JFA.jp

JFA.jp

EN
[an error occurred while processing this directive]
ホーム > SAMURAI BLUE 2014年 > 最新ニュース一覧 > アギーレ監督記者会見

ニュース

アギーレ監督記者会見

2014年12月27日

アギーレ監督記者会見

本日(12月27日)、JFAハウスにおいてアギーレ監督の記者会見を行いました。内容は以下の通りです。

アギーレ監督コメント

訴状が提出されたということを受け、私も意見を述べたいと思い、顧問弁護士から詳しい話を聞きました。
私はこれまで、スペイン、メキシコ、アメリカでのリーグ等で約450試合の指揮を執ってきました。そのうちの1試合が、今回の捜査の対象になっていますが、もちろん、私は何もプレゼントされていませんし、何も望みもしていません。
詳しい捜査は1月に行われる予定で、41人の個人が証言することになっています。捜査にあたっては、スペイン当局に対して協力は惜しみません。この証言が終わったあと、裁判所が、正式に裁判とするか否かを決めることになります。捜査がどのくらいの期間に及ぶのかはわかりませんが、私はスペインサッカーが公正でクリーンなものだと信じていますし、現に12年間、スペインにいましたが、プロフェッショナルで、倫理に反することがあったという事実を知りません。私自身も汚点など一切ありません。

今は、サッカー以外のところに1分たりとも時間を取られたくないと思っています。とにかく、AFCアジアカップに集中し、連覇を成し遂げたい。そして、アジアカップが終わったら、また次の目標に向けてまい進します。

サポーターの皆さんには私を信じ、事実が明らかになるのを待っていてほしいと思っています。持てる力を100%アジアカップに注ぎます。選手、サポーター、スポンサーの皆さん、一丸となってアジアカップを戦いましょう。

アーカイブ
SAMURAI BLUE 2014年
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー