JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > SAMURAI BLUE > 選手情報 > 東口 順昭  

選手情報

他の選手をみる

32歳にして初のワールドカップに臨む遅咲きのGKだ。
新潟経営大から2009年にアルビレックス新潟に加入。2年目の2010年からレギュラーの座をモノにしたものの、翌年に右ひざ前十字靭帯損傷の大怪我に見舞われ、ポジションを失った。懸命のリハビリを経て2012年に復帰も、再び右ひざ前十字靭帯を断裂し、長期離脱を強いられた。二度に渡る大怪我を乗り越え2013年に復活を遂げると、2014年にはジュニアユース時代に在籍していたガンバ大阪に移籍。安定したセービングを武器にガンバ大阪の堅守を支え、同年の三冠獲得に貢献した。
2015年8月の中国戦で代表デビューを果たすと、以降はコンスタントにメンバー入り。キャップ数は4と出番は限られているが、貴重なバックアッパーとして有事に備えている。
4月に行われたJ1リーグのセレッソ大阪戦で顔面骨折の重傷を負ったが、わずか3週間で戦線復帰を果たし、厳しいと見られていたロシア行きの切符をつかみ取った。

  • OFFICIAL PARTNER
  • KIRIN
  • OFFICIAL SUPPLIER
  • adidas
  • SUPPORTING COMPANYSUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞 SAISON CARD 大東建託 Family Mart JAPAN AIRLINES au Mizuho MS&AD

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー