JFA.jp

JFA.jp

EN

選手情報

他の選手をみる

170センチに満たない小さな身体ながら、基本技術が高く、戦術眼にも優れ、卓越したパスワークで攻撃を操るセントラルMFの俊英。静岡学園高から2011年に川崎Fに加入。ルーキーイヤーから9試合にピッチに立ち、4年目となる2014年にレギュラーに定着。風間八宏監督の下でそのパスセンスに磨きをかけ、偉大なる先輩、中村憲剛選手のプレーを吸収しながら、着実に成長を遂げていった。
2016年から背番号10を背負うと、攻撃のみならず、課題の守備力も向上させ、攻守両面でスケールアップを実現。2017年のリーグ制覇に大きく貢献した。
2016年のリオデジャネイロオリンピックも出場し、その活躍が認められ同年9月のアジア最終予選で、いきなりスタメンとして代表デビュー。その後の招集は限られ、久しぶりにメンバー入りした昨年末のE-1選手権の中国戦では、スタメン出場も前半のうちに負傷交代。さらに今年3月の欧州遠征のマリ戦でも再び怪我でピッチを後にし、クラブでの活躍とは対照的に日本代表では輝きを放てないでいた。
それでも、群を抜くパスセンスが西野監督にも高く評価され、ロシア行きの切符を掴んだ。5月のガーナ戦ではフル出場を果たすなど、指揮官からの信頼の高さを窺わせている。

  • OFFICIAL PARTNER
  • KIRIN
  • OFFICIAL SUPPLIER
  • adidas
  • SUPPORTING COMPANYSUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞 SAISON CARD 大東建託 Family Mart JAPAN AIRLINES au Mizuho MS&AD

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー