btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > サッカーファミリー > 最新ニュース一覧 > 第17回CPサッカー全日本選手権大会 岐阜県で開催

ニュース

第17回CPサッカー全日本選手権大会 岐阜県で開催

2017年10月13日

第17回CPサッカー全日本選手権大会 岐阜県で開催

第17回CPサッカー全日本選手権大会が10月21日(土)~22日(日)、岐阜県の長良川球技メドウで開催されます。

CPサッカーは正式には脳性麻痺7人制サッカーと呼ばれ、杖無しで歩・走行可能な脳性麻痺、脳外傷、脳血管障がい等による肢体不自由の選手がプレーします。少年サッカーと同じピッチ・ゴールのサイズで、GK1名を含んだ7名で行います。試合は12分ハーフで行われます。

今年も全国から8チームが参加し、A・B2つのブロックに分かれ、1日目に予選リーグが行われます。先日行われた抽選会では、大会スペシャルサポーターのFC岐阜キャプテン・庄司悦大選手がドロワーを務めました。大会2日目には順位別決勝トーナメントが行れ、決勝戦は13:10キックオフ(予定)です。

組み合わせは以下の通りです。

グループA:
ASユナイテッド(埼玉県)
FCプログレッソ(岐阜県)
エスペランサ(川崎市)
大坂PAZ(大阪市)

グループB:
CP神戸(兵庫県)
ESPERANZA東京2020(東京都)
P.C.F.A.サルタル(東京都)
横浜BAY FC(横浜市)

9月にアルゼンチンで行われた世界選手権を共に戦った日本代表選手たちも、アルゼンチンで果たせなかった思いを胸に、それぞれの所属チームに分かれ日本の頂点を目指して闘志をぶつけ合います。熱戦を繰り広げる選手たちにご注目ください。

また、今回は、10月21日(土)には、岐阜初開催の蹴-1グランプリ(PK対決の大会)や22日(日)にはFC岐阜のスクールコーチによるサッカークリニックも行われます。障がいの有無にかかわらず、どなたでも参加いただけます。皆で一緒に思い切りボールを蹴って楽しむ事もできます。

第17回CPサッカー全日本選手権大会 概要

大会名:
第17回CPサッカー全日本選手権大会

主催:
一般社団法人日本CPサッカー協会

主管:
CPサッカーフェスティバル2017 in ぎふ実行委員会

開催日:
平成29年10月21日(土)・ 22日(日)
開会式 21日10:30〜/閉会式 22日14:45〜

会場:
岐阜県・岐阜メモリアルセンター 長良川球技メドウ
〒502-0817 岐阜県岐阜市長良福光青襖2070-7

協力:
一般財団法人岐阜県サッカー協会/株式会社岐阜フットボールクラブ/岐阜県サッカー協会シニア委員会/IGSユニバーサルスポーツクラブ/FU〜WA FC /日本コカ・コーラ株式会社 ・/一般社団法人全国肢体不自由児者父母の会連合会

競技規則:
2017/2018年度日本サッカー協会競技規則・IFCPF競技規則に準じ、日本CPサッカー協会競技規則(2016/2017年度版)ルールを適用する。

主催者コメント

栗本裕也 一般社団法人日本CPサッカー協会 会長
第17回CPサッカー全日本選手権大会は、岐阜での開催11回目となります。多く方々に支えられ開催できることをうれしく思います。今年7月に会長に就任いたしましたが、この選手権大会は、私自身も長年競技者として参加しておりました。国内のチームとって特別な場所であり、真剣勝負ができる大会であることは言うまでもなく、多くの選手達に活躍をしてもらいたいと思います。是非、多くの方々に選手の熱戦を会場で観戦頂き声援をお願い致します。また、本大会開催にあたり、例年同様、熱いご支援を賜った、岐阜県サッカー協会、FC岐阜をはじめ、岐阜県のサッカー関係者・障がい者スポーツ関係者や、ご後援くださった方々、大会スタッフ・ボランティア等々の皆さまに厚く御礼を申し上げます。

アーカイブ
サッカーファミリー
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP