btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、実戦形式で練習 ~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会(12/9~16)~

ニュース

SAMURAI BLUE、実戦形式で練習 ~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会(12/9~16)~

2017年12月06日

SAMURAI BLUE、実戦形式で練習 ~EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会(12/9~16)~

SAMURAI BLUE(日本代表)は12月5日(火)、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会へ向けた準備合宿2日目の練習を都内のグラウンドで行いました。

小雨も降った前夜から一転、昼前から始まった練習は陽射しの暖かさを感じる晴天に恵まれて、スタンドには300人強のファンが見学に訪れました。

約2時間の練習では、選手たちはランニングと体操などで体をほぐした後、ハーフコートで、選手の組み合わせを変えながら実戦形式の練習に時間を割きました。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、ポジション取りやスペースの空け方、パスの方向、味方へ声をかけてコミュニケーションを図ることなどの指示を選手に出しながら、良いプレーには「イエス!」、「ブラボー!」などと声をかけ、必要に応じてプレーを止めて選手たちの注意を促していました。

その後、ピッチの半分を使って守備陣と守備的MF、攻撃陣と守備的MFの組み合わせによる6対6を実施。攻撃の組み立てや守備の動きに取り組みました。ピッチのもう一方のエリアでは、アタッカーとディフェンダーで1対1の局面を作り、アタッカーは守備を交わしてシュートまで持ち込む練習を繰り返しました。

最後は、ハーフコートにGKを付けた4つのミニゴールを置いて再び10対10の実戦形式を行ない、攻撃と守備それぞれでブロックを作った動きを意識しながら、ボールタッチ数に制限を付けて連係や攻守の切り替えなどを確認しました。

なお、左脇と左足首に痛みを覚えているFW杉本健勇選手(セレッソ大阪)は、前日に引き続き別調整でした。

昨日、負傷辞退のDF西大伍選手(鹿島)に代わって急きょ合流したDF室屋成選手(FC東京)は、昨年のリオデジャネイロ・オリンピックに出場したメンバーの一人ですが、SAMURAI BLUEへの選出はこれが初めてです。

室屋選手は、「このチームの戦術を早く理解できるようにして、プレーできる機会があれば、その中で自分の良さを出せればチャンスだと思うので、自分のできることを全力でやりたい」と話しています。

来年6月に開幕するFIFAワールドカップへ準備を進めているチームですが、今大会はFIFAカレンダー期間外のため海外組は不在。国内組のみで臨みます。

約2年半ぶりの代表選出となったDF谷口彰悟選手(川崎フロンターレ)は、「どれだけチャンスをもらえるか分からないが、やれるところを見せていかないといけない。一人ひとりのアピールもそうだが、代表は勝たないといけない。まずは勝つことが大事」と語りました。

日本は12月9日(土)の大会初戦で朝鮮民主主義人民共和国と対戦し、12日(火)に中国、16日(土)に韓国と、いずれも東京の味の素スタジアムにて対戦します。

選手コメント

GK 中村航輔 選手(柏レイソル)
代表の舞台に戻れてうれしいです。リーグ戦からそこまで間が空いていないので、いつも通りのコンディションでできています。今日の練習は、いつも一緒にやっていない選手が多い中で、勝つための準備というところでできたのではないかと思います。目の前の試合に勝つというのはチームでも代表でも変わりません。そこは大切にしたいです。リーグでいつもやっている通りのプレーを出すことができればと思っています。

DF 室屋成 選手(FC東京)
代表の右サイドバックの酒井選手は大きい存在ですが、そこに自分が割って入れるように、とにかくアピールしようと思っています。運動量や戦う部分は自分のストロングポイントですし、監督も求めている部分だと思うので、自分も勝負できる部分だと思っています。右サイドの小林悠選手とは結構話をしましたし、Jリーグでも対戦しているので長所は理解しているつもりです。あとは細かい部分を詰めていければ、(右サイドで)いい関係を築けると思っています。

DF 谷口彰悟 選手(川崎フロンターレ)
みんなレベルが高くて一つ上がったところでのプレーなので、キツイところもありますけど、楽しみながらやりたいと思っています。コミュニケーションを取らないとうまく守れないですし、伝えないことには始まりません。そこは普段から意識しています。代表ではよりコミュニケーションを取って、分かってもらわないといけないと思うので、今日の練習でもそこは意識しました。今季はほとんどセンターバックでやってきて慣れているポジションなので、自分の良さを出しつつ、チームの良さに合わせていきたいと考えています。

スケジュール

12月4日(月) 17:00 トレーニング(味の素フィールド西が丘)【一般公開】
12月5日(火) 11:00 トレーニング(味の素フィールド西が丘)【一般公開】
12月6日(水) PM トレーニング【一般非公開】
12月7日(木) PM トレーニング【一般非公開】
12月8日(金) PM 公式練習【一般非公開】
EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会
12月9日(土) 19:15 第1戦 vs 朝鮮民主主義人民共和国代表
(味の素スタジアム)
12月10日(日) 11:00 トレーニング(味の素フィールド西が丘)【一般公開】
12月11日(月) PM トレーニング【一般非公開】
12月12日(火) 19:15 第2戦 vs 中国代表
(味の素スタジアム)
12月13日(水) 11:00 トレーニング(味の素フィールド西が丘)【一般公開】
12月14日(木) PM トレーニング【一般非公開】
12月15日(金) PM トレーニング【一般非公開】
12月16日(土) 19:15 第3戦 vs 韓国代表
(味の素スタジアム)

※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

JFA-TV

  • 中村航輔 選手 (柏レイソル) インタビュー

  • 谷口彰悟 選手 (川崎フロンターレ) インタビュー

  • 金崎夢生 選手 (鹿島アントラーズ) インタビュー

Instagram フォトレポート

 

Japan Football Associationさん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿 -

EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会

男女ともに、中国、日本、朝鮮民主主義人民共和国、韓国の4チーム総当りによるリーグ戦で東アジアサッカーの頂点を競います。12月8日(金)から16日(土)まで、男子は味の素スタジアム(東京)、女子は千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ/千葉)で行われます。

▼チケット好評発売中!

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP