JFA.jp

JFA.jp

EN
対戦チーム opponent

2016.10.10

【オーストラリア代表:ピックアッププレーヤー】驚異的なヘディングの強さをもつオーストラリア史上最高のストライカー

オーストラリア代表の注目は、やはりティム・ケーヒル選手になるだろう。長年、イングランドのプレミアリーグで活躍してきたこのストライカーは、アメリカのMLS、中国リーグでのプレーを経て、今季より母国オーストラリアのメルボルン・シティでプレーする。36歳となった今なお、オーストラリア代表において絶大な存在感を放っている。

2次予選では出場7試合で8ゴールと圧倒的な決定力を示し、最終予選進出の立役者に。第6戦のバングラデシュ代表戦ではハットトリックを達成し、グループ内最大のライバルとなった最終戦のヨルダン代表との一戦でも2ゴールを奪い、5-1の勝利に貢献した。

若手の台頭もあり、途中出場が増えているものの、大事な場面で決定的な仕事をこなすのはやはり、このケーヒル選手となる。最終予選第2戦のUAE戦では0-0で迎えた71分からピッチに立つと、その4分後に決勝ゴールをマーク。アウェイでの重要な一戦で見事な働きを見せた。

決して上背があるわけではないものの、クロスをピンポイントで合わせるヘディングの強さは驚異的で、エリア内で見せる一瞬の動き出しも光る。オーストラリア史上最高のストライカーは、日本代表との対戦でも数々のゴールを決めてきた。

2006年のドイツ・ワールドカップでは途中出場から2ゴールを叩き込み、逆転勝利を演出。2009年6月に行われた南アフリカワールドカップのアジア最終予選でも2ゴールを奪取し、逆転劇の主役となった。日本にとってはまさに天敵とも言える存在であり、今回の対戦でも最も警戒すべき相手であることは間違いない。

期待がかかるのは吉田麻也選手を中心とする日本の最終ライン。このストライカーを封じることが、勝利に近づくための重要なテーマとなる。

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • MS&AD
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー