる時間が長く、我慢の時間が続くのは予想通りでした。押し込まれる時間帯もありましたが、準備してきたゲームプラン通りに試合を進めることができたと思います。終盤まで無失点で抑えることができたのは良かったのですが、最後に失点をしたのが非常にもったいない。先制点を取った後に、もう一度全員で声をかけて、意思疎通できていれば、また違った結果になったのかもしれません。今年は、開幕4連勝した流れを継続できれば良かったのですが、悪くなった時に良い流れに変えることができませんでした。話し合いの重要性を実感した一年だったと思います。

尹晶煥 監督(セレッソ大阪)
今日もすごく寒い中、大勢のサポーターの皆さんに足を運んでいただきました。声援に応えることができて、非常にうれしく思います。何人かの主力がけがで欠いていたため、勝負がどうなるか分からない試合でした。思った通りに戦えた試合ではなく、チャンスはありましたが、決定力で劣っているシーンが見られました。後半最後に失点もしましたが、諦めずに戦ったことがこういう結果につながったと思います。この試合で新たなけが人も出ましたが、決勝に進出したからには、最後までしっかり戦って、タイトルを目指します。

MF #16 水沼宏太 選手(セレッソ大阪)
正直、決められた瞬間に時間を見たら、残り時間がなかったので、少し落ち込みかけましたが、同点ゴールを決めることができて、良かったです。あと2点くらい決めるチャンスがあったので、ちゃんと決めていれば、楽な試合にできたと思いまが、必死に守って、最後にトドメを刺す部分など、僕らの強みが出せました。優勝することだけをイメージしてここまで来ました。元日からサッカーできるのは選手として幸せなことだと思うので、幸せを噛み締めながら思い切って僕らのサッカーができればと思います。

その他試合結果

横浜F・マリノス(J1) 2-1(前半0-1、後半1-0、延前0-0、延後1-0) 柏レイソル(J1)

試合詳細はこちら

【1回戦】4月22日(土)、23日(日)
【2回戦】6月21日(水)
【3回戦】7月12日(水)
【ラウンド16(4回戦)】9月20日(水)
【準々決勝】10月25日(水) 
【準決勝】12月23日(土・祝) 
【決勝】2018年1月1日(月・祝)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

特別協賛

  • スルガ銀行

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー