JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > U-15日本女子選抜 2戦目をチャイニーズ・タイペイに9-0で完勝 ~EAFF U-15 Girl's Football Festival 2019~
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
トレセン関連事業

ニュース

U-15日本女子選抜 2戦目をチャイニーズ・タイペイに9-0で完勝 ~EAFF U-15 Girl's Football Festival 2019~

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
トレセン関連事業

2019年08月07日

U-15日本女子選抜 2戦目をチャイニーズ・タイペイに9-0で完勝 ~EAFF U-15 Girl's Football Festival 2019~

EAFF U-15 Girls' Football Festival 2019 グループA U-15日本女子選抜 vs. U-15中国女子代表
2019年8月6日(火) キックオフ時間 15:00 試合時間 70分(35分×2)
Mokpo International Football Center Field 1(韓国)

U-15日本女子選抜 9-0(前半4-0、後半5-0)U-15チャイニーズ・タイペイ女子代表

得点
12分 榊原琴乃(U-15日本女子選抜)
23分 山内さくら(U-15日本女子選抜)
27分 濱野穂乃香(U-15日本女子選抜)
33分 濱野穂乃香(U-15日本女子選抜)
38分 山田歩美(U-15日本女子選抜)
47分 鈴木愛理沙(U-15日本女子選抜)
49分 山田歩美(U-15日本女子選抜)
67分 佐々木里緒(U-15日本女子選抜)
70分 大槻桃華(U-15日本女子選抜)

スターティングメンバー
GK:前田真唯
DF:佐々木里緒、野口初奈、山内さくら、大曽根由乃
MF:白沢百合恵、榊原琴乃、古川なな子、川本美羽
FW:濱野穂乃香、末次結依

サブメンバー
GK:大熊茜
MF:山田歩美、角田楓佳、田中晴菜
FW:鈴木愛理沙、大槻桃華

交代
HT 前田真唯 → 大熊茜
HT 白沢百合恵 → 角田楓佳
HT 大曽根由乃 → 田中晴菜
HT 野口初奈 → 山田歩美
HT 山内さくら → 大槻桃華
HT 榊原琴乃 → 鈴木愛理沙

マッチレポート

韓国で開催されているEAFF U-15 Girl's Football Festival 2019に出場しているU-15日本女子選抜。韓国入りから4日目となる8月6日(火)、大会第2戦目はチャイニーズ・タイペイとの対戦となりました。大会の雰囲気に慣れてきた選手たちは前半、立ち上がりから素早いプレッシングとボールポゼッションで主導権を握り、前半12分、榊原琴乃選手のゴールで先制点を奪います。試合前のミーティング時に、コーナーキックの際、ニアに飛び込むことを確認しましたが、実際にニアに飛び込んで敵を引き連れてできたファーのスペースに榊原選手が飛び込み、確実にゴールに繋げることができました。その後、ゴール前の崩しだけではなく、ミドルシュートなどから得点を重ね、前半を4-0で折り返します。後半、ハーフタイムで選手5人を交代した日本は、前半に引き続き素早いプレッシングで相手の攻撃の芽を摘みます。攻撃時には、ミドルシュートからの得点やDFラインから相手の背後へのロングフィードからの得点のような、優先順位を意識した攻撃が多く見られ、後半も試合を優位に進めた日本は5ゴールを奪い、9-0で勝利を収めることができました。明日、大会第3戦目は韓国との対戦となります。

コーチ・選手コメント

西村陽介 ナショナルトレセンコーチ(医療法人雨宮病院)
2試合目、チャイニーズタイペイとの試合は初戦に出た課題である【攻守の切り替え・ボール回収・フィニッシュの質】をより早く・強く・確実に行うことをミーティングで確認し、試合に臨みました。9-0という大差での勝利となり、初戦からの課題に対して選手達も自発的に挑戦し判断する場面が多く見られたことは満足しています。しかし、世界を意識した時に基本テクニックの質、攻守の関り、ハードワークという部分ではもっと成長していかなければ通用しないという現実を選手と試合を通して確認することができました。選手個人個人、チームとしてのオンザピッチ・オフザピッチの基準をさらに高め、明日の韓国戦も目標である「全勝・完勝」、すべての試合で「3得点以上かつ無失点」、に臨みたいと思います。

FP 白沢百合恵 選手(アルビレックス新潟レディースU-15)
今回のチャイニーズ・タイペイ戦では、昨日の試合で課題となったフィニッシュを決めることを特に意識してプレーしました。昨日の中国戦よりは前・後半ともに点をとることができましたが、ラストパスがずれてしまったり、シュートが思ったコースに打てなかったりと、まだまだ決めきる部分が足りないと感じました。ですが、ベンチからもプレーしている仲間に声でサポートしたり、全員で声をかけ合いながら良い雰囲気で練習できたりとチームの一体感が高まってきていると感じました。明日の韓国戦では、「全勝・完勝」という目標に少しでも近づけるように、さらにチーム一丸となって全力で戦いたいです。

FP 佐々木里緒 選手(JFAアカデミー福島)
韓国遠征4日目となりました。ちょうど遠征の半分が終わり、今日はチャイニーズ・タイペイとの試合でした。「全勝・完勝」の目標のもと試合に臨みましたが、前半は思うように点は決まりませんでした。後半は自分たちのペースで試合を進め、しっかりと完勝することができました。個人としても、普段のポジションとは違うセンターバックでしたが、切り替えを早くし球際を強くいけることができました。また、ミドルシュートなども打てたので良かったと思います。ですが、これに満足せず、明日の韓国戦や今後の試合でも無失点で負えられるよう「全勝・完勝」して日本に戻りたいと思います。

スケジュール

EAFF U-15 Girls’ Football Festival 2019
8月5日(月) 4-0 vs. U-15中国女子代表
(Mokpo International Football Center Field 1)
8月6日(火) 9-0 vs. U-15チャイニーズ・タイペイ女子代表
(Mokpo International Football Center Field 1)
8月7日(水) 15:00 vs. U-15韓国女子代表
(Mokpo International Football Center Field 1)
8月8日(木) TBC トレーニング
8月9日(金) TBC vs. 未定
8月10日(土) TBC vs. 未定

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

関連情報
アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー