JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > キリンチャレンジカップ2019 観戦レポート vol.8~服部智子さんご家族編~

ニュース

キリンチャレンジカップ2019 観戦レポート vol.8~服部智子さんご家族編~

2019年04月02日

キリンチャレンジカップ2019 観戦レポート vol.8~服部智子さんご家族編~

3月22日(金)、日産スタジアムにて開催したキリンチャレンジカップ2019。一般公募により選ばれた”三世代”観戦体験レポーターの皆さんに、日本代表戦の様子をレポートしていただきます!

今回のレポーターは…

服部智子 さん(写真左から4番目)
お住まい:千葉県
日本代表戦の観戦回数:今回が初めて
好きなクラブ・選手:堂安律選手

(写真左から)

服部葵 さん(次女)
日本代表戦の観戦回数:今回が初めて
好きなクラブ・選手:南野拓実選手

石井せつ子 さん(母)
日本代表戦の観戦回数:今回が初めて
好きなクラブ・選手:香川真司選手

服部紫苑 さん(息子)
日本代表戦の観戦回数:今回が初めて
好きなクラブ・選手:乾貴士選手、中島翔哉選手

服部徠美 さん(長女)
日本代表戦の観戦回数:今回が初めて
好きなクラブ・選手:柴崎岳選手

観戦レポート

3月22日(金)、日産スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2019 日本代表対コロンビア戦に行ってきました!我が家はみんな日本代表戦は初観戦ということで、何日も前から興奮状態でとにかく風邪をひかないように早寝早起き、手洗いうがいを心掛けて体調に気を付けるという気合の入れようでした。特にサッカー命の息子はどんなプレーが見られるか、大好きな乾選手、中島選手の活躍が見られるかとわくわくしておりスポーツニュースやSNSなどを情報をチェックして気持ちを高めていました。

日産スタジアムについてまず目についたのがadidasオフィシャルショップです。我が家は応援グッズを何も持っていなかったのでその場ですぐに購入しました。息子は大好きな乾選手と中島選手、どちらのネーム入りのユニフォームを購入するかかなり悩んでいましたが、ショップの前の見本とサイズ表と在庫を確認した結果、自分にピッタリ合うサイズのある10番の中島選手に決めました!

長女は応援グッズは気になるけどユニフォームを着るのは少し恥ずかしいとのことで日本代表タオルを購入して準備万端です。記念にみんなで写真撮影しました。

朝日新聞のブースでは試合のスコアを予想しました。息子は2-0で日本の勝利と予想し用紙に記入するとオリジナルのポンチョがもらえました!!そして母はちょうど朝日新聞の購読に切り替えるタイミングだということがわかり、非売品の日本代表パーカーをもらえる事になり息子が着られるサイズを選んでくれました。

ここまでで一旦ブースのチェックを終えて集合場所へ行き、スタジアム見学ツアーへ出発です!

まずは記者会見場へ行きました。あのテレビでよく見るセットがあり、私達はとんでもなく緊張しながらも記念撮影をしていただき、「ここに森保監督が座るのかな?」と家族で会話も弾みました。

その後はピッチへ続く階段の前で「これもよくテレビで見る階段だよね!エスコートキッズと手をつないで出てくるところだね!」と息子はきらきらした目で話しており、踏みしめるように階段を上がっていくとそこにはライトで照らされたピッチが光っていました。辺りをぐるっと一周見渡しても「うわー…、すごい…。」と感動でみんな言葉がなかなか出てきません。緊張感と高揚感と今まで味わったことのない感情に慣れるまではただただ「すごい!!」と目を丸くするばかりでした。そしてチームベンチにも座って良いとのことだったのでみんなで座ってみました。ベンチとは呼べない程ふかふかでしっかりしており、まるで高級車か上質なチェアーに座っているかと思うくらい居心地が良く、ここでも息子は「全部に座りたいんだ!」と忙しそうに全てのベンチに座っていました。ここでも記念撮影をしていただきました。

次はいよいよロッカールームへ行きました。まだ準備中との事で多くのスタッフの方が働いおりましたが、快く迎え入れてくださいました。すでにユニフォームはかけられており一人一人選手の名前と番号を確認しながら触れていきます。選手の顔を思い浮かべながら、今からこのユニフォームに着替えて日本を代表して戦うんだと思うと感動で胸がいっぱいになり私達のパワーがどうか伝わりますようにという想いを込めました。

息子は憧れの乾選手のユニフォームからなかなか離れられず、「いつか乾選手に会ってみたいと思っていたんだけどユニフォームを見られただけでもすごく嬉しいよ!」と感動を噛みしめていました。するとそれに気付いたカメラマンさんが写真を撮ってくださり、さらに喜びを爆発させていました。「こんな貴重な経験はもう二度とできない事だね。皆様に感謝だね。」と母も感動しっぱなしのスタジアム見学ツアーでした。

さて、見学ツアーで興奮したら小腹が空いてきました。何か食べるものはあるかな?と思うとすぐにホットドッグ屋さんを発見!腰を下ろして落ち着いて食べる事が出来たので小さい末っ子も安心して食事できました。

ホットドックで元気をチャージしたらまたブースを回ります。次はファミリーマートのブースを覗いてみました。

ファミリーマートではアルコールや焼き鳥なども販売していて、さっきホットドックを食べたばかりなのにその良い香りについつい我が家も焼き鳥を購入してしまいました。きちんとビニール袋に入れてくれるので持ち歩きも安心です!!小さい子供を連れていると急に走り出したり食べている途中でトイレに行ったりするので出店で買った物をビニール袋に入れてもらうというのは子連れにはとても有難い配慮です。

次のJALブースでは子供も使えるカードを作って日本代表選手のクリアファイルをゲットです。抽選にも参加できるとの事で挑戦しましたが我が家はみんな参加賞でJALのタオルを頂きました。

クレディセゾンブースでは、母がそういえばこのカード持っていなかったわ!との事で、カードを作成し日本代表のタオルを頂きました。息子は先程のユニフォームとタオルを手に入れてご機嫌でした。このクレディセゾンブースで親切なスタッフの方がデジタルスタンプラリーのやり方を説明して下さったので子供たち三人で冒険するようにQRコードを各ブースで探して歩いて参加しました。

こちらもスタンプラリーをクリアしてからアンケートに答えると抽選でウオーミングアップ見学が当たるとの事でしたが私たちが向かった時にはすでにそちらは出てしまったとの事でオリジナルクッションを狙いましたが残念ながら外れてしまい参加賞のステッカーを頂きました。

この日もらったプレゼントを並べてみました!とんでもなく豪華です!!入場時にも来場プレゼントを頂けるのでブースを回る時間がない人でもこちらは必ず頂けます。

いよいよ観戦のために少し早めにスタジアムの中へ入ります!座席はわかりやすく掲示されていたので迷うことなく席を見つけられました。カテゴリー1のバックスタンド側でしたがピッチが近くてとても見やすく、親子連れも多く居たので安心して座って観戦できました。

少しすると選手がアップに入って来たので私たちのテンションはさらに上がって、選手に手を振ったりあの選手がいるよ!とお気に入りの選手を探すのも楽しかったです。またこの時に選手のサインボールプレゼントがあり、スタンドにボールが投げ込まれるとの事で立ち上がって懸命にアピールしましたが残念ながらキャッチは出来ませんでした。

やがて始まった選手紹介に会場のボルテージはどんどん上がっていきます。入場前の演出として行ったスタジアムのライトを消して観客のスマホのライトを点灯すると会場全体が何とも言えない幻想的な雰囲気に包まれたところで選手の入場です。

私達も立ち上がって一緒に国歌斉唱し、キックオフ!!

選手と一緒に戦うつもりで応援しました!開始数分でコロンビアの選手が打ったシュートがバーに当たった時には冷やっとしましたが前半戦は日本が押していたように思います。特に中島選手、堂安選手、南野選手は素晴らしい活躍でした。普段は口数の少ない息子も興奮気味に「今のドリブル見た?」、「ボールをキープしながらよくあの場所に味方がいるのが見えたね。」、「すごいスピードだ!!」と次々に感想を話し出しました。しかし何度か見せ場はあったものの前半は得点にはなりませんでした…。

一方後半戦はコロンビアが優勢になったと感じました。コロンビアの速い攻撃に緊張する場面が多々あり、とにかく守って!!と祈るシーンが多かったです。日本も大きな声援を受けて懸命にゴールを守りましたがPKによって0-1。その後母がファンの香川選手が入り、さらにその後で乾選手、佐々木選手が交代で入りました。乾選手が準備している時に息子がこの日一番のテンションで「ママ!乾選手が準備しているよ!入るよ!!絶対勝てるよ!!まだ時間はあるから諦めたらだめだ!」と渾身の力を込めて応援しました。ちょうど後半戦は右サイドの乾選手を近くに見る事ができ、その目の前で繰り広げられるプレーに感動しました。

最終的にPKで得点された0-1のまま試合は終了しました。結果としては残念ながら負けてしまいましたが、このPKでの失点はもう仕方がなかったねと話しました。日本はシュートの数は多かったのでそこで決められたらベストだったと感じました。

スタジアムから出るとものすごい人の数でなかなか前に進めませんでしたが、心地良い疲れを感じながら周りの方もそれぞれの感想を話しながら歩いており、息子もいつの間にか後ろの会社員の方達と試合について語りながら歩いていました。この意見交換も息子にとっては楽しい時間だったようです。

こうして私達親子三世代の初めての日本代表戦観戦は刺激的な一日となりました。貴重な機会をいただいたことでますますサッカーが好きになり、さらに日本代表選手のファンになりました。これからも家族で日本代表を応援していきたいと思います。

コメント

服部智子 さん
試合の観戦だけでなく様々なブースを楽しむことができました。早めに到着したつもりでいましたが、フォトブースやPKチャレンジなど回れなかったブースもあったので次回はさらに早く行ってもっと楽しみたいと思います。また5歳の次女が一緒との事で食事やトイレの心配もありましたが、スタジアムの中にも外にもお店とトイレがありそれぞれの数も多かったので長蛇の列に並ぶということもなく安心して過ごせました。何よりもサッカーが大好きな息子が素晴らしいプレーを目の前で見れたことが嬉しかったです。そして普段は見られないスタジアムの裏側を見させて頂いたことも一生の思い出です。どこへ行ってもスタッフの方は皆さん丁寧に接して下さり感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。これからの日本代表戦もずっと応援します。

石井せつ子 さん
まだサッカーに詳しくない自分が楽しめるか心配でしたが一日楽しく過ごせました。特にロッカールームでユニフォームに触れたこと、ピッチのすぐそばまで行けたことには感動しました。試合は残念ながら負けてしまいましたが香川選手の戦う姿が見られて良かったです。これからもテレビだけでなくぜひスタジアムに足を運んで日本代表を応援したいと思います。

服部紫苑 さん
初めての日本代表戦楽しかったです。大好きな乾選手、中島選手のプレーを見て自分もいつかあんな風になりたいと思いました。あの光るピッチに立ってサッカーが出来たら良いなと思いました。まだまだ下手くそな自分は、これからも毎日頑張って練習してもっと上手くなりたいです。辛くなった時はこの日の事を思い出して頑張ろうと思います。またスタジアムでみんなで応援したいです。

服部徠美 さん
大きな声を出して応援するのは少し恥ずかしいかなと思っていましたが、たくさんの声援を聞いていたら知らないうちに一緒になって応援していました。最初は夕方になって少し寒いなと思っていましたが応援ですっかり熱くなりました。柴崎選手かっこよかったです。

服部葵 さん
デジタルスタンプラリーの抽選のクッションがもらえなくて残念だったそうです。次は日本代表選手が勝つようにもっとたくさん応援します!

<完>

SAMURAI BLUE(日本代表)対 コロンビア代表
開催日時:2019年3月22日(金) 19:20キックオフ(予定)
会場:神奈川/日産スタジアム

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー