btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、UAE戦へアルアインで始動

ニュース

SAMURAI BLUE、UAE戦へアルアインで始動

2017年03月20日

SAMURAI BLUE、UAE戦へアルアインで始動

SAMURAI BLUE(日本代表)は3月19日(日)、2018ワールドカップ最終予選第6戦のアラブ首長国連邦 (UAE) 戦を23日に控えて、試合会場のあるUAEのアルアインで練習を開始しました。

チームはこの日の早朝アブダビに到着し、アルアインへ陸路を移動。ホテルで休息を取った後、日が暮れて日中の暑さが和らいだ頃に、市内のグラウンドに集合しました。この日の練習に姿を見せたのはMF香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)、FW岡崎慎司選手(レスター・シティ)ら海外組6人を含めた12人です。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下で初選出のMF髙萩洋次郎選手(FC東京)は、週末の試合で受けた右足の打撲を考慮してホテルで別調整となりました。

気温は30度を少し超えるものの、湿度が34パーセントと低めで凌ぎやすい気候の中、選手たちはリラックスした様子でランニング。その後、ボールは使わずに体操やストレッチなどで軽く体を動かしました。

アジア最終予選は昨年11月の第5戦から約4ヶ月の中断を挟み、この第6戦で再開となります。日本は3勝1分1敗の勝点10。首位のサウジアラビアとは勝点で並びながらも得失点差で2位に付けています。今回対戦するUAEは4位ですが、日本との勝点は1差の上、前回9月に対戦した日本のホームでの最終予選初戦では1-2で敗れている相手です。

この日の練習の冒頭でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「この2試合にしっかり勝利することでワールドカップの切符がより近づく。しっかりともぎ取れるように準備をしていこう」とチームに語りかけました。

岡崎選手は、「最終予選初戦でUAEに負けてから、苦しい試合をしてきて振り出しに持ってきた。ここから同じことを繰り返すのか、それとも(成功を)手繰り寄せるのか、UAE戦は大事な一戦」と語り、気持ちを引き締めていました。

DF酒井宏樹選手(オリンピック・マルセイユ)も、「一度負けた相手なので、もう一度負けることは許されない。守備陣がしっかりと集中してやれば引き締まった試合になる。その中で攻撃陣が点を入れてくれることを期待できるようなシチュエーションに持って行きたい」と話しています。

選手たちは所属クラブでの週末のリーグ戦が終了次第、チームに合流します。この日の夜には、MF長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)もDF酒井高徳選手(ハンブルガーSV)、FW浅野拓磨選手(VfBシュツットガルト)と共に予定通りホテルに到着しました。20日(月)の練習には全員が揃う予定です。

選手コメント

FW 岡崎慎司 選手(レスター・シティ)
前回のホーム戦では自分たちが優勢に進めながら負けましたが、アウェイではそう簡単には優勢に進められないので、劣勢になっても落ち着いて試合を進めなければなりません。そういう中で戦える選手が必要で、経験が重要なポイントだと思います。若い選手もいろいろな経験をしてきているので、チームとしてうまくかみ合えるように、まとまって戦いたいです。クラブでは2~3週間前に分岐点があって、自分はこういうプレーをつづければ世界でも戦えるのではと自信になってきています。今の調子にプラス、ゴールできれば、自分のためにも日本代表の予選突破のためにもなると思っています。

DF 酒井宏樹 選手(オリンピック・マルセイユ)
試合勘に不安はないですし、みんなでしっかり調整してベストなコンディションで臨みたいです。どんな内容になっても勝点3を獲ることが一番大事なので、そこだけを求めてやっていきたいと考えています。短期決戦なので、チームでなるべく話をして不安のない状態で試合に入りたいです。90分間の中で不安になるところがあると思いますが、監督の声は届かないので、ピッチ内の選手たちだけで解決できるような力を付けて修正できればもっともっと強くなると思います。そういうところがアウェイでは求められると思います。

MF 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント)
間違いなく勝たないといけないですし、この2試合は大事です。勝つことだけをイメージして、しっかり調整してきたいです。UAEにはスペースを与えて少しでも自由にやらせると、10番などロングボールから一発もありますし、2トップも含めてフィジカルがある選手も多いので、すごく警戒しなければいけません。90分間通して戦いきった中で必ずチャンスは来ます。僕たちのリズムもあると思っているので、そのときにしっかり仕留められるようにしたいです。90分あると言い聞かせながらやっていきたいです。ここに来たメンバー全員で勝ち取ることだけを意識して、全員で準備していきたいと思っています。

GK 林彰洋 選手(FC東京)
自分たちのホームとはまた違った環境なので多少神経質になる部分はあると思いますが、良い精神面で試合に入れるように、そこだけは本当に良い準備をしていきたいです。試合が上手くいかなくても、粘っていることで相手に焦りも出てきますし、勝点3が取れるようにチームとしてやっていくだけです。そこがぶれなければチームとして良い戦いができると思っています。ゲームをコントロールするためには相手の7番、10番、11番をしっかり押さえることが大事ですし、相手の決定機に後ろやGKのところで守れるように準備したいです。

FW 宇佐美貴史 選手(アウグスブルグ)
前回のUAE戦の悔しさはもちろんあります。大事な一戦というレベルではないくらいに大事な一戦で、今後のワールドカップ予選を左右する試合だと思います。緊張感、危機感、この一戦にかける思い、プレッシャー、期待、全ての感情、全てのものがより高いレベルで押し寄せてくる覚悟でチーム全体もいるので、その中でチームとして、個人として何ができるのかを大事にして戦いたいです。ジョーカーとして期待してもらえることはありがたいですが、スタートとしての地位を狙っていくことも確かです。

スケジュール

3月19日(日) PM トレーニング
3月20日(月) PM トレーニング
3月21日(火) PM トレーニング
3月22日(水) 未定 公式会見(未定)
公式練習(Hazza Bin Zayed Stadium)※
3月23日(木) 19:30 ASIAN QUALIFIERS vs UAE代表
(Hazza Bin Zayed Stadium)
3月24日(金)  PM トレーニング
3月25日(土) PM トレーニング
3月26日(日) PM トレーニング
3月27日(月) 未定 公式会見(埼玉スタジアム2002)
公式練習(埼玉スタジアム2002)※
3月28日(火) 19:35  ASIAN QUALIFIERS vs タイ代表
(埼玉スタジアム2002)

※印は冒頭15分のみメディア公開となります。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アジア最終予選(Road to Russia)

2017年3月23日(木) 現地時間19:30(日本時間24:30)キックオフ(予定) 
Hazza Bin Zayed Stadium
アラブ首長国連邦(UAE)代表 vs SAMURAI BLUE(日本代表)
大会情報はこちら

2017年3月28日(火)19:35 キックオフ(予定)
埼玉スタジアム2○○2
SAMURAI BLUE(日本代表) vs タイ代表
大会情報はこちら

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP