JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > サッカーファミリー > グラスルーツ > みんなPlay! 補欠ゼロ > 最新ニュース一覧 > みんなPlay! 見附小学校サッカークラブが「見附サッカーフェスティバル大会」を開催

ニュース

みんなPlay! 見附小学校サッカークラブが「見附サッカーフェスティバル大会」を開催

2018年06月18日

みんなPlay! 見附小学校サッカークラブが「見附サッカーフェスティバル大会」を開催

JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度の「補欠ゼロ(みんなPlay!)」賛同パートナーである見附小学校サッカークラブ(新潟県見附市)が6月9日(土)、見附運動公園多目的グラウンドにて「見附サッカーフェスティバル大会」を開催しました。
「補欠ゼロ!全選手参加!」の目的の下、本大会が開催されました。見附市・長岡市のクラブチーム6団体11チームが集まり、小学1年生~6年生で110人の子ども達が参加しました。大会は、2ブロックに分かれてリーグ戦形式で行われました。また、新一年生、保護者、コーチを対象としたフレンドリーマッチも行われました。 

担当者コメント

見附サッカー協会・見附小学校サッカークラブ監督の大塚さん
今年も毎年恒例のサッカーフェスティバル大会を見附市で行いました。目的はもちろん「補欠ゼロ!全選手参加!」でした。大会前に、全チーム指導者の皆様に、グラスルーツをご理解頂いた上で、大会を進行させて頂きました。今大会において、全体を通じて感じた事が3点あります。1点目は、週5回練習しているチームも週2回しか練習をしないチームも、年々差が縮まっているという事。これはどういう事か?今後検証していきたいと思います。2点目は、グラスルーツの大会が、子供達にとって、将来に繋がる非常に大きな意味と価値がある大会だという事を、参加チームの「指導者の皆様の認識」が年々強くなってきているという事。3点目は、グラスルーツの大会が、子供達や地域にとって、「大きな存在価値」になり、根付いてきているという事。今年も子供達の沢山の笑顔を見る事ができ、又、親子の絆も深める事ができ、指導者の方も含め、本当に感動した大会でした。これからも、グラスルーツの理念の実現と、子供達の未来のために、少しでも地域の皆様の力になれるように、継続して、取り組んでいきたいと思います。

参加者コメント

参加チームの親御様の多田さん
昨年も参加させて頂きましたが、子供がこの1年で大きく成長した事を感じる事ができた大会でした。具体的には、昨年は試合に負けゴールする事ができなかったが、今年は6ゴールする事ができ、本人も、大きな自信に繋がったと思います。又、チームとしては「グラスルーツのビジョンを目標」に、上手・下手関係なく一緒に練習を行っておりますが、みんなが「勝ちたい」という、一つの方向性に向かって頑張った結果、準優勝する事ができ、本当に嬉しかったです。

見附FCコーチの名古屋さん
参加した子供も大人も「みんなが楽しめる大会」だからこそ、沢山子供達を褒める事ができましたが、普段の試合や大会も同じように褒める事が大切なんだという事を、改めて実感しました。次回もぜひ、参加させてください!

リンクスコーチの原田さん
大人も、子供も、「全ての人が楽しめる」本当に素晴らしい大会だと感じました。 他の大会でも、リーグ戦を行い全選手を参加させてくださいと、口では言っておりますが、実際は上手い選手ばかりが出場するリーグ戦が他の大会では多いように感じます。しかし、見附市さんのグラスルーツの大会では、本来の主旨をきちんと理解し実行しているので、本当に素晴らしいと思いますし、子供達にとって将来に繋がる、大きな価値がある大会だと思います。次回もぜひ、参加させてください!    

アーカイブ
サッカーファミリー
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー